スポンサーリンク
Home >> 公共料金の滞納 >> 多重債務で学費を滞納してしまったら。教育ローンは使えない?
Page: 1/4   >>

多重債務で学費を滞納してしまったら。教育ローンは使えない?

JUGEMテーマ:借金返済

 

卒業のシーズンですが、喜びとは別に頭が痛いのが、教育費のこと。

 

受験勉強-ブラックでも教育ローンは借りられる?

 

「そんなことは、子どもが生まれたときからわかっているんだから、貯めるでしょ」というのは、ごもっともなんですが、多重債務におちいってしまうと、正直子どもの学資保険でさえ、借り入れに回ってしまうこともあるんです。

 

情けない話ですが。

 

数年前の出来事ですが、山口県の私立高校数校で、授業料を滞納した生徒に卒業証書を渡さないという手段に出た、というニュースがありました。

 

再三授業料納入を促したにもかかわらず、「払えない」の一点張りだったので、仕方なくした措置だということなんですね。

 

学校側の気持ちもわかるのですが、今は、高校の授業料が払えない家庭は、多分、皆が考えている以上に増えているでしょう。

 

これも、払わないというより、払いたくても払えないというのが本当のところだとは思います。

 

しかも私立ということは、入学時にはそれなりに余裕のある生活をされていたのに、突然会社が倒産の危機に直面した、とか最悪自己破産されたとか。

 

学校側としては仕方がないのでしょうが、卒業証書を渡さないというのは、一番子どもが傷つきますよね。

 

卒業証書は渡して、親御さんに催告通知を出したり、その後法的な手続きも辞さないという方向に持っていくのはどうなのでしょうか?

 

それか、やはり国が独自の教育ローンのようなものを組んでもらえるとありがたいです。

 

ブラックの方にも使えるような。

 

と言ったら虫が良すぎるかな?

 

まあ、私も、子どもが高校生だったら学費を払ってあげられなくて、滞納してしまうかもしれないので、あまり偉そうなことは言えませんけど。

 

で、卒業証書は無事にもらえたとしても、今度は大学進学に伴う、多額の出費がありますよね。

 

スポンサードリンク

 

 

 

多重債務におちいった場合もそうですが、債務整理をしてブラックになっても、教育ローンを組むことはできなくなります。

 

聞くところによると、「政策金融公庫」(旧国民生活金融公庫)は、「個人信用情報」は参照しないと言われていますが、審査は普通の教育ローンよりも厳しいと言われていますし、「ブラックであることを明かさなければ」というちょっとグレーな条件付きです。

 

嘘をつくわけではなく、あくまでも「聞かれなければわざわざこちらからは言わない」ということなのですが。

 

また、奨学金制度を利用すれば、名義はあくまでも進学する子ども自身になるので、親がブラックであっても大丈夫でしょう。

 

ろうきん(労働金庫)で預貯金を預けている方なら、教育ローンについても相談に乗ってくれるかもしれません。


民間の金融機関で、唯一多重債務者のための窓口があるので、可能性はあるのでは?


ただ、審査は普通に行われるでしょうから、すぐに融資が受けられるというわけには行かないでしょうが。

 

公的資金の生活福祉資金にも、教育支援資金として、教育支援費や修学支度金が借りられる制度もあります。


世帯収入が少なくて、子どもを学校に行かせることさえ困難ならば、頼れると思いますよ。


スポンサーリンク

lalaco257 | - | - | pookmark | category:公共料金の滞納
Home >> 公共料金の滞納 >> 電気代の督促状が来たら?即金で稼げるアルバイトでしのぐ?

電気代の督促状が来たら?即金で稼げるアルバイトでしのぐ?

JUGEMテーマ:借金地獄

 

春が一歩一歩近づいてくるような気がしますが、春は値上げの季節でもありますね。

 

食品に加えて、電気・ガスの料金が値上げになったら、多重債務中や債務整理後の人にとっても、とても痛い出費となります。

 

もっとも、電気に関しては自由に選べる時代になってきましたが、それでもお金がない人にとっては、「そんなに変わらない」という気にもなります。

実際、多重債務時代は、公共料金が支払えなくて滞納を繰り返していた時期もありました。

借金返済で収入のほとんどが、羽が生えたように飛んでいってしまうので、公共料金や税金が、いつも後回しになってしまうんですね。

 

羽が生えたように飛んでいくお金

今考えれば、「借金」は返さなくてはならないものだけど、ライフラインに直結する「電気・水道・ガス」などの公共料金の方を優先すべきだったのですが・・・

ガスに関しては、顔見知りの集金員の方が取りに来ていたので、「来月まとめて払うから」とか「滞納分は少しづつ払うから」なんて融通が利いたのですが、電気はそういうわけに行きません。

だいたい、月末に支払うべき電気代を翌月の10日くらいまでに支払わないと、督促状が来ていましたね。

それと、電気のメーターを見る方が訪問されて、「いつまで支払えますか?」と直接聞かれたり。

まあ、支払いを遅らせる方がいけないんですけどね。

 

水道料金に関しては、「切れると命の危険につながる確率が最も高い」ということで、比較的緩やかなようですが、市町村が委託している会社が運営していることが多いです。

 

となると、支払先も市町村になるので、ほぼ税金と同じ扱いになるのかな?

