スポンサーリンク
Home >> 債務整理を決心したら >> 債務整理するタイミングはいつがいい?
Page: 1/13   >>

債務整理するタイミングはいつがいい?

JUGEMテーマ:借金返済

債務整理するのは早ければ早い方が良い、というのはよく言われること。

だけど、多重債務に陥っていると、債務整理という文字は頭の隅にいつもあったとしても、「その方法だけは取りたくない」と思うのも事実です。

なぜなら逃げることになるから。

いや、そんなカッコイイものではないですね。

「債務整理をしてしまうと、社会からは爪弾きにされ、親戚からも疎んじられ、家族にも迷惑をかけるから」という気持ちが大きいかな?

それに、「自分が借りたお金なんだから、自分で返さないといけない」という意識も常に持っているから、です。

とにかく債務整理をすると、ましてや自己破産なんてすれば、社会から追放されてしまうくらいの気持ちはありました。



だから、どうにかして債務整理だけは避けたい、と。

ただ、債務整理イコール自己破産ではないし、最悪自己破産になっても、その後信用回復さえすれば、永久に社会から追放されることはないのです。

債務整理の種類だけでも、任意整理、個人再生、特別調停があります。

借金の金額が少なければ、特別調停で済む場合もあるんですよね。

そうなると、弁護士や司法書士に依頼する必要すらないですから、気は楽だし費用も安く済みます。

本当は、「借金を借金で返すようになったら」債務整理を考えるべきなんです。

ということは頭ではわかってるんですけど、実際にはなかなか踏み切れないというのが実情ではないでしょうか?

私の経験から言うと、「借金の利息分だけしか返せなくなったら」ということでしょうか?

どういうことかというと、例えば月々13,000円づつ返済している消費者金融があったとします。

最初のうちはせっせと返しているのですが、他の消費者金融からも借り入れをするようになると、当然返せなくなってきます。

13,000円の返済金額が3社以上になれば毎月4万弱の返済が必要になるのですが、月々の収入は減るばかり。

だけど、ひと月でも返済が遅れれば次の月には26,000円の返済が待っています。

合計78,000円也

とてもじゃないけど支払えませんから、それぞれの金融業者に事情を説明して「利息だけでも支払う」ということにしてもらうわけです。

スポンサーリンク

 



消費者金融の方でも、滞納されるよりはマシですから、この辺の話し合いはスムーズなんですよね。

で、毎月「利息だけは払ってるから取り立てはないし」と変に安心してしまうんです。

利息だけって言っても、どんどん増えていきますから、3,000円が5,000円くらいにはすぐなってしまう。

だけど、元金はまったく減っていかない、という。

蟻地獄のはじまりです。

しかも相手が仕掛けたわけではなく、自分でそうしてもらったわけですから、誰にも文句は言えません。

そうなってはじめて気がつくんですが、もう遅いんですよ。

借金の支払いは続いているのに、しかも金額は上がっていくのに、元金は全く減らないのですから、ざるに水を貯めているようなものです。

債務整理のタイミングとしては、こうなる前、すなわち「元金を含めた返済金額が支払えなくなったら」という意味がわかっていただけたと思います。

その場に立ってみてはじめてわかる人間の愚かさなんですよね。

lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理を決心したら
Home >> 債務整理を決心したら >> 闇金融に強い法律事務所は?分割払いはしてくれる?

闇金融に強い法律事務所は?分割払いはしてくれる?

JUGEMテーマ:借金返済

 

闇金融から借りたらおしまい、というのはよく言われていますが、実際に借りてしまったら債務整理はできないのでしょうか?

 

そんなことはありません。

 

闇金融にも対応している法律事務所を見つければ良いのです。

 

ネットで検索しても出てくると思います。

 

ネットで検索-債務整理体験談

 

ただ、数は少なくなりますし、相手は最初から法律を無視した金融業者ということになりますので、時間はかかりそうですね。

 

とは言え、自分だけで悩んでいても解決するものではありません。

 

テレビのCMでもやっていますが、「悩んでないでまずは相談」ということです。

 

闇金融からお金を借りてしまった、という方の中には、「知らずに契約したらそうだった」とか「正規の消費者金融から紹介された」というケースもあるでしょう。

 

私も、過去に、いわゆる街金と呼ばれる金融業者を紹介されたことがあるのですが、条件を聞いてみると、「最初に預り金として10万円必要」「今週中に手続きしてもらわないと貸せない」など不振な点も多かったです。

 

その上、「保証人は必ず立てること」と言われ、自分たちだけではなく、保証人にも迷惑を立てることになるので、断りました。

 

だけど、「保証人は立てられない」と言うと、当時90歳を越えていた両親でもOKだなんて言ってくる始末。

 

当然、ここまでお金に困っている私達がお金を返せるわけはなく、高い金利をふっかけて何倍にも膨らませた金額を提示し、保証人から取り立てるつもりだったのでしょう。

 

年寄りの年金にまで目をつけるとは、と思いますが、そんなことは朝飯前ですよね。

 

