自社ブランドのクレジットカードは審査に通りやすい?

JUGEMテーマ:クレジットカード

 

自社ブランドのクレジットカードと言うと分かりづらいかもしれませんが、ハウスカードと呼ばれたり、プロパーカードと区別する意味で、提携カードと言われたりしています。

 

たいていの小売店、販売店は、クレジットカード会社と加盟店契約を結び、手数料を支払っていますが、「ハウスカード」と呼ばれる自社で発行したクレジットカードなら、店側の利益やメリットがより多くなるのです。

 

では、具体的にどんなハウスカードがあるのでしょうか?

 

株式会社クレディセゾンとガソリンスタンドが提携している「出光まいどプラスカード」。 


ファミマTカード」は、コンビニチェーンファミリーマートの提携クレジットカードですね。

 

ハウスカードは審査に通りやすい?-債務整理体験談


他にも、ローソンPontaカードVISA 、 パルコカード 、ANA VISAカード など、さまざまな職種で発行されています。

 

自社発行のクレジットカードなのですが、実際には、提携しているカード会社が業務を行っているのです。

 

グループ企業のネットワークを持つ大規模小売店などが発行しているケースが多く、最近では種類も増え、それぞれに特徴や特典に工夫をこらしています。


自社発行のクレジットカードは、基本的にその店で使用してもらうことを前提としているため、契約者が増えれば増えるほど、店にとっては販売促進の効果を期待できるわけです。

 

キャンペーンや特典付与についても、決められた範囲の中であれば、自由に行なうことが可能なので、顧客にとっても魅力があり、積極的に利用してもらうことに繋がりますよね。


自社発行のクレジットカードのメリットは、それだけではありません。

 

クレジットカードの利用履歴と顧客情報が一度に手に入るので、より効果的な販促活動を行うことが可能になるということ。

 

最近では、レジにPOSシステムを採用し、商品の管理を行なっているところが多くなっていますが、このPOSデータから顧客情報がわかり、ハウスカードの売り上げデータからは、年齢、性別、住所、勤務先の人がどんな買い物をしたのかが事細かにわかることになります。

 

ダイレクトメールの送付においても、これまでの買い物の履歴を参考に、その顧客が興味を持ちそうな商品の情報だけを送付することができるので、無駄がなく、実質経費削減にもつながるのです。

 

スポンサーリンク

 


自社発行のクレジットカードを選択するお店が増えている理由が、なんとなくわかる気がしますね。

 

では、私達顧客にとってのメリットは何でしょうか?

 

提携クレジットカードを所有すると、例えば、ガソリンスタンドなら給油時にガソリン代が割引になるとか、洗車代が半額などのサービスが受けられることがあります。

 

デパートなら、500円〜1,000円分の商品券がもらえるとか。

 

一般的なクレジットカードの機能も使えるので、まさに、一粒で二度美味しいというようなシステムになっているので、所有する人が増えるのもわかります。

 

「だけど、審査はどうなの?厳しいんじゃないの?」という声が聞こえてきますが、提携しているカード会社の審査基準に準ずる、ということになりますね。

 

一部では、「ハウスカードの審査は通りやすい」という声もありますが、審査的には何ら変わらないということでしょう。

 

ただ、顧客の属性を考えて、その店でよく買い物をしてくれそうな層の人にとっては、「審査に受かりやすい」というようなことはあるのかもしれません。

 

それは、他の流通系クレジットカードにも言えることですね。
 

審査の甘いクレジットカードなんて存在しない?

JUGEMテーマ:クレジットカード

 

多重債務になると、基本「審査の甘いクレジットカード」と言われる金融業者にしか申し込みをしません。

 

だけど、本当にそんなものが存在するのでしょうか?

 

一般的には、クレジットカードというよりもキャッシングカードについては、消費者金融で発行しているものが一番審査が緩いと言われています。

 

ただ、総量規制以降、収入の1/3を越えて借り入れしている人も多く、新たな借り入れが急にできなくなって債務整理をする人も増えました。

 

当然、利率の高いグレーゾーン金利で貸していた消費者金融は、「過払い請求」が殺到して経営難になるところも出ましたよね。

 

そうなると、今は「何が何でも貸したい」というよりも、「確実に返せる人に貸したい」というように様変わりしてきているように思います。

 

それでも、消費者金融の広告とかを見る限りでは、そう変わってないのかな?とも思いますが・・・

 

テレビCM-債務整理体験談

 

グレーゾーンが廃止になった今、金利の上からは、大手のクレジットカード会社とそう変わらなくなってきましたから、意外と「借りやすくなった」と感じている方も居るでしょう。

 

そうなると、以前のように、大手の銀行系クレジットカードを作れない人をターゲットにする=審査も緩くなる、ということも考えられますね。

 

そもそも「審査が甘い」会社が存在するのか?ということにもなりますが、そこは、ネットでの口コミ情報などを頼るしかないでしょう。

 

ただ、口コミでネット検索すると、中小の消費者金融の情報に行き着くことが多いです。

 

中には、地域限定で営業しているところもあり、信用できるところも結構あるのですが、総じて金利が高いのです。

 

スポンサーリンク

 

 

しかも、名前が知られていないということで、「この会社が信用できるかどうか?」を調べるのが困難なことも多く、中にはソフト闇金まがいの金融業者が混じっていることも。

 

ネットでの情報には、最新の注意を払う必要がありますね。

 

名前が三文字の小規模消費者金融は、比較的評判が良いようです。

 

