スポンサーリンク
Home >> ブラックリストとは? >> ブラックリストって?過払い請求でも載るの?
Page: 1/5   >>

ブラックリストって?過払い請求でも載るの?

JUGEMテーマ:借金返済

 

そもそも「ブラックリスト」って何だろう?と思いますよね。

 

こちらのブログでは何度か書いているのですが、「個人信用情報機関」で金融事故扱い者として登録されるということです。

 

まあ、そう書くとなんだか非常に厳しい扱いを受けるみたいですが、ただ「個人信用情報」に事故情報が記載されるというだけです。

 

と言っても、ピンと来ない方もいらっしゃいますよね。

 

私の場合、弁護士や行政書士の方に債務整理を依頼した時点で、信販会社から「個人信用情報機関に事故情報が載ります」というような内容のはがきが送られてきました。

 

弁護士-債務整理体験談

 

どこの会社でも送られてくるのか?現在でも行われているのか?は不明ですが。

 

あなたの信用はもうないですよ」というようなことがはっきり書かれていた、ということなので、これがまさにブラックリスト入りした証明なのか?と思いますね。

 

一時は、自己破産などの債務整理だけでなく、過払いを請求しただけでもブラックリストに載ってしまうということで、過払い請求自体をためらう方がいらっしゃいました。

 

確かに、すでに借金を完済している方が、「払いすぎた分のお金を返して欲しい」という請求をするだけなのに、ブラック扱いされるのは不条理です。

 

過払い請求の場合は、事故情報ではなく「契約見直し」情報になるのですが、いずれにしても、「何か金融トラブルがあった」という記載があれば、新規でのクレジットカードやローン契約に支障があることが考えられますから。

 

なので、2010年以降に見直され、「契約見直し」情報の登録が廃止されたのです。

 

とは言え、私のように、債務整理を考えていて、その前に過払い請求でいくらか戻ってこないか?という場合は、完済前なので、しっかりと信用情報に記載されます。

 

それは仕方がないですね。

 

スポンサーリンク

 

 

だから、ブラックリストに載るか載らないか?というのは、借金の完済前か後か?で決まるということです。

 

このブラックリスト、すなわち個人信用情報に事故情報が載っている5年から10年の間が、いわゆる「喪に服す」時になるわけです。

 

基本的に、ローンを組んだりクレジットカードが持てない日々が続くんですよね。

 

何も自虐的に言っているのではなく、本当に、「一からやり直すつもりで」「大事な人を亡くした時のように神聖かつ反省の意味も込めてつつましやかに」生きる、ということです。

 

わかってはいるのですが、なかなかそんな穏やかな気持にはなれず、「あとどこくらい経てばクレジットカードが持てるようになる?」とか「債務整理中にお金を貸してくれるところは無いだろうか?」と思うことも。

 

実際に、パソコンやスマホで検索してみたことも1度や2度ではないので、本当にお恥ずかしい話ですが。

 

そんな我々を見透かすように、甘い蜜を餌に、「ブラックでもお金を貸しますよ」と言ってくる悪徳業者も多いですから、気を引き締めないといけないですね。

 

闇金融のえじきにならないためにも。



こんな記事も読まれています
lalaco257 | - | - | pookmark | category:ブラックリストとは?
Home >> ブラックリストとは? >> 親がブラックリストに載ると子どもの将来に影響する?

親がブラックリストに載ると子どもの将来に影響する?

JUGEMテーマ:借金返済

借金というのは、心も体もボロボロにしてしまいます

最初は「このくらいすぐに返せるから」と思い借りたお金が、一度返せなくなってしまうと、借金がどんどんどんどん増え続けていくのです。

まるで、菌が増殖するみたいに。

突然ごめんなさい。

その時の気持ちを思い出したら、思いっきりネガティブになってしまいました。

それと、これから春で、新しいことにチャレンジする時期。

お花見?なんていう話を聞くだけで、気持ちは余計落ち込んだりしますよね。

新学期-債務整理体験談

また、新学期と言うことで、子ども達の将来のことも考えてしまいます。

新入学を控えた子どもを持つ親は、「しっかりとクラスに溶け込んで勉強できるかしら?」という一抹の不安は抱えながらも、子どもの成長に目を細め、いそいそと準備を始めるものです。

だけど、多重債務になると、そんなことすらできなくて、子どもにも悲しい思いをさせるのです。

親が借金まみれになるということは、子どもに影響がないわけありません。

小さな子どもでさえ、「うちはお金がないんだ」ということを察知して、学校で必要なものでさえ「買って」と言わなくなってしまい、欲しい物も我慢するようになります。

 

例えば、授業参観に行ったら、黒板に張り出されていた「忘れ物をした人」のコーナーに子どもの名前が何度も書いてあったので、問いただすと「買ってと言えなかった」ということ。

