スポンサーリンク
Home >> クレジットカードの審査 >> 審査が甘いと言われるクレジットカードほど厳しいこととは?
Page: 1/7   >>

審査が甘いと言われるクレジットカードほど厳しいこととは?

JUGEMテーマ:借金地獄

 

審査が甘いと言われるクレジットカードは楽天カードをはじめ、ショッピング系のクレジットカードが多いです。

ネット通販でも使えることから、ある程度収入の低い層も利用するということが考えられているからでしょう。

ただ、審査が甘いと言っても、誰でも審査に通るということではありません。

「この人ならカードを頻繁に利用するであろう」ということを見極めているということ。

つまり、属性が高くても、他にもクレジットカードを何枚も持っていて利用頻度が少ないと思われれば、属性が高くても審査に落ちることもあるということなんですね。

それと、最初の敷居が低ければ、入ってからが大変になるという大学の進学制度と同じように、途中で審査が入り、利用頻度や利用状況によっては、利用停止になる可能性も高いとか。

よくあるクレジットカード関連の掲示板でも、「突然クレジットカードの利用ができなくなった」なんていう書き込みも増えてきたような気がします。



これは、もともと途中での審査が厳しかったということもあるのでしょうが、無職でもアルバイトでもバンバンクレジットカードを発行して、とにかく持っていてくれるだけでいいから、という時代ではなくなったということと関係するのだと思います。

クレジットカードって年会費無料のところがほとんどですし、キャンペーン中に取得すればポイントが付くことも。

 

特に楽天カードは、キャンペーン中だと、入会時に8,000ポイントとか付くことがありますから。

顧客から年会費を取らなくても、金融機関に支払う手数料は各顧客ごとにかかるわけですから、利用してもらわないと損をしてしまう。

それこそ、バブルの頃なら、その損を他の利益で十分に補える、あるいは大口の利用客がほとんど使わない顧客の分まで補っていたのでしょうが、今は消費底冷えの時代ですから、そうは行きません。

スポンサードリンク

 


クレジットカード利用料の滞納についても、数日遅れただけではブラックリストに載ることは無いし、すぐに支払えば大丈夫という認識があります。

多重債務生活を経験された方なら、「このクレジットカード会社は、支払期日に引き落としできなくても、2回目に間に合えば大丈夫」なんて変な知識が付いていることでしょう。

そして、そのうち2回目までに入金しておけば良いと、勝手に安心してしまう、という。

まあ、多重債務になってしまえば、それでもまだ支払えないことが多いのですが・・・

今は、一度でも支払いを滞納してしまうとブラックリストに載るというか、「個人信用情報」に「延滞」マークが付いていまう可能性もあると言います。

さすがに、すぐにそこまでするクレジットカード会社は少ないでしょうが、権限的には許されているのです。

特に喪明けでやっと取得したクレジットカードなのに、取得してあまり経っていないうちに利用停止になってしまったら、目も当てられません。

借金体質」とともに「延滞グセ」も直さないと、新しくクレジットカードライフは送れないということですね。

厳しくなってきたというよりも、本来あるべき姿に戻ってきたと思うべきでしょう。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:クレジットカードの審査
Home >> クレジットカードの審査 >> 審査に落ちた人が新たにお金を借りるには?

審査に落ちた人が新たにお金を借りるには?

JUGEMテーマ:クレジットカード


クレジットカードやキャッシングの審査に通りやすいとか厳しいとかは無い、と言われると、「それはおかしい。やっぱり会社によって審査の甘い厳しいはあるでしょう」と反論したくなります。

ただ、「じゃあ、根拠は?」と聞かれたら、すぐに答えられる方は居るでしょうか?

いわゆる審査が甘いというような噂に振り回されているような気がします。

それでも、銀行系よりは消費者金融のキャッシングが審査に通りやすいというのは、なかば常識のようになっていますね。

それも、最近では審査基準が崩れてきているようです。

というのは、三菱東京UFJ銀行がアコムを、三井住友銀行がプロミスを、それぞれ個人向け融資部門の提携先として手を組んでいるからです。

だからと言って、審査の基準も消費者金融並になったというのは乱暴だと思いますが、昔のような「銀行」という高い敷居ではなくなっているということ。

銀行員

よく「キャッシングやクレジットカードの審査に落ちてもカードローンならOK」というような広告を目にすると思いますが、時には信販系クレジットカードなどの審査に落ちた人が、銀行系カードローンの審査に受かるということも。

その逆もあるにはあるのですが、事例が少ないことからもわかるように、カードローンが狙い目という風潮があるのは確かです。

 

しかも、銀行系カードローンなら総量規制外ですから、借りやすいということもあるのです。

あとは、やはりショッピング系クレジットカードでしょうか。

以前から楽天やイオンのクレジットカードは作りやすいと言われています。

特に楽天カードでは、無職に近いような収入でも審査に受かったとか。

ネットでは憶測や噂も飛び交って、「どれを信じれば良いのやら」という状況になっています。

私の知り合いのアルバイト学生も、少し前に受かったこともあって、「他で審査に落ちても大丈夫」という気はするのですが、どうなのでしょうか?

