スポンサーリンク
Home >> 債務整理を決心したら >> 多重債務で切羽詰った状態になったら自らの命を絶つしか無い?
Page: 1/13   >>

多重債務で切羽詰った状態になったら自らの命を絶つしか無い?

JUGEMテーマ:借金地獄

 

多重債務で切羽詰った状態になったら、やはり「自らの命を絶つ」という手段に陥ってしまいそうになることもありますよね。

 

多重債務の日々は、本当に辛いものです。

 

パチンコ依存症など、ギャンブルにはまり多重債務に陥った人は、世間から見れば本当に「自業自得」かもしれませんが、本人にとっては「止めたくても止められない」状況であることが多いのです。

 

経験者が知り合いに居るのですが、もともとギャンブルなんて好きではなかった人なのに、たまたま入ったパチンコ店で当たったのがきっかけで。

 

当然、はまれば、勝つ時も負ける時もあるので、気がついた時には数百万の借金をしていたとか。

 

それでも、店の前を通っただけで、すーっと引き寄せられるように、店内に入ってしまうと言いますから、もう完全に病気です。

 

パチンコ依存症-債務整理体験談

 

こうなってしまうと、本人の意思だけではどうしようも無いですから。

 

それとは別に、本人の力の及ばないところでの借金というのもあります。

 

例えば、自営業での業績の悪化というのがありますね。

 

経営者ならそれも自己責任ですが、零細企業に勤めている人で、「会社が倒産したら、自動的に自己破産でざるを得なくなった」というケースもあります。

 

家族経営で、長く勤めていたために保証人になってくれと頼まれて、断れなかったということ。

 

スポンサーリンク

 

 

その場合は、経営者でもなく、会社に勤めていただけなのに、借金を背負わされ、挙句の果てには自己破産という、どうにも割りに合わないことになってしまいます。

 

多重債務の生活というのは、ほとんどが破綻してしまっていますから、生活費や光熱費の確保も1日単位ということになります。

 

まず、収入が入ったら借金返済に回す、しかも数箇所にもなりますから、1ヵ月の中で回していくしかないのです。

 

当然全く足りなくなりますから、新しく借り入れできる場合はする。

 

審査のできるだけ甘い借入先」を探すわけです。

 

借り入れが出来なくなったら、今借りている限度額の枠が空いたら、また借り直す、という堂々巡りのパターンになります。

 

そして残ったお金でやり繰りするのですが・・・

 

食費をどんなに切り詰めても、光熱費が出なかったり、税金が払えなかったり、また家賃が払えなかったり・・・とどんどん追い詰められてきます。

 

精神的にもまいってしまい、「もうどうでもいい」という開き直りに変わったり。

 

そうなると「うつ病」の始まりかも。

 

病気になっても国民健康保険を滞納していれば、お医者さんにも通えませんから。

 

それよりも「お金が無くて」通院できない、というのが一番の理由ですね。

 

最悪のケースを避けるためにも、やはり少しでも収入を増やす努力をしましょう。

 

それができなければ、目の前のことよりも、少し先の未来を考えるのです。

 

私もそうでしたが、苦しい時には辛いことが重なります。

 

だけど、「もうダメだ」と思いかけた時に、必ず良いことやラッキーなことも起きるもの。

 

ほんの小さな努力の積み重ねが、ラッキーなことに繋がるなんていうことが、結構あるんですよ。

 

もちろん、債務整理を決心することで、物事が好転することだって。

 

大切な家族を悲しませないためにも、数年後の自分を思い描いて行動しましょう。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理を決心したら
Home >> 債務整理を決心したら >> 債務整理するタイミングはいつがいい?

債務整理するタイミングはいつがいい?

JUGEMテーマ:借金返済

債務整理するのは早ければ早い方が良い、というのはよく言われること。

だけど、多重債務に陥っていると、債務整理という文字は頭の隅にいつもあったとしても、「その方法だけは取りたくない」と思うのも事実です。

なぜなら逃げることになるから。

いや、そんなカッコイイものではないですね。

「債務整理をしてしまうと、社会からは爪弾きにされ、親戚からも疎んじられ、家族にも迷惑をかけるから」という気持ちが大きいかな?

それに、「自分が借りたお金なんだから、自分で返さないといけない」という意識も常に持っているから、です。

とにかく債務整理をすると、ましてや自己破産なんてすれば、社会から追放されてしまうくらいの気持ちはありました。



だから、どうにかして債務整理だけは避けたい、と。

ただ、債務整理イコール自己破産ではないし、最悪自己破産になっても、その後信用回復さえすれば、永久に社会から追放されることはないのです。

債務整理の種類だけでも、任意整理、個人再生、特別調停があります。

借金の金額が少なければ、特別調停で済む場合もあるんですよね。

そうなると、弁護士や司法書士に依頼する必要すらないですから、気は楽だし費用も安く済みます。

本当は、「借金を借金で返すようになったら」債務整理を考えるべきなんです。

ということは頭ではわかってるんですけど、実際にはなかなか踏み切れないというのが実情ではないでしょうか?

私の経験から言うと、「借金の利息分だけしか返せなくなったら」ということでしょうか?