 

少なくとも、私が住んでいるところではそうです。

 

だから、支払日を10日過ぎると督促状が来て、数ヶ月過ぎた時点で催告状が来るはず。

 

実際に止められるのは大分あとになるとは思いますが、さすがに、私も水道が止まったらまずいので、督促状が来た時点で、なんとか支払っていました。

 

スポンサードリンク

 


また、住んでいるところが結構寒い地域なので、春になってもまだストーブも必要ということで、灯油代もかかります。

 

ガソリンが値上げになれば、それに伴って灯油代も上がりますから。

借金が無くても生活は厳しいのに、多重債務で苦しんでいる方にとっては、切実な問題になりますよね。

こんな時に、「お金が借りられれば」とか思ってしまうのですが、「ブラックでもお金を貸してくれるところ」を探しだしたら、もうアウトです。

 

借りにくいとは言え、生活福祉資金のような公的資金もあるので、困ったらそちらに相談しに行く方がまだ良いでしょう。

 

「だけど、敷居が高くて」という方にとっては、なんとか自力で稼ぐ方法を見つけることをおすすめします。

 

考えると結構いろいろあるんですよ。

 

いつも言っているように、ネットオークションで物を売るとか。

 

今はメルカリのように、スマホで完結できて匿名で売買できるサービスもありますから。

 

あと、「1日だけ」とか「一週間だけ」など短期で稼げるアルバイトも充実しています。

 

お給料を日払いしてくれる会社もありますし。

 

切羽詰った時に、「もうダメだ」と思うか、「なんとかなる」と思うかで、人生変わってきますよね。


スポンサーリンク

lalaco257 | - | - | pookmark | category:公共料金の滞納
Home >> 公共料金の滞納 >> 生活費がほとんど無い状態で公共料金も滞納しがちな日々

生活費がほとんど無い状態で公共料金も滞納しがちな日々

JUGEMテーマ:借金返済

私もそうでしたが、多重債務時代は借金の返済が優先で、債務整理後は生活費が殆ど無い状態という方が多いようです。

ということで、食費にも事欠く日々。

早い話が、「やっと生きている」状態でした。

だから、公共料金も支払えないことが多かったですね。

それでも、自営だから物が売れれば少しはお金が入ってくる。

あとは、副業で少しはお金が入る。

ということで、ひと月延ばし、ふた月延ばしで、そのうち督促状が来る。

それを過ぎると、「電気を止めますよ」「ガス止まりますけどいいですか?」「水道出なくなりますよ」と言われ、慌てて有り金を集めて払いに行く始末でした。

まあ、はっきりと「止めますよ」と口頭で言われることはないですが、「このまま支払いがされなければ止めることもあります」みたいなハガキや電話が来たことはあります。

結構小心者なので、「このまま止められたら大変」と、なんとか支払ってきた関係上、実際にここまで支払わなければ止められますよ、というデータは持っていません。

それでも、催告状のようなものが来るのは、やはり2,3ヶ月滞った頃でしょうか?

電気に関しては、割合早かった記憶があります。

メータを見に来る方が、そのまま「いつまでに支払わないと電気の供給ができなくなる可能性があります」というメモ書きを残していかれました。

当然、強い口調で言われることはありませんが、督促状も来てない時だったので、ちょっとビックリしましたね。

ガスはプロパンだと、会社によってまちまちでしょう。

それでも、最近は厳しくなったようです。

私が滞っていた時には、「払える時にまとめて払っていただいて結構ですよ」という感じだったのが、1日でも支払いが遅れたら電話がかかってくるようになったし。

あっ、多分、これは前科があったからでしょうね。

水道は、市が徴収していることが多く、税金と同じような流れです。

1ヶ月過ぎると督促状が来て、2ヶ月くらいだと催告状が送られてきます。

ここまで来ると、本当に「しんどい」状態が続きます。

だって、月々支払えないものを2,3ヶ月まとめて支払うのですが、当然他にしわ寄せが。

結果家賃が支払えなかったり、食費がほとんどなかったり・・・と。

スポンサードリンク

 

そうそう。公共料金に加えて税金の支払いも滞ってきます。

これも金額が大きいだけにきついんですよ。

本当に負のループに入り込むとなかなか抜けられません。

それでも、なんとかやってこれたのは、諦めないで少しでもお金を作ろうと努力したこととか、ここぞということでなにかしらの助けが得られたことかな?

食費がない時に親戚から野菜が送られてきたり、子どもがアルバイトのお金を入れてくれたり、副業がうまくいって少しはお金が入ってきたり・・・と。

多重債務になったりして公共料金まで支払えなくなると、本当に精神的に追い詰められてしまいますが、「ここさえ乗り越えればなんとかなる」という気持ちでいることが大切です。

「支払う意志はある」ということを全面に出してお願いすれば、すぐに止められることはないと思いますし。

「こんな思いをしているのは、自分一人ではない」と思うだけでも、少しは気が楽になりますよね。

スポンサーリンク

lalaco257 | - | - | pookmark | category:公共料金の滞納

Profile

Search

Entry

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode