デビットなのに審査があるのはイオンデビットカードだけ?

JUGEMテーマ:クレジットカード

 

ご存知のように、デビットカードは信用情報を参照しないので、唯一ブラックでも使えるカードとして知られています。

 

もともとは、「クレジットカード審査に受からない人用」というわけでもなく、「銀行口座にある預金の範囲内で利用できるカード」とか「お財布代わりに使えるカード」ということで登場したようなのです。

 

確かに、大手銀行が「ブラックの方でも申し込めますよ」なんて言わないですから。

 

結果的に、審査がないということで、私達も「使わせてもらっている」というのが本当のところ。

 

だから、「普段使うのはデビットカードで、値段が高い物を買う時には、リボ払いができるのでクレジットカードを利用している。」と使い分けている方もいらっしゃいます。

 

ネットショッピング-債務整理体験談

 

それと、昨今のネットでの個人情報流出問題を考えると、「ネットショッピングでは、デビットカードしか使わない」という方が増えているのも当然のこと。

 

不正利用はデビットカードでもありますが、銀行口座に常に使う分だけしか預けていなければ、被害は最小限で済みます。

 

これが、クレジットカードだと、100万円のショッピング枠が付いていたら、目一杯買い物された日にはどうしたらいいのやら・・・となってしまいます。

 

まあ、実際にはデビットカードでもVISAやJCBが保証してくれるし、クレジットカードならなおさら保証はされるのでしょうが、金額が大きいとショックも大きいですから。

 

それと、普段あまり使っていないクレジットカードだと、気づくのが遅くなって、気がついた時には大事に、と考えると怖いですよね。

 

と、話がそれてしまいましたが、私達ブラックでも便利に使えるデビットカード、最近は「審査に落ちた」という話もちららと聞こえてくるようになりました。

 

以前も記事に書いた「イオンデビットカード」の審査に落ちた、というのです。

 

スポンサーリンク

 

 

このカードは、他のカードと違い「銀行口座の残高不足であっても、10万円までは立て替えますよ。」というサービスが付帯しているので、審査時に信用調査もあるということなんです。

 

バックアップサービス」と呼ばれるシステムなのですが、例えば、5万円の商品を購入しようとして、デビットカード決済にしたのに、口座に2万円しか入ってなかった場合、商品金額の5万円分立替えてくれる、ということ。

 

この場合、口座残高2万円を引き落として、残り3万円分を補充してくれる、ということではなく、あくまでも「何らかの事情で即時引き落としができなかった場合、商品金額を立て替える」サービスなんですね。

 

確かに、口座にまだお金があったと思ったのに、数百円足りないという理由で、残高不足で買えないなんていうことがありますから。

 

だけど、「信用調査」と聞くと、債務整理をした人にとっては、ビクッとしてしまいますね。

 

そう。クレジットカードと同じく個人信用情報を参照するのは明らかなので、ブラックではまず審査に通らないでしょう。

 

「さすがにクレジットカードの審査よりは緩やか」なんていう噂も聞きますが、審査についてはどこの会社も公にはしていないのでわかりません。

 

では、他のデビットカードはどうだろう?と調べたら、どこもほぼ「無審査」ということにはなっています。

 

ただし、銀行口座を開く時に審査というか条件がある銀行もあるので、デビットカードを作る以前に口座が開けない、というケースはあるようです。

 

特に「お申込み内容によっては、デビットカードではなくキャッシュカードのみの発行になることもあります。」と申込書に書かれている場合は、なにかしらの条件があると思ったほうが良いでしょう。

 

追記:ちなみに、ネットでの情報ですが、デビットカードの中では、スルガ銀行デビットカードが厳しいと言われています。

 

実際に、申込み時の注意事項として「当社の総合的な判断により、口座開設やカード入会については、ご希望にそえない場合がございます。」と書かれているので、なんらかの審査は行われる模様です。

 

とは言え、スルガ銀行に口座をすでに持っていれば、デビットカードの取得はブラックでも可能だと思いますけど。

 

逆に、大手都市銀行が発行している三菱UFJ-VISAデビットの方が、カードを取得しやすいということ。

 

いずれにしても、デビットカードで個人信用情報を参照することは無いと思うので、そんなに戦々恐々として身構えることは無いでしょう。

キャッシングの仮審査で受かっても本審査で落ちる理由は?

JUGEMテーマ:借金地獄

 

キャッシングの仮審査って、消費者金融のサイトにあれば、一度は入力してみますよね。

 

どうしても「受かるか受からないか?」は心配なので。

 

多重債務時代だと、仮審査で借入件数の入力欄があっても、2件程度などと、どうしても少なく申告してしまうんですよ。

 

だって、最初から断られてしまったら、心が折れますから。

 

それでも、「お客様は20万円のお借入が可能と思われます。本審査にお進みください。」なんて結果が出ると、小躍りして喜んでました。

 

キャッシングの仮審査に受かって喜んでいる

 

だけど、当然、本審査では嘘の申告はできませんから、「他社借入件数5件」などと入力しただけで、「もう落ちたな」と思うわけです。

 

結果、「申し訳ありません。今回はご融資できかねます。」なんてメールの返信が来て落ち込む、という繰り返しでした。

 

この仮審査ですが、「生年月日、年収と現在の借入金額を記入する」というのが一般的ですよね。

 

まあ、考えてみたら、これだけの簡単な審査で、お金を貸しても良いかどうか?を判断できるわけも無く、簡易的な審査によってあなたがキャッシングを利用できるかどうか?についてざっと予測診断をする、という意味合いです。

 

ネット上の診断画面に入力して、診断ボタンをクリックすれば、そのまま診断結果が現れるものが主流ですが、中には、実際に担当者が仮審査をする金融機関もあるということ。

 

後者の場合には、入力する項目が、もう少し多くなっているので、より詳しい診断結果が得られると思います。

 

とは言え、仮審査の判断は暫定的なものなので、本審査の結果が出るまでは安心できない、ということは誰でも知っているのではないでしょうか?

 

中には仮審査で借り入れ可能と表示されたにも関わらず、本審査に通らないのはおかしいと言って文句をいう方が居るみたいですが。

 

たいていの消費者金融サイトでは、「仮審査の結果画面に本審査ではご希望に添えない可能性があります」など、断り書きがしてあるのに、しっかりと読んでいないのでしょう。

 

では、実際のキャッシングの仮審査はどうなっているのでしょうか?

 

ある消費者金融サイトの仮審査項目に入力してみました。

 

現在、年齢30歳、男性、年収200万円、現在の他社借入金額50万円で入力した結果は?

 

嬉しいことに、「ご融資可能と思われます」という結果がすぐに出ました。

 

多分、年齢と年収、その収入に見合った他社借入金額なのかどうかの確認のみ行って、診断しているのでしょう。

 

試しに、年収200万円で現在の他社借入金額100万円と入力した場合は、「この項目だけでは判断できないので、詳しい入力画面で申し込んでください」と表示されました。

 

ここで、「本審査に進んでください」と言われたと思い、喜んではいけません。

 

スポンサーリンク

 

 

年収200万円ですでに100万円の借金をしている場合、明らかに総量規制で引っかかるので、普通なら即融資不可の判断になると思います。

 

それをしないのは、申し込んだのがこの消費者金融が提携している銀行のカードローンで、総量規制外だったため、とりあえず門前払いだけは免れた、ということなんです。

 

多分、本審査に進んだところで、合格になる可能性はきわめて低いと思いますね。

 

金融業者によっては、「申し訳ありませんが、ご融資できかねます」と出るところもあるでしょう。

 

仮審査がダメなら本審査は確実に通りませんので、ワンクッション置くという意味では、役に立っているのでは?と。

 

あくまでも、仮なので、一喜一憂しないことです。

 

私達のように、一度債務整理をして失敗している人たちにとっては、例え喪明けを迎えても、いきなり本審査に進むのは勇気が要るものです。

 

そんな時に、とりあえず仮審査で、大丈夫かどうか診断してもらえるというのは、助かるんですよね。

 

まあ、そこでいきなり、「申し訳ありませんが・・・」と出てしまうこともあるわけですが。

40代で無職でもクレジットカードは作れる?

JUGEMテーマ:クレジットカード

 

40代で無職だけどクレジットカード作れる?なんていう質問を見つけました。

 

今、中高年の就職難が話題になっていますね。

 

今まで働いていた会社が突然倒産したり、東日本大震災以降頻繁に起きている自然災害で経営難になったり。

 

中には、「自分の仕事が無くなった」という方まで。

 

自分の仕事が無くなるという意味は、新しい人が入って居場所が無くなるということもあるでしょうが、他にも本当に仕事がなくなるということがあるのです。

 

どういうことか? 例えば印刷関係の仕事。

 

今まで手作業でしていたものが、パソコンでほとんどの作業が出来上がってしまうものだから、仕事そのものが必要無くなった方は多いでしょう。

 

パソコンだけじゃなく、工場においても、機械がカバーする範囲が広くなっていますから、人員整理はやむを得ません。

 

シャープやその他の大手企業でも、人員整理をする時代ですから、一流企業に勤務していても安泰では無いのです。  

 

ロボットの開発も進んでいますから、近い将来、人間が単純作業をする必要が無くなるという話もありますよね。

 

ロボットで無職に?-債務整理体験談

 

「そりゃあ楽チンだ」なんて思っちゃいけないですよ。

 

その分、無職の人が増えてしまうわけですから。

 

単純作業って言っても人間が見てないといけない部分はあるし、極めればプロです。

 

それでも、容赦なく首を切られることもあるんですよね。

 

いや、仕事内容に関わらず、例えば資格を持っていたり専門職に就いていたりしていても、会社を辞めさせられる方は跡を絶ちません。

 

今や、会社勤めをしていてもサバイバルの時代と言えるでしょう。

 

40代と言えば、サラリーマンなら会社で一番信頼される立場で部下を抱えて最前線で働いているイメージ。

 

子どもも大きくなり学費もかかるようになって、住宅ローンも重くのしかかっている、そんな世代です。

 

そんな大黒柱と言えるお父さんが、突然無職になったら?

 

真っ先にお金の問題が浮上してきます。

 

冒頭の「40代で無職だけどクレジットカード作れる?」という方も、止むに止まれずネットで相談されたのでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

以前も書きましたが、無職でも次の働き先が決まっていたり繋ぎのアルバイトでもしていれば、収入はゼロではないし、純粋に「無職」という枠からははずれます。

 

だから、クレジットカードの審査に合格する可能性はあると思います。

 

ただし、年収や職業の部分で不利にはなりますので、審査に落ちる可能性も高いということ。

 

クレジットカードだけじゃなく、ローン審査についても同じことが言えるでしょう。

 

だけど、無職になって現金が心もとない時だからこそ、クレジットカードが利用したいんですよね。

 

働く気はあるから、就職先さえ決まれば返せるのに...と悔しい気持ちで居る方も少なくないと思います。

 

そんな時には、公的資金に頼るという選択肢もあります。

 

いつも書いているように生活福祉資金貸付制度を利用する方法も。

 

敷居が高く、「なかなか審査に受からない」という話はよく聞きますが、失業者向けの貸付などもあり、40代でそこそこのキャリアがあれば、猶予期間に仕事を見つける確率も高くなるので、貸してくれるかもしれません。

 

利息もほとんどかからないので、本来なら、真っ先に選択肢に入れたいところですよね。

 

とにかく、無職になったことを悔やむより、これからどうするか?を考えた方が、自分のためにも家族のためにも良いことだと思いませんか?