スポンサーリンク
Home >> クレジットカードの審査 >> 審査無しでも借りられるカードローンってあるの?
Page: 1/7   >>

審査無しでも借りられるカードローンってあるの?

JUGEMテーマ:クレジットカード

 

審査無しで借りられるカードローンって?という質問が、ネットのQ&Aサイトでよく見かけます。

 

「どうしてだろう?カードローンを商品として出しているところは、主に都市銀行、地方銀行、大手消費者金融となっているのだから、審査が行われるのは当たり前なのに」と思ったのですが・・・

 

どうやら、

 

○即日融資

 

○郵送物なしWebで完結。簡単入力で申し込める

 

○カードレスで、どこでも利用できる

 

など、手軽さを全面に出しているところが、誤解を生んだのではないか?と思うんです。

 

特に、消費者金融系カードローンについては、「パートやアルバイト、専業主婦の方でも申し込めます。」なんて書いてあるし、なんだか敷居が低そうですから。

 

カードローンは専業主婦でも借りられる?

 

一部では、「クレジットカードの審査よりもカードローンの審査の方が通りやすい」という噂が定着していて、実際に「クレジットカードの審査に落ちたけど、カードローン審査には受かった」という人も居るくらいです。

 

とは言え、無審査で借りられるものはどこにもありません。

 

当たり前ですが、審査なしで借りられるのは、危ない金融業者すなわち、闇金融しか無いですよね。。

 

まあ、ブラック経験者としては、「無審査で借りられるキャッシングがあればなあ。」という気持ちはわかります。

 

だからこそ、「そんなところあるわけない」と思っていても、質問してしまうのだと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

では、カードローンの審査は厳しい?かと言われれば、特に銀行系の場合「普通に銀行からお金を借りるよりは、相当借りやすい」と言えるのでは無いでしょうか?

 

総量規制以降、「もう消費者金融で借りるしか無い」と思っていた人が、年収の1/3までしか借り入れできなくなり、キャッシングジプシーのようになっていました。

 

いや、ギリギリまで借りてしまっているのですから、本当は、もうどこからも借りてはいけないのですが、「お金を借りなくては生きていけない」シーンには、人生で何度もぶつかるのです。

 

そんな時に、銀行のカードローンであれば、総量規制外でしかも低金利で借りられると、人気になるのもわかります。

 

借入限度額も大きいので、おまとめローンとしても使えるのですから、こんな良いことは無い、と。

 

だけど、「債務整理予備軍を作っていることにならないか?」という声も上がり、今は審査が厳しくなっているみたいです。

 

特に、金利が安い銀行系カードローンは、「返してもらえないと商売にならない」という本音がありますから、確実に返済できる人を選ぶ、という傾向はますます高くなるでしょう。

 

○年収の下限金額が低くても、職業的により収入が安定している人

 

○パートやアルバイトOKとしていても、会社員や公務員の方が有利

 

○非正規雇用社員の場合、勤続年数がより長い方が有利 逆に短いと即落とされる

 

○専業主婦の場合は、夫の収入証明書が必要になるケースが増えている

 

など、少しづつ厳しくなっているようです。

 

逆に、消費者金融系のカードローンについては、今までとあまり変わらず、審査基準についても、キャッシングにおける審査に準ずるところが多いようです。

 

だけど、総量規制が・・・となるのが悩ましいところではあります。

 

どちらにしても、「審査に通りやすそうだから申し込む」のではなく、「金利やサービス、返済の仕方によっては総額が安くなる」など、自分に有利なのは?ということで選ぶことが大切です。



こんな記事も読まれています
lalaco257 | - | - | pookmark | category:クレジットカードの審査
Home >> クレジットカードの審査 >> 無職になってもクレジットカードは更新される?

無職になってもクレジットカードは更新される?

JUGEMテーマ:クレジットカード

 

ブラックになってしまうと、クレジットカードは、もはや高嶺の花となってしまうのですが、それでも数年経てば持てるようになると思うだけで、希望は繋げられるものです。

 

喪明け後のクレジットカード取得は難しいのですが、審査に通っている方の体験談などを読むと、「債務整理後5年経って審査に通った」というものもちらほら見かけます。

 

ひところに比べたら、今は現在の収入や職業などのステータスを重要視する金融業者が増え、債務整理を経験している人にもクレジットカード取得の道は開かれているような気はします。

 

反面、「一度債務整理をした金融機関では、半永久的にクレジットカードはおろかローンなどを組むことは不可能」という事実も突き刺さってくるのは確か。

 

だから、喪明け後に取得できたクレジットカードは、本当に大事に使いたいものですね。

 

喪明け後にやっとクレジットカードの審査に受かった

 

とは言え、債務整理後に失業する人が多いように、せっかく生活を立て直しても、何度も壁にぶつかってしまうことはあります。

 

特に、今の世の中、突然解雇されたり、勤めている会社自体が潰れてしまうことも。

 

一時的にであっても、無職となってしまったら、クレジットカード会社に連絡しなければいけないのでしょうか?