 

なんでも、必要になった副教材のお知らせは、「どうせ買ってもらえないから」と捨ててしまい、学校では「忘れた」で通していたんだそうです。

 

その話を聞いた時には、本当に胸が苦しくなりましたよ。

家庭内がいつもピリピリしていますから、ものすごく萎縮した子どもになってしまっていたのでしょう。

 

スポンサーリンク



それでも、債務整理を決心してからは、少しづつですが、元に戻った気がします。

ただ、債務整理をして特に自己破産なんかだと、「ブラックになると、子どもや親、兄弟に影響は出るのか?」ということが一番気がかりになります。

以前にも書いたことがあると思いますが、原則家族に影響が出ることはありません。

というのは、ブラックリストに載るというのは、あくまでも個人の問題であって、世帯単位の問題にはならないからです。

「個人信用情報」は同じ家族であっても、ひとりひとり個別ですので、親がブラックであっても子どもまでブラック扱いされることはないのです。

ただし、未成年の場合や無職などで収入のない場合には、親の信用情報が調べられますので、クレジットカードなどに申し込みをしても、断られます。

これは仕方のない事ですよね。

でも、例えアルバイトでも自分の収入があれば、まず大丈夫ということ。

現に、知り合いの息子さんは、親が自己破産していても、なんら問題なくクレジットカードを取得することができたそうです。

債務整理をすることは、決して誇れることではありませんが、家族への影響を考えるあまりに、借金を重ねたり、多重債務生活から抜け出せなくなるのが一番危険だとも言えます。

「一からやり直す」気持ちで、借金を整理することを考えてみましょう。

 



こんな記事も読まれています
lalaco257 | - | - | pookmark | category:ブラックリストとは?
Home >> ブラックリストとは? >> ブラックリストからはずしてもらうことは可能?

ブラックリストからはずしてもらうことは可能?

JUGEMテーマ:借金返済


ブラックリスト」というリストは、もともと存在しない、ということは何度か書きましたが、多重債務で借金の返済が滞ったり、債務整理をしたりすれば「金融ブラック」になってしまうことは事実です。

私たちが想像するような、「この人たちは、借金の返済を怠ったので気をつけてください」というような、個人名がずらずらっと並んだブラックリストというものはない、というだけのこと。

クレジットカードやローンの申し込みをすれば、必ずチェックされると言う「個人信用情報機関」が数社あるのですが、個人名で情報を開示すれば、過去のクレジットカードなどの履歴がズラズラっと出てきます。

そこに、「金融事故」として、ばっちり記載されるわけです。

すべての履歴が消えないわけではなく、クレジットカード取得情報などは、ある一定の期間が過ぎれば消えていきます

でも、事故情報だけは別。

だから、これは消しようが無いですよね。

スポンサードリンク

 


よく「ブラックリストからはずしてもらう方法」なんていう情報商材をみかけますが、本当にはずしてもらえるのかどうか、疑問に思います。

この「金融事故情報」に関しては、債務整理後5年から10年は記載され続け、その後抹消されることになっています。

そして、抹消されたあとは、まったくの「ホワイト」つまり「クレジットカードを利用した履歴自体も消える」ということになります。

これがまた問題なんですよね。

20代前半の人なら全く問題は無いのでしょうが、30代以上になって、今まで一度もクレジットカードを利用したことが無いとなると、「金融事故者」になった可能性が高い、と判断されるんですよ。

だから、その後のクレジットカード取得がますます困難になってくる、ということです。

ただ、それも、その方の勤務先や勤続年数、収入、持ち家かどうかなどによってかなり違ってきますので、一概には言えないのですが・・・
職業によってクレジットカード審査に受かるかどうか決まる
ブラックに一度なったとしても、収入が多くて勤続年数が長いとなると、それだけで信用されますから、割合すぐにクレジットカードも取得できるようです。

逆に、ブラックリストから外れてもなかなかクレジットカードが作れない、という方も。

とにかくそういった場合は、クレジットカードを選ぶ場合も、使い勝手で選ぶのではなく、「キャンペーン中で審査が緩くなっているクレジットカード会社」や「ショッピング系やコンビニ系など、一般的に審査が甘いと言われているクレジットカード会社」に絞って申し込みをする方が良いでしょう。

 

まあ、「審査が甘い」については一概には言えなくて、同じような条件下でも、ある人は受かり別の人は落ちる、ということも言えるわけですが。

そして、運良くクレジットカードが持てたら、なるべく支払いはカード払いにして、クレジットカード履歴を積み重ねる、ということが大切です。



こんな記事も読まれています
lalaco257 | - | - | pookmark | category:ブラックリストとは?