借金の延滞でブラックに?遅延損害金とは?

JUGEMテーマ:借金返済

 

借金の返済は滞りなく行った方が良いに決まっています。

 

とは言え、「ついつい遅れがちになる」とか「お金が無いから払えない」という理由で、ずるずる延滞を繰り返していませんか?

 

私自身、多重債務時代には、返済期日を遅れることは多々ありました。

 

それでも、「利息だけでも高いのに、延滞金まで支払っていたら大変なことになる」と思い、なるべく期日内に支払うようにしていたんですよ。

 

まあ、心構えとしては良いのでしょうが、結果、お金が無くて他の金融機関から借金をして、返済にあてていたのですから、とても褒められたものではありませんが。

 

私のように、切羽詰まった状態でなくても、数日間延滞してしまうことはあると思います。

 

だけど、「一日二日遅れただけでブラックリストに載るわけではないし、せいぜい催促の電話かはがきが来るくらいでしょ」なんて甘く考えていたら、痛い目をみますよ。

 

うっかり借金の返済を忘れてしまった

 

延滞日数によっては個人信用情報機関の信用情報に延滞情報が登録される可能性があるのですから。

 

また、延滞日数によって遅延損害金を支払う必要が出てくるのです。

 

遅延損害金というのは、延滞によって金融機関が損害を受けたため顧客から追加のお金を徴収するという事なのですが、具体的にはどのようになっているのでしょうか?

 

顧客の支払いが遅れたことによって、金融機関が本来回収できた利益に対しての損害を顧客から補填してもらう、ということで、顧客に対する罰金の意味合いが強いのです。

 

金融機関によっては、延滞利息(延滞に対する利息)と表記されている場合があり、遅延損害金が発生したら、実際に借りているお金の利息に加えて損害金を支払う必要があるということ。

 

では、いつから発生するのでしょうか?

 

原則として、金融機関の定めた毎月の支払日に顧客が支払いが出来なかった場合に、その翌日からこの遅延損害金が発生する事になっています。

 

例えば、1月27日の支払日に支払いが出来なかった場合には、翌日の1月28日から遅延損害金が発生するのです。

 

なんとなく、「数日間は待ってくれるんじゃないの?」という考えが甘いことは、ここで証明されましたね。

 

スポンサーリンク

 

 

実際の遅延損害金の計算式というのは、こうなっています。

 

借入残高×遅延損害金の金利÷365日×延滞日数

 

例えば、借入残高10万円、支払日が1月28日で2月6日まで支払いを延滞した場合に、遅延損害金の金利が20%だとすると

10万円×20%÷365日×9日=493円と、結構な金額を利息と共に支払うことになるのです。

 

本当にお金が無くて支払えなかった、ということではなく、「なんとなく忘れていた」なんていう理由だったとしたら、非常にもったいないですよね。

 

ただし、これはあくまでも例なので、遅延損害金の金利は各金融機関によって異なりますので、詳細は各金融機関のHPや申込用紙などでご確認しておいた方が良いです。

 

それと、数日延滞しただけでブラックリストに載るか?と言えば、これも各金融機関によって違ってきます。

 

ブラックリストと言っても、個人信用情報に「延滞」という意味合いの記号が登録されるかどうか?なのですが。

 

一般的には、数日間の延滞で、催促の電話がかかってきた時点ですぐに支払いを済ませれば、ほぼ信用情報に乗せることは無いと言われています。

 

中には、延滞したその日からカードの利用を停止される場合もあるので、その点は覚悟しておきましょう。

 

とは言え、短い期間の延滞であっても、何度も繰り返した場合や、長期間の延滞については、延滞金のみならず、ブラックリストにもしっかりと載ってしまう可能性は高いです。

 

自分のためにも、借金の延滞はしない、ことが望ましいんですよね。

結婚して姓が変わればお金は借りられる?

JUGEMテーマ:借金返済


ブラックになるとお金を借りたりローンを組むことができませんから、悲しいかな、どうしても裏技のようなものを探してしまいます。

「バレなきゃいい」と思うんでしょうね。

それでも、故意に相手をだますようなことをすれば、いずれはバレてしまうのは当たり前。

 

「どこかで誰かが見ている」と思ったほうが良いです。

 

今やネット社会ですから、データベースをたどれば、比較的簡単に居場所は突き止められますから。

 

怖い時代とも言えます。



とは言え、「引っ越しして住所が変われば、ブラックでもお金を借りることができる」というのは、よく聞きますよね。

ただ、これは名前が変わっていませんから、名前で調べればすぐにわかります。

本当によくある名前で、名前で端末を検索しただけでは、同姓同名の人が何万と出てくるという場合だと、もしかしたら住所が違うということで、ブラック認定から逃れることもあるかもしれません。

まあ、これだけネットが普及して、金融会社でも顧客情報を逐次データベース化できる時代ですから、住所が違うだけではすぐに割り出されると思います。

それに、名前や住所、勤務先などが変わった場合、信販会社や金融機関には変更の届けを出す義務が生じますから、わざと変更届を出さなかったとなると、規約違反ということになってしまいます。

こういったことを何度も繰り返して悪質とみなされたら、最悪裁判を起こされたり、詐欺罪になることもあるでしょう。

そうなったら、もう言い訳はできませんから。

それは結婚して姓が変わった時も同じ。

特に女性が結婚した場合は、姓も変わるし住所も変わることが多いです。

スポンサードリンク

 