 

なんとなく、「そんなことしたら、すぐにカードを取り上げられてしまうから怖くてできない」と思いますよね。

 

規約的に見れば、職場が変われば連絡しなければいけないことになってしますから、「連絡すべきである」ということなのですが・・・

 

だいたい、突然解雇になったりしたら、「これからどうしよう?」とか「早く次の仕事を見つけなければ」という気持ちが先で、クレジットカードのことまで頭が回らないのが現状でしょう。

 

それに、すぐに転職先が見つかった場合、無職である期間はわずかということもあります。

 

スポンサーリンク

 

 

結果、「わざわざ知らせる人はほとんど居ないのでは?」という結論に達します。

 

もちろん、無職期間が長かったり、途中でクレジットカード利用金額の返済ができなかったりすれば問題になるので、「連絡しなくても問題が無い」とまでは言い切れないのですが。

 

その場合は、あらかじめ連絡して、「返済が少し遅くなるかもしれない」などの相談をした方が良いでしょう。

 

とは言え、クレジットカード会社側にしてみたら、たとえ貯金から返済に回していたとしても、月々の返済を怠らなければ問題視されることは無いでしょう。

 

転職先が決まって勤め先が変わったら、連絡すべきですけどね。

 

では、無職になってもクレジットカードの更新はされるのでしょうか?

 

更新についても与信を行うカード会社は多いので、「調べられたらバレるのでは?」と思いますが、更新時に在職確認までするところはほとんど無いそうです。

 

なので、滞納さえしていなければ、更新の審査に落ちることは無いでしょう。

 

逆に、無職などの事実が無くても、滞納していたり、利用履歴が少ないなどの理由で審査に落とされるケースはあるようです。

 

とにかく、債務整理後に取得したクレジットカードについては、無理しない程度に利用頻度を上げ、返済は決して怠らないということを心がけるようにする、というのが鉄則ですね。

 

まあ、債務整理後じゃなくても当たり前のことなのですが、「利用頻度を上げる」というのは、意外と知られていないことなので。



こんな記事も読まれています
lalaco257 | - | - | pookmark | category:クレジットカードの審査
Home >> クレジットカードの審査 >> 破産した60代でもクレジットカードは作れる?大人の休日倶楽部ジパングカードは?

破産した60代でもクレジットカードは作れる?大人の休日倶楽部ジパングカードは?

JUGEMテーマ:借金返済


債務整理後のクレジットカード作りは難しくなるということは何度も書いているのですが、この間「元ブラックで60代ともなると、ほとんどクレジットカードは作れないよね」という話になりました。

なんでも、その方の親御さんが50代で自己破産され、ようやく免責から7年が経って個人信用情報から事故情報が消えたそうなのですが、すでに60代でこれからクレジットカードを取得するのは無理なのでは?と。

考えてみたら、私もそう遠い話ではないので、いろいろ調べてみました。

そもそも、ブラックじゃなくても、60歳以上になるとクレジットカードは作りにくいと言われています。

60代以上のクレジットカード取得

特に、最近はアンダー29歳が優遇されているということで、20代なら、今は所得が低くてもこれから長く使ってもらえる、という理由からか、審査に関しても比較的緩いのではないか?と言われるほどです。

実際の審査基準は、各クレジットカード会社でかなり違ってきますので、なんとも言えませんが、噂によると、ある都市銀行では、アルバイトだったとしても定収入さえあれば、25歳以下のクレジットカード発行率は高いということ。

高齢者社会なのに、色んな意味で高齢者は締め出されているのか?なんて思ってしまいます。

ただ、捨てる神あれば拾う神ありで、シルバー限定割引カードのようなものを発行しているところでは、60歳以上で、たとえ年金収入だけだとしても審査に受かる可能性は高いのです。

例えば、イオンカードとかセディナOMCなどは、門戸を広げていると言われています。

だからと言って、審査に受かりやすいかどうかはまた別問題ですが、少なくとも年齢だけではじかれるということは少ないでしょう。

 

そうなると、現在の年収や年金金額が問題になるのかもしれません。

言ってみれば、「これから何年利用してもらえるか?」という「顧客生涯価値」を重視するか、「どれだけ頻繁に利用してもらえるか?」を一番に考えるか?の違いだと思います。

スポンサードリンク

 


中には、ビューカードが発行している「大人の休日倶楽部ジパングカード」のような、65歳以上限定のクレジットカードもあります。

新幹線などの長距離チケットが最大30%も割引になるという利点がありますから、「退職後は旅行を楽しみたい」という方にとってはお得なカードと言えるでしょう。

年会費が4,285円、夫婦で会員になると7,320円ということですから、クレジットカードの年会費としてはお高いですが、年に何度か利用すれば、十分元は取れますね。

年をとっても、お金に余裕のある方、富裕層の方をターゲットにしたクレジットカードは、これからも登場するのかな?と思います。

だけど、先ほど書いた「自己破産を経験した60代以上」になると、やはり極端に取得が難しくなるというのが現状でしょう。

人数的には圧倒的に年金だけで年収200万円以下くらいの方々が多いかと思うので、高齢者向けのカードであれば、そういった方々が使いやすい方が良いのでは?と個人的には思います。

 

若者の消費意欲の低下が問題になっていますが、その点、お年寄りは、自分のものは買わなくても、孫の物は惜しまず買うという方が多いですから。

 

また、アンチエイジングに関するものなら、特に女性は購入してしまう傾向にあるでしょう。

年会費はそこそこ高くても良いから、もう少しお年寄りにも使いやすいクレジットカードが登場してくれれば良いですね。

 



こんな記事も読まれています
lalaco257 | - | - | pookmark | category:クレジットカードの審査