スポンサーリンク
Home >> 債務整理費用について >> 債務整理費用が無ければ分割払いもできます
Page: 1/5   >>

債務整理費用が無ければ分割払いもできます

JUGEMテーマ:借金返済

 

多重債務になってしまって債務整理を考えはじめても「債務整理をするとどうなってしまうのか?」「自己破産なんてしたら、子どもや孫の代まで影響するのでは?」と思い躊躇してしまいますよね。

 

私もそうでした。

 

特に自己破産なんてすると、「一族の恥」とまで思っていました。(一族というほどの家系ではないですが・・・)

 

大家族-債務整理体験談

 

だけど、実際は、生活自体はほとんど変わりません。

 

ただ、気持ち的に「借金を踏み倒してしまった」という自責の念にかられることはあります。

 

と言いますか、常にそういった気持ちはあります。

 

「勝ち組」「負け組み」で言うと、一生「負け組み」だと思ってしまいます。

 

それでも、アメリカでは自己破産しても大統領にまで上り詰めた人が居るように、日本でも自己破産した人が、実業家として大成功を修めたりということがあります。

 

くじけそうになったら、こういったことを思い浮かべるのがいいですね。

 

実際、「大金持ち」になるのは無理でも、努力によってなんとか「平和な家庭」を取り戻すことは可能なのです。

 

年を取ってから自己破産をされた方がいらっしゃるのですが、その時は「もうこれで人生は終わった」とまで思ったそうです。

 

それでも、子どもやお孫さんの顔を思い浮かべて清掃などの仕事をし、ゼロからなんとか暮らしていけるまでになったということ。

 

今では、お孫さんと一緒に穏やかに暮らしているということなので、良かったですよね。

 

とにかく、借金を増やしてしまった自分を責める気持ちはよくわかりますが、過去は取り戻せません。

 

それだったら、何とか少しでも前に進めるように、債務整理を選ぶということも考えてみてください。

 

何度も書いていますが、債務整理は自分ひとりでも手続きをすることは可能です。

 

確か、ネットで調べればそういった情報も出てきますし、費用もそんなにかかりません。

 

ただ、やはり時間と根気は必要になってきますよね。

 

スポンサーリンク

 

 

でも、弁護士や司法書士のような専門家の方に頼んだ場合、いくらかかるかわからない、お金がないから頼めない、と言う方。

 

分割で支払うことも可能です。

 

最低で月々5,000円くらいからというところでしょうか?

 

これは、頼む事務所によって差がありますので何とも言えませんが、今は分割払いに対応してくれる法律事務所も多いです。

 

また、法テラスで相談すれば、債務整理費用を立て替えてもらうこともできます。

 

民事法律扶助制度を利用すれば、本人の収入次第では債務整理費用を安くしてもらうことも。

 

審査のための面談などもありますが、提携している法律事務所なら、逆に法テラスを紹介してくれることもあり、面談にも立ち会ってもらえます。

 

先に法テラスに債務整理の相談をした場合、弁護士を紹介してくれる制度もあるので、頼りになりますね。

 

立て替えてもらった費用は月々5,000円くらいの分割払いで返すことになります。(かかる債務整理費用によって金額が違うこともあります。)

 

とりあえずは、一歩進みましょう。

 

追記:法テラスで弁護士を紹介してもらった場合、唯一の欠点は、「弁護士が決まって、債権者に受任通知を出すまでの間は、取り立ての電話がかかってくる」ということです。

 

それがネックだと思うのでしたら、法テラスと契約している法律事務所を探して、先に依頼する方が良いでしょう。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理費用について
Home >> 債務整理費用について >> 債務整理したくてもお金が無いなら、法テラスに相談することも

債務整理したくてもお金が無いなら、法テラスに相談することも

JUGEMテーマ:借金地獄


多重債務に陥っている人にとって、債務整理をすることはとても勇気の要ることです。

どんなに借金で首が回らなくても、「できれば債務整理をしないで自力で借金を返したい」というのが本音ですから。

借金を抱えて二進も三進も行かない人にとって、債務整理は最後の手段であり、できれば「何とかして返したい」という思いが強いのは言うまでもありません。

社会的制裁を受けるということもありますし。

ただまあ、借金を借金で返すようになったら、もう債務整理しかないと思ってください。

そうなると、そこからどんどん借金の金額が増えて来ます。

それはもう、ものすごい速いスピードで増えていくので、「雪だるま式」という意味を肌で知ることになります。

私の場合も最初は何とか返せていたのですが、数社から借り入れをするようになってからは、もう「知らないうちに」どんどん借金が増えて行ってしまいました。

当時は、消費者金融はおろか信販会社でも金利は29%くらいというのがざらにありましたから、借金が増えるのも時間の問題だったんですよね。

とにかく、13,000円返しても、約3,000円は利息という滅茶苦茶な状況です。

それでも「何とか返そう」と思い、仕事を増やしたりしたんですけど・・・・

いくら稼いでも、本当にあっという間に借金返済に消えていくんですよ。

まるで、底に穴の開いたコップに水を入れるように

それに、生きていれば当然生活費もかかりますから。

最後は、「借金を返済するため」の借金ばかりが増えて行く状態でした。

収入もやっと借りられたお金も、すべて借金返済に消えてしまうのでは生活できるわけがありません。

自分達だけの生活ならまだしも、子ども達のことを考えると、このままの状態で良いわけがないのです。

子どもの給食費ですらままならない時があったのも事実です。

給食費を払わない親-債務整理体験談

それで、ついに債務整理を決心したのですが・・・

債務整理をすることに決めても、ネックになるのが弁護士費用ですね。

やはり15万円から数十万はかかるでしょう。

特定調停なら数万円で済みますが、自己破産や自己再生だと債権者の数によりますが、場合によっては30万円以上かかることも。

お金が無くて債務整理もできない」という方の気持ちもわかります。

ただし、「法テラス」で立て替えてもらい、月々少額のお金を返していくと言う方法もあります。

 

法テラスは、国の法的な相談所という位置づけなので、法律相談や弁護士費用などの立て替えをしてもらえるのです。

 

スポンサードリンク

 



収入制限があり、審査の結果制度が利用できないこともありますが、国が設定している制度なので、積極的に利用したいですね。

また、弁護士事務所でも分割払いを受けてくれるところもあります。

だいたい月々5,000円くらいからということになると思いますが、借金返済の額に比べれば、出せない金額ではないですよね。

弁護士や司法書士の方に頼む時、最初に確認しておくと、良いでしょう。

借金で相談しに来るのですから、お金がないのは当たり前、ということはわかってくれます。

それでも、相談する司法書士や弁護士事務所によっては、一括で費用を支払うことを要求される場合もあるので、やはり最初にきっちりと確認しておくことが必要でしょう。

とにかく、債務整理費用のこともそうですが、何かとお金がかかることは確かです。

ただ、借金を続けていけば、生活が立ち行かなくなるのは目に見えていますから、やはり決断するならできるだけ早くした方が良いと思いますよ。

泥沼から抜け出すのは、まだ足が見えているうちじゃないと、難しくなりますから。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理費用について
Home >> 債務整理費用について >> 借金苦でもなかなか債務整理に踏み切れない理由は?会社?家族?

借金苦でもなかなか債務整理に踏み切れない理由は?会社?家族?

JUGEMテーマ:借金地獄

 

今まで何度も書いてきましたが、借金苦になっても、「借金はなんとしてでも返さなければならない」という強迫観念にとらわれたり、「今までの倍働けばなんとかなるはず」とがむしゃらに働いて体を壊したり・・・

 

なかなか、債務整理には踏み切れないものです。

 

自分で作った借金だから何が何でも返すんだ!」という気持ちは、あって当たり前だし、無くてはならない物なのですが、それで自分を追い込んでしまっては、結局借金は減らないし、家族にも迷惑をかけてしまいます。

 

では、借金の返済が難しくなり債務整理を行おうと考えても、中々実行まで踏み切れない原因は何でしょうか?

 

まず考えられるのは、債務整理を行うと誰かにばれてしまうのではないかということ。


会社でばれてしまうと「これが理由で解雇されるのではないか」や「出世の道が閉ざされてしまうのではないか」と考えてしまいます。

 

債務整理したら会社をクビになってしまう?

 

まあ、借金で首が回らなくなり、取り立ての電話が会社にまで来てしまえば、もっと立場は悪くなるんですけどね。

 

また、家族にばれたら「妻から愛想をつかされて離婚されてしまうのではないか」「子どもたちが学校でいじめられるのではないか?」といった不安に陥ります。


お金の問題、特に借金は会社の知り合いや友人どころか家族にも中々話しにくいのが現実です。

 

借金返済が苦しく、債務整理をしてすっきりしたいが周りには内緒にしたいと悩んでいる人が多いです。


また債務整理を行うと今後借金が一切出来なくなってしまうのではないかという不安もあります。

 

若ければ若いほど、将来、車や家を購入しようとした時に、ローンを組んだり借金が出来なくなることは、人生のネックになってしまうでしょう。


確かに一度債務整理を行うと、一定期間借金が出来なくなるのは本当で、「喪明け」後も審査に通りにくくなる可能性は高いです。

 

個人信用情報に事故情報が記載され、金融機関が参照した時に、債務整理をしたことや借金を滞納していた事実が、丸わかりになってしまうからです。

 

その為、お金を貸しても返済できない人だという判断が下され、審査を受けても落とされてしまうのは火を見るよりも明らかなんですよね。

 

スポンサーリンク

 


だけど、借金をそのまま放っておくと、こういった不安や悩み以上のトラブルが、舞い込んでくることになります。

 

さきほども書いたように

 

◯会社に借金取りたての電話がかかってくるかもしれない

 

◯借金滞納を繰り返していると、ある日突然裁判所から「借金全額支払うように訴えが来ている」というような書類が来る

 

◯なんとか借金を支払えていても、借金で借金を返している状態におちいり、生活費が底をつく

 

など、放置していることで起こるトラブルは、計り知れません。

 

そこまでになっていたら、思い切って専門家に相談した方が良いでしょう。

 

相談だけなら無料の所も多いですし、秘密を守った上で最適なアドバイスをしてくれます。


また、会社や家族にバレずに債務整理することは可能です。

 

会社の場合、給料の差し押さえなどが行われればバレてしまうことはありますが、事前に対処していれば大丈夫でしょう。

 

家族に対しても、債務整理を依頼した法律事務所に、連絡は必ず個人の携帯にしてもらい、郵送する書類がある場合個人名にしてもらうことで、バレないかもしれません。

 

とは言え、会社はともかく、家族にはできれば最初から正直に話し、一緒に再出発する道を模索する方が良いと思いますよ。

 

多かれ少なかれ、家族には迷惑をかけることになるわけですし、債務整理が孤独な闘いになれば、精神的にも参ってしまいます。

 

1日も早く借金苦から立ち直るためには、みんなで乗り切るという気持ちになることが大切ですよね。

 


lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理費用について