スポンサーリンク
Home >> クレジットカードの審査 >> カードローンの審査はクレジットカードより緩い?審査通過率は?
Page: 1/7   >>

カードローンの審査はクレジットカードより緩い?審査通過率は?

JUGEMテーマ:借金地獄

 

クレジットカードとカードローンは違うの?

どちらの審査が緩いの?

ということですが、クレジットカードとカードローンの違いは、そのカードで品物を購入できるかどうか?という点にあります。

それと、クレジットカードのキャッシング枠は、リボルディング払いにすれば分割できますが、もともとは一括返済が原則で利息もカードローンに比べたら高いです。

ただ、カード一枚でお金を借りることができるので便利ですよね。

クレジットカードにもカードローンをあとから付けることが可能な場合もあるのですが、再審査が必要になり、カードも別のものが送られてくることになります。

ですから、クレジットカードとカードローンではどちらの審査が緩いのか?と考えれば、クレジットカードの審査の方が緩いとも言えるでしょう。

とは言え、世間的には「カードローンの審査の方が緩い」という意見も多く聞かれます。

どっちなの?



となってしまいますよね。

実は、今積極的にカードローンの宣伝を行っているのが、消費者金融系であることから、銀行系や信販系クレジットカードの審査に落ちた方でもカードローンの審査には受かる、というケースが増えているからなんです。

具体的には、アコムのカードローンは、金利が4.7%〜18.0%で、融資限度額が500万円、審査も原則即日ということになっています。

クレジットカードのキャッシング枠だと、一番敷居の高いプラチナ会員であっても、300万円のキャッシング枠が限度であろうと言われているので、限度額だけでも魅力があるのは確か。

その上審査が緩いのなら、と飛びついてしまいそうになりますが、上限の500万円まで行かなくても、100万円以上の融資となれば、審査もかなり厳しくなるでしょう。

スポンサードリンク

 


結局、大手信販会社や銀行の審査に受からない場合は、カードローンでも小額の融資しか望めないということ。

100万円以上の融資は不可能ということではないですが、そういうことでしょう。

救いは、信販会社と消費者金融では、参照する信用情報機関や審査基準が違うというところでしょうか。

と言っても、審査基準は会社によってさまざまですから、一概には言えません。

例えば、私のような一度ブラックになってしまったような場合は、消費者金融系と言えどもカードローンの利用は難しいのでは?と思います。

少額融資でもかまわない、ということであれば、アコムやアイフルの例で言えば、審査通過率が50%近いという数字も出ていますので、可能性は高いと言えるでしょう。

キャッシング目的でクレジットカードを持つのなら、カードローンに申し込んだほうが無駄が無いという考え方もありますね。
 

いずれにしても、どちらの審査が緩いのか?より、どういう目的で利用するのか?で決めた方が良いでしょう。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:クレジットカードの審査
Home >> クレジットカードの審査 >> 弁護士はキャッシング審査に通りにくい?

弁護士はキャッシング審査に通りにくい?

JUGEMテーマ:借金返済

 

キャッシング審査に通らない人にとって、「社会地位がある方は羨ましいなー」と思うでしょう。

 

私も、多重債務になってどこの審査にも通らなくなった時に、「自営だからダメなんだろうな。公務員とか上場企業の社員なら、まだお金は貸してもらえるはず」と何度思ったことか。

 

まあ、結局は、他社借り入れ件数が多すぎたのが、審査に落ちた主な原因だったんですけどね。

 

それでも、「個人事業主」とか「自営業」と書くと、それだけで審査には不利な気もします。

 

実際、クレジットカードの審査では、「職業」も重要な審査基準のひとつになりますから。

 

ただ、キャッシングの審査では、必ずしも収入や社会的地位を重視することは無いようです。

 

「無い」と言えば語弊がありますが、要するに「何度も繰り返し利用してもらえて、しっかりと返済してくれる人」を求めているわけです。

 

となると、社会的地位がある人が、何度も繰り返し利用するかな?というのはいささか疑問に思いますよね。

 

もっと言えば、そういった方はお給料にも恵まれているだろうし、金銭的な余裕もあるのに、サラ金などのキャッシングを利用することは無いのではないか?と。

 

それでも、人にはいろいろな事情がありますから、「絶対に無い」とは言い切れません。

 

スマホでキャッシング-債務整理体験談

 

例えば、ギャンブルに走って大金を失ってしまい、家族や勤務先にバレないように、スマホで簡単にお金が借りられる金融業者を選ぶ、ということは考えられます。

 

在宅確認が無い、とかスマホだけで申し込みが完結する、という金融業者も多いですから。

 

中小の消費者金融などでは、アルバイトやパートの方でも審査に受かる確率が高いので、高収入で社会的地位もある人が審査に落ちるわけはない、と思いがちですが・・・

 

噂によると、弁護士さんなどは、審査に落とされることもあるとか。

 

「え〜〜?なんで?」と思いますよね。

 

よっぽど閑古鳥が鳴いているような儲からない法律事務所を経営していて、月々の収入も大したことない、なんていう場合には、審査に落ちることも考えられるのですが。

 

スポンサーリンク

 

 

そうではなくて、かなり高収入な方でも、実際に審査落ちしているということ。

 

はっきりとした事情はわかりませんが、多分、「法律に詳しい弁護士が何のためにうちからお金を借りるのか?」とけんせいされるのでは?と言われています。

 

憶測ですけど、例えば、ちょっとグレーな噂のある金融業者に、自らお金を借りてみて探るとか?

 

まあ、警察じゃないんだから、そんなことはあり得ないですけど。

 

とにかく、何か突っ込まれたら?という心配があるのでしょうね。

 

「君子危うきに近寄らず」ということなのかもしれません。

 

と言っても、キャッシングやクレジットカードの審査は、各社で規定が違うし秘密裏に行われるので、すべて憶測でしか無いのですが・・・

 

実際、弁護士さんと言えども、個人信用情報に残るような滞納があったかもしれないですし。

 

何が言いたいのかと言えば、「社会的地位のある人でもキャッシング審査に落ちることがある」と思えば、軒並み審査に落とされている状況でも、少しは落ち込み度が少なくなるのでは?ということ。

 

審査に落ちるのは何も低収入が原因だけではないんだ、と思い込むことで気が楽になれば、また前に動き出せますから。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:クレジットカードの審査
Home >> クレジットカードの審査 >> デビットカードなのに審査があるのはイオンだけ?

デビットカードなのに審査があるのはイオンだけ?

JUGEMテーマ:クレジットカード

 

ご存知のように、デビットカードは信用情報を参照しないので、唯一ブラックでも使えるカードとして知られています。

 

もともとは、「クレジットカード審査に受からない人用」というわけでもなく、「銀行口座にある預金の範囲内で利用できるカード」とか「お財布代わりに使えるカード」ということで登場したようなのです。

 

確かに、大手銀行が「ブラックの方でも申し込めますよ」なんて言わないですから。

 

結果的に、審査がないということで、私達も「使わせてもらっている」というのが本当のところ。

 

だから、「普段使うのはデビットカードで、値段が高い物を買う時には、リボ払いができるのでクレジットカードを利用している。」と使い分けている方もいらっしゃいます。

 

ネットショッピング-債務整理体験談

 

それと、昨今のネットでの個人情報流出問題を考えると、「ネットショッピングでは、デビットカードしか使わない」という方が増えているのも当然のこと。

 

不正利用はデビットカードでもありますが、銀行口座に常に使う分だけしか預けていなければ、被害は最小限で済みます。

 

これが、クレジットカードだと、100万円のショッピング枠が付いていたら、目一杯買い物された日にはどうしたらいいのやら・・・となってしまいます。

 

まあ、実際にはデビットカードでもVISAやJCBが保証してくれるし、クレジットカードならなおさら保証はされるのでしょうが、金額が大きいとショックも大きいですから。

 

それと、普段あまり使っていないクレジットカードだと、気づくのが遅くなって、気がついた時には大事に、と考えると怖いですよね。

 

と、話がそれてしまいましたが、私達ブラックでも便利に使えるデビットカード、最近は「審査に落ちた」という話もちららと聞こえてくるようになりました。

 

以前も記事に書いた「イオンデビットカード」の審査に落ちた、というのです。

 

スポンサーリンク

 

 

このカードは、他のカードと違い「銀行口座の残高不足であっても、10万円までは立て替えますよ。」というサービスが付帯しているので、審査時に信用調査もあるということなんです。

 

バックアップサービス」と呼ばれるシステムなのですが、例えば、5万円の商品を購入しようとして、デビットカード決済にしたのに、口座に2万円しか入ってなかった場合、商品金額の5万円分立替えてくれる、ということ。

 

この場合、口座残高2万円を引き落として、残り3万円分を補充してくれる、ということではなく、あくまでも「何らかの事情で即時引き落としができなかった場合、商品金額を立て替える」サービスなんですね。

 

確かに、口座にまだお金があったと思ったのに、数百円足りないという理由で、残高不足で買えないなんていうことがありますから。

 

だけど、「信用調査」と聞くと、債務整理をした人にとっては、ビクッとしてしまいますね。

 

そう。クレジットカードと同じく個人信用情報を参照するのは明らかなので、ブラックではまず審査に通らないでしょう。

 

「さすがにクレジットカードの審査よりは緩やか」なんていう噂も聞きますが、審査についてはどこの会社も公にはしていないのでわかりません。

 

では、他のデビットカードはどうだろう?と調べたら、どこもほぼ「無審査」ということにはなっています。

 

ただし、銀行口座を開く時に審査というか条件がある銀行もあるので、デビットカードを作る以前に口座が開けない、というケースはあるようです。

 

特に「お申込み内容によっては、デビットカードではなくキャッシュカードのみの発行になることもあります。」と申込書に書かれている場合は、なにかしらの条件があると思ったほうが良いでしょう。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:クレジットカードの審査