クレジットカードを作るだけなら、キャッシング枠をゼロにすれば受かりやすい、というのは前々から言われています。

だけど、お金を借りたいとなれば、キャッシング枠もそこそこ欲しいのは当たり前。

実際にはゼロ円にした場合が一番審査には有利だと思いますが、なるべく少ない金額、例えば10万円くらいに設定しておけば、受かる可能性は高いのではないでしょうか?

スポンサードリンク

 


それと、他社の審査に落ちた方が申し込む場合、あせって次々と申し込んでしまう傾向があります。

気持ちはわかりますが、少なくとも6ヶ月は待ってから申し込むこと。

いくら通りやすいと言われている金融業者でも、個人信用情報は必ず参照します。

続けてクレジットカードやキャッシングの審査に申し込んでいることは一目瞭然なので、落とされる確率は高くなるのです。

「半年も待てないよ」という時でも、せめて数ヶ月は間隔を空けて申し込むようにしましょう。

それと、忘れがちなのが、「ローンを組むためにだけ作った家電店や量販店のカード」の存在です。

ローンが終わったら、もう持っていることすら忘れてしまうということはよくありますが、持っているだけで「お金を借りている」と解釈されてしまうことも。

それが原因で審査に落ち続けている人も居るほどですから、思い当たるカードがあれば、解約してから申し込むと、審査に受かる確率も上がるでしょう。

キャッシングの申し込みをする前に、今持っているカードを見直すというのも大切なんです。

 

クレジットカードにも断捨離は必要なんですね。

 



lalaco257 | - | - | pookmark | category:クレジットカードの審査
Home >> クレジットカードの審査 >> 審査の甘いクレジットカードはショッピング系?コンビニやガソリンスタンドは?

審査の甘いクレジットカードはショッピング系?コンビニやガソリンスタンドは?

JUGEMテーマ:借金返済


クレジットカードの審査に何度か落ちてしまうと、「審査の甘い」とか「審査が緩い」などの言葉に引き寄せられるように食いついてしまいます。

ネットで検索しても、よく出てきますよね。

で、ある一定の法則があることがわかります。

ショッピング系やコンビニ、ガソリンスタンド系のクレジットカードは審査が緩いということ。

逆に、銀行が発行しているクレジットカードは難易度が高いということ。

一般的にも認められているような気もします。

では実際にはどうなんでしょうか?

カード会社で働いていた方の話では、「審査が緩いカードというよりも、一般的な審査をする会社とさらに厳しい審査をする会社に分かれていると言うべき」だそうです。

要するに、クレジットカード会社の方針によって審査も違ってくるので、審査に受かるギリギリの状態に居る人を通すか通さないか?という問題。

ギリギリの人でも通す会社は、一応審査は通して限度額を最低金額に設定しておくのですが、その後の経過を重要視するのです。

すなわち「利用状況は?」とか「支払いに滞りはないか?」「カードを作っただけで放置していないか?」「無理なローンの組み方をしていないか?」など、監視されていると言えば語弊がありますが、そんな感じと思っても良いでしょう。

経過観察次第で、ようやく一般の顧客と同等の限度額が使えるようになる、ということなんです。

ちょうどロールプレイングゲームみたいなもので、クレジットカードをうまく利用すれば、次のランクに上がれるし、失敗すればカード返上ということにもなりかねません。



その点、「審査が厳しい」と言われている会社では、最初から顧客を振り分けていますから、クレジットカード取得後は安泰なのかもしれないですね。

いずれにしても、今はどこも生き残りが厳しい時代。

顧客を選ぶことに慎重になるのはどこも同じと考えるべきなのかもしれません。

では、クレジットカード審査時に問題になるのはどんなことでしょうか?

スポンサードリンク

 


やはり、第一は信用情報機関を確認した時にわかる「延滞情報は無いか?」「今までの申込状況や返済状況は?」
ということ。

また、申込内容と個人信用情報に記載されている内容とが合っているかどうか?のチェックも行われますので、「ついうっかり間違えてしまった」というような時でも審査に落ちることがあるのです。

多重債務で「他社借入れ件数を偽って書いた」なんていう場合にも一目瞭然なわけです。

あとは、他社からの借入金額の残高が多かったり、ローンやリボ払いの残高が一定以上の場合なども審査に引っかかるケースが多いとのこと。

もはや「なんでもお見通し」と考えたほうがいいですね。

 

気をつけなければいけないのは、「何となく付き合いで作ってしまったけど、使わないクレジットカードがある」というような場合。

 

付き合いでクレジットカードを作ってはダメ!

 

使っていなくても、節操なくたくさんのクレジットカードを持っているというのは、信用調査では不信につながるので、使わないカードは思い切って解約した方が良いでしょう。

となれば、債務整理後の「喪明け」でクレジットカードの審査に通ることが、どれだけハードルの高いことなのか?と思ってしまいます。

救いを見出すとすれば、以前よりも年収に対する評価が下がり、「申込状況」や「利用状況」を重視するところが増えているということです。

ある程度の収入があって、クレジットカードを正しく利用していれば、審査が厳しいと言われているカードを取得することも夢ではないとも言えるのです。

 



lalaco257 | - | - | pookmark | category:クレジットカードの審査