「うっかり金融機関に届け出を出すのを忘れた」というAさんという方が居たとして、ブラックだった場合、結婚後に新しい姓と住所で申し込んだら、すんなりクレジットカードの審査に受かってしまったというケースはあるらしいです。

だからといって、「わざとではなくうっかり忘れたということにしておけば、クレジットカードの審査に受かるのかも」なんて喜ぶのはまだ早いです。

やっぱりわかるんですよ。

「ついうっかり」か「わざと忘れたふりをした」のかは。

仮にバレなかったとしても、個人信用情報を参照した時に、このAさんの情報というのはまっさらな状態、いわゆるホワイトになっています。

結婚後変更届けを出していれば、過去の履歴を引き継ぐこともできますが、それができないですから真っ白に。

ということは、債務整理後の「喪明け」の状態と同じですから、どうしても「怪しい」と思われます。

過去に債務整理や長期滞納などの事故歴があるのでは?と疑われるのですから、それだけでもクレジットカードやローンの審査には通りにくくなりますよね。

おまけに、「怪しい」と疑われたがために、データベースを駆使して調べられたら?

多分、簡単に変更届を出していないことがバレてしまうことになるでしょう。

と、これだけ考えても、得策ではないことがわかります。

 

銀行系のカードローンの中には、申込み時に旧姓を入力する欄があるところも。

 

そうなると、「あっ、書くの忘れた」では済まされませんよね。

 

免許証の番号など本人の確認書類からも、信用情報の事故歴がバレることもあるそうなので、「こちらが黙っていればバレない」というのは通用しない時代になっている、ということ。

 

たまたま、「結婚して名前も住所も変わったことで、新たにクレジットカードが作れた」という体験談を目にして、大丈夫なんだとは思わない方が身のためです。

信用情報に傷がつくとキャッシング審査には絶対に受からない?

JUGEMテーマ:借金返済

 

キャッシングの審査で、個人信用情報に異動という文字が登録されていると、ほぼ受かることは無いでしょう。

 

この異動というのが、いわゆるブラックリストの元と言うべき、事故情報だということ。

 

すでに債務整理を経験している方はご存知だと思いますが、支払いを滞納したり、債務整理をした場合は、間違いなくこの「異動情報」が登録されるのです。

 

自分でブラックであると認識している場合は、「あと5年はお金を借りられないな」ということがわかっているのですが、中には、知らない内に、信用情報に異動の文字があることも。

 

まあ、胸に手を当ててみればわかることも多いのですが・・・

 

キャッシング審査におちまくる-債務整理体験談

 

もし、あなたが、特に心当たりが無いのに、キャッシングやローン審査に落ち続けているのなら、個人信用情報を開示してみると良いでしょう。

 

個人信用情報は、郵送の他、ネットで申し込みをして、PDFファイルで受け取るという、オンライン方式もあるので、比較的簡単に行えます。

 

では、開示したとして、報告書のどこを見ればよいのでしょうか?

 

CICの場合、「お支払状況の返済状況欄」を見てください。

 

ここに「異動」と書かれていたら、その事実が発生した時点から、だいたい5年間は審査に通りにくい状態になっている、と考えるべきです。

 

ええ?寝耳に水ですか?

 

もしかしたら、過去にローンやクレジットカード、キャッシングなどの支払いが遅れたことはありませんか?

 

意外と忘れがちなのが、携帯やスマホの支払いなのですが、本体価格も通話料に上乗せされて支払っている場合、本体価格の部分は間違いなくローンを組んでいるので、滞納すれば「異動」と登録される可能性はあるのです。

 

CICでは、「返済日より61日以上または3ヶ月以上支払いが遅れたもの」という決まりがあるのですが、いつの時点で信用情報に登録されるのかは、各金融機関によって異なります。

 

考えてみたら、61日=2ヶ月となれば、かなり支払いが遅れているので、ブラックリストに載っても当然となるのですが、意外と結果的にそうなってしまった、ということも。

 

スポンサーリンク

 

 

例えば、クレジットカードの支払いって、利用する店によっては、かなり引き落とし日に変動があります。

 

その月の月末に引き落とされることもあれば、2,3ヶ月分まとめて引き落とすところもあるんですよ。

 

まあ、きちんと「何月何日にいくら買い物をした」と把握してる人は良いのですが、私のように大雑把な性格だと、「来月はこのくらいの引き落とし」とざっと計算した金額だけ入金しておいたりします。

 

そういう時に限って、先月引き落とされなかった分の金額も合算されていて「引き落とし不能」になってしまうとか。

 

そうなると、来月もまた同じことになる可能性が。

 

だけど、さすがに2回も引き落とし不能になると、慌てて、なんとかお金を工面して入金するでしょうから、その時は「セーフ」と思ってしまうんですよね。

 

と、そんな「うっかり」でブラックリストに載ったとしても、一度登録されてしまえば削除してもらうことはできません。

 

よく「ブラック情報を削除します」なんていう、怪しい業者を見かけますが、まず、そんなことは不可能です。

 

ただし、稀に、まったく身に覚えがないにもかかわらず、異動情報が登録されていることもあるので、そんな時には慌てずに、登録した金融機関に連絡することです。

 

調査の結果間違いであることがわかれば、速やかに削除してくれますから。

 

そんなレアなケースを除けば、一度信用情報に異動と書かれてしまえば、まず5年は新たにキャッシング審査に受かるのは難しいと言えます。

 

もちろん、債務整理後の場合、5年間は、ほとんどの場合、申込みの時点で却下されるということです。