スポンサーリンク
Home >> クレジットカードの審査 >> デビットカードなのに審査があるのはイオンだけ?
Page: 1/7   >>

デビットカードなのに審査があるのはイオンだけ?

JUGEMテーマ:クレジットカード

 

ご存知のように、デビットカードは信用情報を参照しないので、唯一ブラックでも使えるカードとして知られています。

 

もともとは、「クレジットカード審査に受からない人用」というわけでもなく、「銀行口座にある預金の範囲内で利用できるカード」とか「お財布代わりに使えるカード」ということで登場したようなのです。

 

確かに、大手銀行が「ブラックの方でも申し込めますよ」なんて言わないですから。

 

結果的に、審査がないということで、私達も「使わせてもらっている」というのが本当のところ。

 

だから、「普段使うのはデビットカードで、値段が高い物を買う時には、リボ払いができるのでクレジットカードを利用している。」と使い分けている方もいらっしゃいます。

 

ネットショッピング-債務整理体験談

 

それと、昨今のネットでの個人情報流出問題を考えると、「ネットショッピングでは、デビットカードしか使わない」という方が増えているのも当然のこと。

 

不正利用はデビットカードでもありますが、銀行口座に常に使う分だけしか預けていなければ、被害は最小限で済みます。

 

これが、クレジットカードだと、100万円のショッピング枠が付いていたら、目一杯買い物された日にはどうしたらいいのやら・・・となってしまいます。

 

まあ、実際にはデビットカードでもVISAやJCBが保証してくれるし、クレジットカードならなおさら保証はされるのでしょうが、金額が大きいとショックも大きいですから。

 

それと、普段あまり使っていないクレジットカードだと、気づくのが遅くなって、気がついた時には大事に、と考えると怖いですよね。

 

と、話がそれてしまいましたが、私達ブラックでも便利に使えるデビットカード、最近は「審査に落ちた」という話もちららと聞こえてくるようになりました。

 

以前も記事に書いた「イオンデビットカード」の審査に落ちた、というのです。

 

スポンサーリンク

 

 

このカードは、他のカードと違い「銀行口座の残高不足であっても、10万円までは立て替えますよ。」というサービスが付帯しているので、審査時に信用調査もあるということなんです。

 

バックアップサービス」と呼ばれるシステムなのですが、例えば、5万円の商品を購入しようとして、デビットカード決済にしたのに、口座に2万円しか入ってなかった場合、商品金額の5万円分立替えてくれる、ということ。

 

この場合、口座残高2万円を引き落として、残り3万円分を補充してくれる、ということではなく、あくまでも「何らかの事情で即時引き落としができなかった場合、商品金額を立て替える」サービスなんですね。

 

確かに、口座にまだお金があったと思ったのに、数百円足りないという理由で、残高不足で買えないなんていうことがありますから。

 

だけど、「信用調査」と聞くと、債務整理をした人にとっては、ビクッとしてしまいますね。

 

そう。クレジットカードと同じく個人信用情報を参照するのは明らかなので、ブラックではまず審査に通らないでしょう。

 

「さすがにクレジットカードの審査よりは緩やか」なんていう噂も聞きますが、審査についてはどこの会社も公にはしていないのでわかりません。

 

では、他のデビットカードはどうだろう?と調べたら、どこもほぼ「無審査」ということにはなっています。

 

ただし、銀行口座を開く時に審査というか条件がある銀行もあるので、デビットカードを作る以前に口座が開けない、というケースはあるようです。

 

特に「お申込み内容によっては、デビットカードではなくキャッシュカードのみの発行になることもあります。」と申込書に書かれている場合は、なにかしらの条件があると思ったほうが良いでしょう。


スポンサーリンク

lalaco257 | - | - | pookmark | category:クレジットカードの審査
Home >> クレジットカードの審査 >> 審査の甘いクレジットカードなんて存在しない?

審査の甘いクレジットカードなんて存在しない?

JUGEMテーマ:クレジットカード

 

多重債務になると、基本「審査の甘いクレジットカード」しか申し込みをしません。

 

だけど、本当にそんなものが存在するのでしょうか?

 

一般的には、クレジットカードというよりもキャッシングカードについては、消費者金融で発行しているものが一番審査が緩いと言われています。

 

ただ、総量規制以降、収入の1/3を越えて借り入れしている人も多く、新たな借り入れが急にできなくなって債務整理をする人も増えました。

 

当然、利率の高いグレーゾーン金利で貸していた消費者金融は、「過払い請求」が殺到して経営難になるところも出ましたよね。

 

そうなると、今は「何が何でも貸したい」というよりも、「確実に返せる人に貸したい」というように様変わりしてきているように思います。

 

それでも、消費者金融の広告とかを見る限りでは、そう変わってないのかな?とも思いますが・・・

 

テレビCM-債務整理体験談

 

グレーゾーンが廃止になった今、金利の上からは、大手のクレジットカード会社とそう変わらなくなってきましたから、意外と「借りやすくなった」と感じている方も居るでしょう。

 

そうなると、以前のように、大手の銀行系クレジットカードを作れない人をターゲットにする=審査も緩くなる、ということも考えられますね。

 

そもそも「審査が甘い」会社が存在するのか?ということにもなりますが、そこは、ネットでの口コミ情報などを頼るしかないでしょう。

 

ただ、口コミでネット検索すると、中小の消費者金融の情報に行き着くことが多いです。

 

中には、地域限定で営業しているところもあり、信用できるところも結構あるのですが、総じて金利が高いのです。

 

スポンサーリンク

 

 

しかも、名前が知られていないということで、「この会社が信用できるかどうか?」を調べるのが困難なことも多く、中にはソフト闇金まがいの金融業者が混じっていることも。

 

ネットでの情報には、最新の注意を払う必要がありますね。

 

比較的低収入で、サラリーマンとかではなくアルバイトとか自営でも貸してくれるところ、となると大手では難しくなるのですが、それでも、全く無いわけではありません。

 

専業主婦でも発行してくれると言われるショッピング系というか流通系クレジットカードもありますし、コンビニやスーパー、家電量販店、ホームセンター、デパートなどで発行しているクレジットカードならば、比較的柔軟な対応をしてくれることも。

 

特に現在キャンペーンを行っているクレジットカード会社は、狙い目かもしれませんよ。

 

多重債務でも取得できるかどうかとなると、やはり他社の借り入れ件数にも依るでしょう。

 

いくら審査が緩いと言われているところでも、すでに3社以上から借り入れしていると難しいみたいですけど。

 

どこのクレジットカード会社でも、「この層に特に使って欲しい」という希望があると思うので、いつも利用しているようなお店が発行しているカードに申し込む、というのもひとつの方法ですね。


スポンサーリンク

lalaco257 | - | - | pookmark | category:クレジットカードの審査
Home >> クレジットカードの審査 >> 破産した60代でもクレジットカードは作れる?大人の休日倶楽部ジパングカードは?

破産した60代でもクレジットカードは作れる?大人の休日倶楽部ジパングカードは?

JUGEMテーマ:借金返済


債務整理後のクレジットカード作りは難しくなるということは何度も書いているのですが、この間「元ブラックで60代ともなると、ほとんどクレジットカードは作れないよね」という話になりました。

なんでも、その方の親御さんが50代で自己破産され、ようやく免責から7年が経って個人信用情報から事故情報が消えたそうなのですが、すでに60代でこれからクレジットカードを取得するのは無理なのでは?と。

考えてみたら、私もそう遠い話ではないので、いろいろ調べてみました。

そもそも、ブラックじゃなくても、60歳以上になるとクレジットカードは作りにくいと言われています。

60代以上のクレジットカード取得

特に、最近はアンダー29歳が優遇されているということで、20代なら、今は所得が低くてもこれから長く使ってもらえる、という理由からか、審査に関しても比較的緩いのではないか?と言われるほどです。

実際の審査基準は、各クレジットカード会社でかなり違ってきますので、なんとも言えませんが、噂によると、ある都市銀行では、アルバイトだったとしても定収入さえあれば、25歳以下のクレジットカード発行率は高いということ。

高齢者社会なのに、色んな意味で高齢者は締め出されているのか?なんて思ってしまいます。

ただ、捨てる神あれば拾う神ありで、シルバー限定割引カードのようなものを発行しているところでは、60歳以上で、たとえ年金収入だけだとしても審査に受かる可能性は高いのです。

例えば、イオンカードとかセディナOMCなどは、門戸を広げていると言われています。

だからと言って、審査に受かりやすいかどうかはまた別問題ですが、少なくとも年齢だけではじかれるということは少ないでしょう。

言ってみれば、「これから何年利用してもらえるか?」という「顧客生涯価値」を重視するか、「どれだけ頻繁に利用してもらえるか?」を一番に考えるか?の違いだと思います。

スポンサードリンク

 


中には、ビューカードが発行している「大人の休日倶楽部ジパングカード」のような、65歳以上限定のクレジットカードもあります。

新幹線などの長距離チケットが最大30%も割引になるという利点がありますから、「退職後は旅行を楽しみたい」という方にとってはお得なカードと言えるでしょう。

年会費が4,285円、夫婦で会員になると7,320円ということですから、クレジットカードの年会費としてはお高いですが、年に何度か利用すれば、十分元は取れますね。

年をとっても、お金に余裕のある方、富裕層の方をターゲットにしたクレジットカードは、これからも登場するのかな?と思います。

だけど、先ほど書いた「自己破産を経験した60代以上」になると、やはり極端に取得が難しくなるというのが現状でしょう。

人数的には圧倒的に年金だけで年収200万円以下くらいの方々が多いかと思うので、高齢者向けのカードであれば、そういった方々が使いやすい方が良いのでは?と個人的には思いますが。

年会費はそこそこ高くても良いから、もう少しお年寄りにも使いやすいクレジットカードが登場してくれれば良いですね。

 


スポンサーリンク

lalaco257 | - | - | pookmark | category:クレジットカードの審査