今考えると、「借りなくてよかった」と思い、当時を振り返って「もし借りていたら」とゾッとしますが、同じような状況で、どうしようもなくて借りてしまう方も居るでしょう。

 

そんな時には、「闇金で借りた方も相談に乗ります」なんていう法律事務所は頼りになります。

 

ネットでの検索でも良いのですが、この間書いた「法テラス」でも相談に乗ってくれると思います。

 

スポンサードリンク

 

 

また、住んでいる市町村で開いている「借金の無料相談会」を利用するのも良いですね。

 

もし、「お引き受けします」という弁護士あるいは司法書士事務所が現れたら、「助かった」とホッとすると思いますが、待ってください。

 

やはり、相性とかもありますし、中には、顧客のことを重視して考えているとはとても思えないようなところもあるのは事実です。

 

実際に債務整理を経験した方の体験談を参考にしたり、できれば数社に問い合わせて話を聞いてもらう、という方法もあります。

 

とは言え、話の内容がお金のことであり、借金という自分の汚点をさらすことになるので、いくら相手が弁護士さんと言っても、あちこち探し回るというわけにはいかないですよね。

 

なので、とりあえず自分の条件として「債務費用の分割払いができるところ」とか「最初に匿名で相談できる」「取引期間に関係なく債務整理してくれる」「借り入れ件数が少なくてもOK」などで絞り込んでから決めるのが良いでしょう。

 

特に「債務整理費用を分割払いにしてくれる」というのは重要なのですが、分割払いを受け付けてくれるけど、そもそも債務整理費用自体が他と較べて高い、なんていうこともあるので、注意が必要です。

 

「どうして費用が高くなるのか?」が納得できる理由なら良いのですが。

 

債務整理をどこに依頼するか?というのは、多重債務生活から抜けるための第一歩ですから、慎重に決めたいものです。

 


lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理を決心したら
Home >> 債務整理を決心したら >> 一度も返済してない金融業者でも債務整理はできる?

一度も返済してない金融業者でも債務整理はできる?

JUGEMテーマ:借金返済

 

多重債務の時は精神状態が不安定で、すでに「どこからいくら借りたのかもわからない」なんていうことにもなりかねません。

 

だいたい、借金の総額もわからなくなるなんて、もう社会人としてあるまじきことですよね。

 

普段のお金の貸し借りでも、「10円借りたから返さないと」という些細な貸し借りまで覚えているのが当たり前ですから。

 

だから、債務整理を決心するひとつの目安として、「借金を返すために借金をするようになったら」とか「自分がいくら借りているかわからなくなったら」というのがあるのです。

 

となると、もしかしたら「ようやくお金が借りられたA社という消費者金融があるのだけど、考えてみたらまだ一度も返済してなかった」ということもあるかもしれません。

 

借金で借金を返すようになると、返済日前には、「もうどこでも構わないからお金を貸してくれるところは無いか?」なんて、探し回るものです。

 

お金が無くて貸してくれるところを探し回る

 

たいていが中小の消費者金融になるのですが、債務整理を決心する頃というのは、「B社の今月の返済金額が2万円なので、2万円以上貸してくれるところ」という切羽詰まった状況になるのです。

 

で、例えば中小の消費者金融で5万円貸してもらったとしましょう。

 

「1万円づつ返してもらえばいいから」ということで借りても、他社の借金返済に使ってしまえば、すでに手元に現金は無い場合が多く、最初の返済日には返せないので、「次の月にはまとめて返そう」と思うのです。

 

とは言え、1万円返せない人が、次の月に2万円返せるわけもなく、仕方がなくそのまま放置しているうちに、もうどうしようも無くなって、債務整理を決断した、というのは充分考えられます。

 

いざ債務整理するとなった時に、「そう言えば、この消費者金融には一度も返済していなかった」と愕然とするでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

では、実際に、一度も返済していない消費者金融があったとしても、債務整理はできるのでしょうか?

 

結果から言えば、自己破産を含め債務整理をすることは可能です。

 

債権者側からみれば、「もうすぐ完済する」というくらい長く返済していれば別ですが、数カ月分払っている人と、一度も支払いをしていない人では、そう違いは無いでしょうから。

 

だけど、問題は残ります。

 

まず、「もともと返済する気が無いのにお金を借りたのではないか?」と疑われること。

 

確かに、一度も返済していなければ、疑われても仕方がないことですし、悪質だと判断された場合には詐欺罪で訴えられることも。

 

自己破産の場合、債権者から免責決定に異議申し立てされることもあるのです。

 

もし、異議申し立てされた場合には、すみやかに裁判所に行き事情を説明する義務が生じます。

 

※現在は、簡素化が進められ、書面による説明文の提出となっている裁判所が多いようです。

 

幸い、異議申し立てが認められることはほとんど無いようですが、「借りた時には返すつもりだった」ということが、きちんと説明されないと、非常に不利になることは明らかです。

 

ましてや、本当に「債務整理するんだから、返さなくても大丈夫」なんていうつもりで滞納していたら、悪質とみなされて、訴えられてしまいますよ。

 

結局、悪意が無いことが証明されるなら、そう問題にはならない、ということですね。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理を決心したら