どういうことかというと、例えば月々13,000円づつ返済している消費者金融があったとします。

最初のうちはせっせと返しているのですが、他の消費者金融からも借り入れをするようになると、当然返せなくなってきます。

13,000円の返済金額が3社以上になれば毎月4万弱の返済が必要になるのですが、月々の収入は減るばかり。

だけど、ひと月でも返済が遅れれば次の月には26,000円の返済が待っています。

合計78,000円也

とてもじゃないけど支払えませんから、それぞれの金融業者に事情を説明して「利息だけでも支払う」ということにしてもらうわけです。

スポンサーリンク

 



消費者金融の方でも、滞納されるよりはマシですから、この辺の話し合いはスムーズなんですよね。

で、毎月「利息だけは払ってるから取り立てはないし」と変に安心してしまうんです。

利息だけって言っても、どんどん増えていきますから、3,000円が5,000円くらいにはすぐなってしまう。

だけど、元金はまったく減っていかない、という。

蟻地獄のはじまりです。

しかも相手が仕掛けたわけではなく、自分でそうしてもらったわけですから、誰にも文句は言えません。

そうなってはじめて気がつくんですが、もう遅いんですよ。

借金の支払いは続いているのに、しかも金額は上がっていくのに、元金は全く減らないのですから、ざるに水を貯めているようなものです。

債務整理のタイミングとしては、こうなる前、すなわち「元金を含めた返済金額が支払えなくなったら」という意味がわかっていただけたと思います。

その場に立ってみてはじめてわかる人間の愚かさなんですよね。

lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理を決心したら
Home >> 債務整理を決心したら >> 闇金融に強い法律事務所は?分割払いはしてくれる?

闇金融に強い法律事務所は?分割払いはしてくれる?

JUGEMテーマ:借金返済

 

闇金融から借りたらおしまい、というのはよく言われていますが、実際に借りてしまったら債務整理はできないのでしょうか?

 

そんなことはありません。

 

闇金融にも対応している法律事務所を見つければ良いのです。

 

ネットで検索しても出てくると思います。

 

ネットで検索-債務整理体験談

 

ただ、数は少なくなりますし、相手は最初から法律を無視した金融業者ということになりますので、時間はかかりそうですね。

 

とは言え、自分だけで悩んでいても解決するものではありません。

 

テレビのCMでもやっていますが、「悩んでないでまずは相談」ということです。

 

闇金融からお金を借りてしまった、という方の中には、「知らずに契約したらそうだった」とか「正規の消費者金融から紹介された」というケースもあるでしょう。

 

私も、過去に、いわゆる街金と呼ばれる金融業者を紹介されたことがあるのですが、条件を聞いてみると、「最初に預り金として10万円必要」「今週中に手続きしてもらわないと貸せない」など不振な点も多かったです。

 

その上、「保証人は必ず立てること」と言われ、自分たちだけではなく、保証人にも迷惑を立てることになるので、断りました。

 

だけど、「保証人は立てられない」と言うと、当時90歳を越えていた両親でもOKだなんて言ってくる始末。

 

当然、ここまでお金に困っている私達がお金を返せるわけはなく、高い金利をふっかけて何倍にも膨らませた金額を提示し、保証人から取り立てるつもりだったのでしょう。

 

年寄りの年金にまで目をつけるとは、と思いますが、そんなことは朝飯前ですよね。

 

今考えると、「借りなくてよかった」と思い、当時を振り返って「もし借りていたら」とゾッとしますが、同じような状況で、どうしようもなくて借りてしまう方も居るでしょう。

 

そんな時には、「闇金で借りた方も相談に乗ります」なんていう法律事務所は頼りになります。

 

ネットでの検索でも良いのですが、この間書いた「法テラス」でも相談に乗ってくれると思います。

 

スポンサードリンク

 

 

また、住んでいる市町村で開いている「借金の無料相談会」を利用するのも良いですね。

 

もし、「お引き受けします」という弁護士あるいは司法書士事務所が現れたら、「助かった」とホッとすると思いますが、待ってください。

 

やはり、相性とかもありますし、中には、顧客のことを重視して考えているとはとても思えないようなところもあるのは事実です。

 

実際に債務整理を経験した方の体験談を参考にしたり、できれば数社に問い合わせて話を聞いてもらう、という方法もあります。

 

とは言え、話の内容がお金のことであり、借金という自分の汚点をさらすことになるので、いくら相手が弁護士さんと言っても、あちこち探し回るというわけにはいかないですよね。

 

なので、とりあえず自分の条件として「債務費用の分割払いができるところ」とか「最初に匿名で相談できる」「取引期間に関係なく債務整理してくれる」「借り入れ件数が少なくてもOK」などで絞り込んでから決めるのが良いでしょう。

 

特に「債務整理費用を分割払いにしてくれる」というのは重要なのですが、分割払いを受け付けてくれるけど、そもそも債務整理費用自体が他と較べて高い、なんていうこともあるので、注意が必要です。

 

「どうして費用が高くなるのか?」が納得できる理由なら良いのですが。

 

債務整理をどこに依頼するか?というのは、多重債務生活から抜けるための第一歩ですから、慎重に決めたいものです。

 


lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理を決心したら

Profile

Search

Entry

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode