スポンサーリンク
Home >> 債務整理を決心したら >> お金を借りてから一度も返済してない金融業者でも債務整理はできる?
Page: 1/14   >>

お金を借りてから一度も返済してない金融業者でも債務整理はできる?

JUGEMテーマ:借金返済

 

多重債務の時は精神状態が不安定で、すでに「どこからいくら借りたのかもわからない」なんていうことにもなりかねません。

 

だいたい、借金の総額もわからなくなるなんて、もう社会人としてあるまじきことですよね。

 

普段のお金の貸し借りでも、「10円借りたから返さないと」という些細な貸し借りまで覚えているのが当たり前ですから。

 

だから、債務整理を決心するひとつの目安として、「借金を返すために借金をするようになったら」とか「自分がいくら借りているかわからなくなったら」というのがあるのです。

 

となると、もしかしたら「ようやくお金が借りられたA社という消費者金融があるのだけど、考えてみたらまだ一度も返済してなかった」ということもあるかもしれません。

 

借金で借金を返すようになると、返済日前には、「もうどこでも構わないからお金を貸してくれるところは無いか?」なんて、探し回るものです。

 

お金が無くて貸してくれるところを探し回る

 

たいていが中小の消費者金融になるのですが、債務整理を決心する頃というのは、「B社の今月の返済金額が2万円なので、2万円以上貸してくれるところ」という切羽詰まった状況になるのです。

 

で、例えば中小の消費者金融で5万円貸してもらったとしましょう。

 

「1万円づつ返してもらえばいいから」ということで借りても、他社の借金返済に使ってしまえば、すでに手元に現金は無い場合が多く、最初の返済日には返せないので、「次の月にはまとめて返そう」と思うのです。

 

とは言え、1万円返せない人が、次の月に2万円返せるわけもなく、仕方がなくそのまま放置しているうちに、もうどうしようも無くなって、債務整理を決断した、というのは充分考えられます。

 

いざ債務整理するとなった時に、「そう言えば、この消費者金融には一度も返済していなかった」と愕然とするでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

では、実際に、一度も返済していない消費者金融があったとしても、債務整理はできるのでしょうか?

 

結果から言えば、自己破産を含め債務整理をすることは可能です。

 

債権者側からみれば、「もうすぐ完済する」というくらい長く返済していれば別ですが、数カ月分払っている人と、一度も支払いをしていない人では、そう違いは無いでしょうから。

 

だけど、問題は残ります。

 

まず、「もともと返済する気が無いのにお金を借りたのではないか?」と疑われること。

 

確かに、一度も返済していなければ、疑われても仕方がないことですし、悪質だと判断された場合には詐欺罪で訴えられることも。

 

自己破産の場合、債権者から免責決定に異議申し立てされることもあるのです。

 

もし、異議申し立てされた場合には、すみやかに裁判所に行き事情を説明する義務が生じます。

 

※現在は、簡素化が進められ、書面による説明文の提出となっている裁判所が多いようです。

 

幸い、異議申し立てが認められることはほとんど無いようですが、「借りた時には返すつもりだった」ということが、きちんと説明されないと、非常に不利になることは明らかです。

 

ましてや、本当に「債務整理するんだから、返さなくても大丈夫」なんていうつもりで滞納していたら、悪質とみなされて、訴えられてしまいますよ。

 

結局、悪意が無いことが証明されるなら、そう問題にはならない、ということですね。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理を決心したら
Home >> 債務整理を決心したら >> お金がなくなると夫婦喧嘩が多くなるというのは本当

お金がなくなると夫婦喧嘩が多くなるというのは本当

JUGEMテーマ:借金返済

お金が無くなると夫婦げんかが多くなる?」ということですが・・・
 

はい、これは本当です。

多分、ほとんどの夫婦がそうでしょう。



人の話を聞いている時は、「お金がなくて生活できなくなったから離婚した」とか、奥さんが出て行ったというと、「なんて薄情な」と思ったものですが、実際は違いますね。

想像ですが、男の人は「面子」を大事にするのです。

だから、結構お金がなくても、交際費と言われるようなものは出してしまう。

これも、「ちょっとお金がない」程度の家計ならわかりますが、「明日の食べる物どうしようか」というような家計の苦しさでもやってしまう人が多いんです。

だから、妻は頭にくると言うことになるんじゃないかな?

まあ、わかる部分もあるんですけど。

女の人だって、打算的な人も居るけど、好きになった人なんだから、「添い遂げたい」と思ってますよ。

貧乏でも耐えられると思ってますよ。

実際、女の人の方が我慢強いでしょ。

でも、そういう態度は許せないし、「愛があれば」と思っているのに、愛情表現が下手な人が多いから、妻は「愛されてない」と勘違い。

とこんなあらすじではないでしょうか。

夫から見れば、「お金が無いのはわかっているけど、いつもいつもお金お金って言われると頭にくる。」

「俺だって、必死で働いてるんだぜ」という鬱憤が常に溜まった状態で。

ある日突然爆発してしまう、ということもあるんでしょうか?

スポンサードリンク

 


まあ、お金が無くなれば、やっぱりすべて失ってしまうんですよね。

あちこちからお金を借りるから、信用も無くしますし・・・

あの芥川賞を受賞したピースの又吉直樹さんが尊敬している太宰治も、文豪と言われながらもお金の面では最後まで信用はされなかったのですから。

私も彼の作品は好きですけどね。

とは言え、お金が無いからこそ、協力してなんとか乗り越えようという気持ちも大切です。

夫婦で借金というひとつの山を乗り越えると、もっと深い絆で結ばれるのかもしれません。

借金もひとつの試練と考えられれば、うまく行くと思いませんか?

 


lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理を決心したら
Home >> 債務整理を決心したら >> 住宅ローンが支払えなくなってもそのまま住み続ける方法とは?

住宅ローンが支払えなくなってもそのまま住み続ける方法とは?

JUGEMテーマ:借金地獄

 

ローンもいろいろありますが、やはり一番大きな買い物と言える住宅ローンについては、悩みも多いのではないかと思います。

 

住宅ローンって20年も30年も払い続けるものですし、住宅も一生に一度くらいの買い物ですから、慎重に組むのが当たり前ですよね。

 

毎月どのくらいまでなら支払えるのか?」とか将来の出費や収入も計算に入れて組むわけなのですが・・・

 

今は、それこそ「想定外」のことが起きる時代です。

 

安定した会社に勤めていてもリストラされたり、会社自体がつぶれてしまったり

 

また、業績が上がっていたのに、地震などの自然災害で悪化してしまったり・・・と。

 

そういった理由で住宅ローンが支払えなくなった方も少なくありません。

 

ところで住宅ローンが支払えなくなったらどうなってしまうのでしょうか?

 

まず、2,3ヶ月滞納したら間違いなく督促状や督促の電話がかかってくるでしょう。

 

借金の督促電話に怯える

 

↑これ、経験済み

 

銀行振り替えなどにしている場合は、2,3ヶ月分まとめて引き落とされる、ということもあります。

 

まあ、銀行口座にそれだけのお金が入っているのなら、まだ心配がないとも言えますが、そのまま半年以上滞納してしまうと、いきなり残ったローンの全額を一括返済するように言われるなんていうこともあり得ます。

 

このくらいになってくると、他の消費者金融からの借金も増えているかもしれません。

 

そうなると、もうどうしようもない状態ですよね。

 

やはり、債務整理しかないでしょう。

 

債務整理でも、自己破産だと家は当然取られてしまいますが、任意整理や個人再生なら家を取られずに、借金だけを整理することができます。

 

ただ、家を残す場合は、当然住宅ローンは支払い続けなければなりません。 申請書類を出せば、一時的に支払金額が軽減される措置などもありますので、「何としてでも家だけは残したい」という場合には検討してみてください。

 

手順としては、住宅ローンを組んでいる銀行に言って、相談窓口で現状を話して減額してもらえないか相談すること。

 

減額すれば、当然支払い期間も長くなるので、申請が通るかどうかはローンを組んだ時の年齢によっても違ってきます。

 

最初から、ローン返済時が65歳以上になっていた場合、さらに5年も長くなったら厳しいですから。

 

数年間減額されても、その後の支払いがきつくなることもあるので、その辺のところも充分に考える必要がありますね。

 

いずれにしても、「もう支払えないかもしれない」と思ったら、早めに相談した方が良いでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

住宅ローンは支払えなくなったけど、どうにかして自宅に住み続けるわけにはいかないの?という方には、リースバックという方法もあります。

 

投資家や企業などに自宅を買い取ってもらい、家賃を支払って住み続けるということ。

 

ただし、さまざまな条件はありますし、家賃を払えなければ、結局手放すことになってしまうので、慎重に考える必要があります。

 

追記:最近は大きな地震や台風などの災害が続いています。

 

私の住んでいる地域も、今まではあまり災害が無かったのですが、このところ、立て続けに避難勧告が出ているのです。

 

世界で起きる大地震の20%が、この狭い日本で起きている、ということなので、日本に住んでいる以上、いつかどこかで巻き込まれる可能性は高い、ということ。

 

すでに、銀行や生命保険会社では、支払いの猶予や、書類を紛失していても保険金を受け取れるようにする優遇措置が検討されているそうです。

 

せっかく手に入れたマイホームを手放すことになるのは無念ですが、ローンを組む以上、最悪のことまで頭に入れておく必要はありますね。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理を決心したら