最初は5万円くらいしか貸してくれないそうですが、返していくうちに、キャッシング枠も増えるとか。

 

とは言え、個人情報については細かく聞かれますし、金利も他の金融業者に比べたら高いです。

 

「どうしてもお金を借りないと生活に支障が出る」という時でない限り、借りるのは止めておいたほうが良いでしょう。

 

比較的低収入で、サラリーマンとかではなくアルバイトとか自営でも貸してくれるところ、となると大手では難しくなるのですが、それでも、全く無いわけではありません。

 

専業主婦でも発行してくれると言われるショッピング系というか流通系クレジットカードもありますし、コンビニやスーパー、家電量販店、ホームセンター、デパートなどで発行しているクレジットカードならば、比較的柔軟な対応をしてくれることも。

 

特に現在キャンペーンを行っているクレジットカード会社は、狙い目かもしれませんよ。

 

多重債務でも取得できるかどうかとなると、やはり他社の借り入れ件数にも依るでしょう。

 

いくら審査が緩いと言われているところでも、すでに3社以上から借り入れしていると難しいみたいですけど。

 

どこのクレジットカード会社でも、「この層に特に使って欲しい」という希望があると思うので、いつも利用しているようなお店が発行しているカードに申し込む、というのもひとつの方法ですね。

デビットなのに審査があるのはイオンデビットカードだけ?

JUGEMテーマ:クレジットカード

 

ご存知のように、デビットカードは信用情報を参照しないので、唯一ブラックでも使えるカードとして知られています。

 

もともとは、「クレジットカード審査に受からない人用」というわけでもなく、「銀行口座にある預金の範囲内で利用できるカード」とか「お財布代わりに使えるカード」ということで登場したようなのです。

 

確かに、大手銀行が「ブラックの方でも申し込めますよ」なんて言わないですから。

 

結果的に、審査がないということで、私達も「使わせてもらっている」というのが本当のところ。

 

だから、「普段使うのはデビットカードで、値段が高い物を買う時には、リボ払いができるのでクレジットカードを利用している。」と使い分けている方もいらっしゃいます。

 

ネットショッピング-債務整理体験談

 

それと、昨今のネットでの個人情報流出問題を考えると、「ネットショッピングでは、デビットカードしか使わない」という方が増えているのも当然のこと。

 

不正利用はデビットカードでもありますが、銀行口座に常に使う分だけしか預けていなければ、被害は最小限で済みます。

 

これが、クレジットカードだと、100万円のショッピング枠が付いていたら、目一杯買い物された日にはどうしたらいいのやら・・・となってしまいます。

 

まあ、実際にはデビットカードでもVISAやJCBが保証してくれるし、クレジットカードならなおさら保証はされるのでしょうが、金額が大きいとショックも大きいですから。

 

それと、普段あまり使っていないクレジットカードだと、気づくのが遅くなって、気がついた時には大事に、と考えると怖いですよね。

 

と、話がそれてしまいましたが、私達ブラックでも便利に使えるデビットカード、最近は「審査に落ちた」という話もちららと聞こえてくるようになりました。

 

以前も記事に書いた「イオンデビットカード」の審査に落ちた、というのです。

 

スポンサーリンク

 

 

このカードは、他のカードと違い「銀行口座の残高不足であっても、10万円までは立て替えますよ。」というサービスが付帯しているので、審査時に信用調査もあるということなんです。

 

バックアップサービス」と呼ばれるシステムなのですが、例えば、5万円の商品を購入しようとして、デビットカード決済にしたのに、口座に2万円しか入ってなかった場合、商品金額の5万円分立替えてくれる、ということ。

 

この場合、口座残高2万円を引き落として、残り3万円分を補充してくれる、ということではなく、あくまでも「何らかの事情で即時引き落としができなかった場合、商品金額を立て替える」サービスなんですね。

 

確かに、口座にまだお金があったと思ったのに、数百円足りないという理由で、残高不足で買えないなんていうことがありますから。

 

だけど、「信用調査」と聞くと、債務整理をした人にとっては、ビクッとしてしまいますね。

 

そう。クレジットカードと同じく個人信用情報を参照するのは明らかなので、ブラックではまず審査に通らないでしょう。

 

「さすがにクレジットカードの審査よりは緩やか」なんていう噂も聞きますが、審査についてはどこの会社も公にはしていないのでわかりません。

 

では、他のデビットカードはどうだろう?と調べたら、どこもほぼ「無審査」ということにはなっています。

 

ただし、銀行口座を開く時に審査というか条件がある銀行もあるので、デビットカードを作る以前に口座が開けない、というケースはあるようです。

 

特に「お申込み内容によっては、デビットカードではなくキャッシュカードのみの発行になることもあります。」と申込書に書かれている場合は、なにかしらの条件があると思ったほうが良いでしょう。

 

追記:ちなみに、ネットでの情報ですが、デビットカードの中では、スルガ銀行デビットカードが厳しいと言われています。

 

実際に、申込み時の注意事項として「当社の総合的な判断により、口座開設やカード入会については、ご希望にそえない場合がございます。」と書かれているので、なんらかの審査は行われる模様です。

 

とは言え、スルガ銀行に口座をすでに持っていれば、デビットカードの取得はブラックでも可能だと思いますけど。

 

逆に、大手都市銀行が発行している三菱UFJ-VISAデビットの方が、カードを取得しやすいということ。

 

いずれにしても、デビットカードで個人信用情報を参照することは無いと思うので、そんなに戦々恐々として身構えることは無いでしょう。