無職なのに不動産担保ローンが通った人は居るの?

JUGEMテーマ:借金返済

 

無職になってしまうと、「もうこの土地と家を担保にしてお金を借りないと、やっていけない」とまで思いつめることがあります。

 

ただ、今の不動産担保ローンは、もうちょっと気軽に借りられるイメージがありますが、どうなんでしょうか?

 

確かに、不動産担保ローンを組んでも借りたお金を返せないと取られてしまう、というリスクがあるのですが、「現在無職である」という方にとっては、お金を借りるための最後の砦なのです。

 

では、実際に無職なのに審査に通った人は居るのでしょうか?

 

ネットで検索すると、皆無というわけではないのですが、「無職ではほぼ通らない」というのが、一般的な意見です。

 

銀行や消費者金融などの金融機関も、不動産を買取るのが仕事ではなく、お金を貸すわけですから、返済できるという確証が無いと、いくら資産価値が高いものを持っていても、「貸したくない」のが本音でしょう。

 

家探しをする大家さん-債務整理体験談

 

ただし、無職でもあちこちに不動産を取得していて、土地の賃料やアパートやマンションなどの家賃が毎月振り込まれている、なんていう場合は例外となります。

 

まあ、「大家さん」となれば、無職ではなくなりますけどね。

 

それに、家賃収入がたくさん入っていれば、そもそもお金を借りることも無いでしょうし。

 

スポンサーリンク

 

 

ある消費者金融の不動産担保ローンを担当されている方の話では、「大事な不動産を担保にしてまでお金を借りたい、という方はよっぽど資金繰りに困っている人とみなされます。」ということ。

 

そうなると、普通のローンやキャッシングよりも慎重に審査を重ねるのは当然のことですし、実際に法務局にまで足を運んで、抵当権が付いてないか、調べることまですることもあるとか。

 

お客様にお金の使用目的を聞くことは無いのだそうですが、貸す側としても大金を用意するというリスクがあるので、「現在借りている借金をまとめたい」とか「新規に事業を展開したい」などの目的がはっきりしている方が貸しやすい、という意見も。

 

とは言え、金融業者にしてみても、無担保ローンで貸し倒れになるよりも担保がある方が有利なのは間違いないことなので、資産価値の高い物件になればなるほど、契約を結ぶ確率は高くなる、というのもわかります。

 

特に、「相続で手に入れた不動産を担保にしてお金を借りたい」なんていう人は、どれくらいの価値があるのかさえわかっていないことも多いので、あまり良くない業者に当たると、足元を見られて安く評価されるなんていうこともあるとか。

 

そうじゃなくても、貸す側と借りる側では、どうしても貸す側が有利になる金融商品ではあるので、契約の際には、「どうしても不動産を担保にする必要があるのか?」をもう一度考えてみる必要があります。

 

そして、「最悪の場合は、取られても仕方がない」と結論が出たのなら、任意売却などで売ってしまう方が良いかもしれません。

 

今住んでいる土地や家が、突然他人名義になってしまう」なんていう状況を想像すれば、最初からやり直すつもりで、家も土地も手放して売却したお金を事業資金にするなり、生活資金にした方が、前に進みやすいこともあるのですから。

 

要するに、いくら担保があったとしても、「返せる可能性が低いのなら、また一か八かで勝負するのなら、最初から手放した方が良いのでは?」ということです。

 

追記:ちなみに、不動産担保ローンの審査では、「通常のローンの審査」と「不動産担保の価値評価の審査」の二段階に分かれていると言われています。

 

通常のローン審査の場合は、本人の属性が重要視されます。

 

だけど、不動産担保ローンの場合は担保があるため、属性に関しては、実は審査が緩やかであるという傾向があるのです。

 

要するに、「売却時にいくらで売れるのか?」という担保の価値が重要になってくる、ということ。

 

普通は、不動産担保価値の約7割が融資可能額と言われているのですが、それこそ、土地の査定評価のみならず、南向きかどうかや住みやすい間取りか、まですみずみまで審査されます。

 

後は、「融資を受けた後のお金の使い道」も審査では問題になる、と言われています。

 

「相続税を支払うため」などの具体的な理由だと有利になり、「事業拡大のため」などの将来的なリスクも伴う理由では、不利になる可能性もあるのです。

不動産担保ローンを組んでいると債務整理しずらくなる?

JUGEMテーマ:借金返済

 

ブラックでも不動産担保ローンは利用できる?」ということについては書きましたが、それでは、債務整理する前に不動産担保ローンを組んでいた場合はどうなるのでしょうか?

 

多重債務で借金でがんじがらめになってしまい、「もうこれ以上お金は借りられない」となった時に、すぐに「では債務整理を検討しよう」ということにはならないと思うんです。

 

その前に何か手立てはないか?

 

そこで考えるのが、「借金をまとめられないか?」ということ。

 

だけど、まとめるとなると借りる金額も大きくなりますし、保証人が必要になることもあり、なかなか審査に受からないんですよね。

 

持ち家に住んでいる人は、「この家や土地を担保にしてお金を借りられるんじゃない?」と最後の望みのように思いつきますが、資産価値が無いと借りるのは難しいものなんです。

 

不動産担保ローン-債務整理体験談

 

だけど、たまたま人気のある沿線の土地を所有していて、思った以上の条件でお金を貸してくれることになったら?

 

すぐに借りてしまうでしょう。

 

私の場合も、持ち家だったのですが、ここでつまずいてしまいお金が借りられなかったので、あの時審査に通っていたら、間違いなく不動産担保ローンでお金を借りていたと思うんです。

 

今思うと、その時に借りられていたとしても、債務整理はしていただろうなという確信がありますし、「あれ以上借金を増やさないで良かった」という気持ちは大きいです。

 

まあ、人によっては、不動産担保ローンである程度まとまったお金が借りられたお陰で、借金を全額返済することができた、というケースもありますから、一概には言えませんが・・・

 

で、この不動産担保ローンを借りている方が、「やっぱりダメだ。借金返済が不能になったから債務整理をしよう」となった時、ちょっと困ったことになるんですね。

 

特に任意整理をする場合、それぞれの債権者と話し合って、借入金額を少なくしてもらったり利息を引き直してもらったりするわけなのですが・・・

 

スポンサーリンク

 

 

不動産担保ローンの場合、債権者は支払不能になれば家や土地は取り上げられる権利を持っているわけですから、競売にかけて現金にしてしまえばその分は独り占めできるものなので、任意整理の話し合いに同意する可能性は極めて低くなるということ。

 

せっかく自己破産を避けて任意整理にしたのに、家は取られるは、話し合いには同意してくれないは、ではどうしようもないですから。

 

となると、任意整理をする場合は、不動産担保ローンだけを除外し、そのまま支払いを続け、その他の借金だけを整理するという方法を取ることが多くなります。

 

あるいは、もう腹をくくって「自己破産」してしまうか?ですね。

 

自己破産する場合は、結局家は競売にかけられるか任意売却で手放すことになるので、失うことには変わりない、という考え方です。

 

※自己破産しても、任意売却で先に家を売ることは可能で、最近では、個人の場合、競売よりも任意売却を選択する人の方が多いくらいです。

 

このように、債務整理を回避するために借りたつもりの不動産担保ローンが、結局は足かせになることも考えられるので、おまとめローンもそうですが、「多額の借金をする」デメリットについても、借りる前にしっかりと考える必要があります。

 

「もうどこからもお金が借りられない」という時には、とても魅力的に映る不動産担保ローンですが、「支払いができなくなったら?」ということを念頭に入れておくべきですね。

無職でも借金があっても自宅を担保にすればお金は借りられる?

JUGEMテーマ:借金返済

 

10月の声を聞くと、「もう今年もあと3ヶ月も無いのか?」と年末を意識してしまいます。 お金の居る時期でもありますから、頭が痛い方も多いですよね。

ましてやブラックや無職だったりすると、お金を借りることが困難になります。

おまとめローンのところでも触れましたが、無担保ローンでお金が借りられなくなったら「不動産担保ローン」という方法もあります。

ただ、不動産という、今まで汗水たらして築き上げた財産をフイにしてしまう危険性もあることを充分に考えるべきです。

よく、「ブラックになっても、たとえ無職でも担保となる不動産があれば借りられます」なんてことを聞きますが、本当にそうでしょうか?

確かに、持っている不動産の価値が高ければ「自己破産して間もないのにお金が借りられた」なんていう方もいらっしゃるようです。

それでも、その方に「今後お金を貸しても返してもらえる」という信用が無ければ貸さないでしょう。

例えば、自己破産や他の債務整理をしていても、もともとの収入が高い人や安定した収入が得られる人。

「そんな人が自己破産することはないよ」と思われるかもしれませんが、何も生活費が足りなくて借金する人ばかりではないのです。

スポンサーリンク

 


投資やギャンブルで一度に大金を失ってしまう人も多いです。

また、予期せぬ出来事に巻き込まれたり、という。

結局は、ここでも属性が重要になってくるんですよね。

 

要するに、職業や年収、勤続年数やクレジットカードとかローン履歴などが問題になると言うこと。

無職では審査に通る可能性は、非常に薄いでしょう。

いくら「支払いが滞ってしまったら、不動産を取り上げられる」とは言っても、「車乗ったまま融資」のように、即車を取り上げてしまうということとは違うのです。

だから、「もうどこからもお金を貸してもらえないから、仕方なく不動産担保ローンを借りよう」という考え方では、融資してもらうことは難しいと思います。

あちこちの消費者金融から借入をしていて、利息もそれなりに支払っているという方が、「ひとつにまとめられないだろうか?」ということで選ぶのならアリかもしれません。

「おまとめローン」は金利が安くなったり、支払日が1回になるので資金繰りがしやすいなどのメリットがありますが、審査が厳しくなりますよね。

そこで、ある程度価値のある資産をお待ちなら、不動産担保ローンにすれば審査に通りやすくなることも多いのです。



結局、「きちんと返せるあてがある」ということが前提ですから、「最悪不動産を取り上げられるだけで済む」なんて思っているとしたら大間違い。

不動産を取り上げられる=住むところが無くなるわけですから。

自分一人のことならば自業自得で済むかもしれませんが、巻き込まれるご家族のことを思うと、そんなに軽はずみなことはできませんよね。

他のローンやキャッシングの契約以上に真剣に考えて行動すべきでしょう。