スポンサーリンク
Home >> 債務整理を決心したら >> 一度も返済してない金融業者でも債務整理はできる?
Page: 1/13   >>

一度も返済してない金融業者でも債務整理はできる?

JUGEMテーマ:借金返済

 

多重債務の時は精神状態が不安定で、すでに「どこからいくら借りたのかもわからない」なんていうことにもなりかねません。

 

だいたい、借金の総額もわからなくなるなんて、もう社会人としてあるまじきことですよね。

 

普段のお金の貸し借りでも、「10円借りたから返さないと」という些細な貸し借りまで覚えているのが当たり前ですから。

 

だから、債務整理を決心するひとつの目安として、「借金を返すために借金をするようになったら」とか「自分がいくら借りているかわからなくなったら」というのがあるのです。

 

となると、もしかしたら「ようやくお金が借りられたA社という消費者金融があるのだけど、考えてみたらまだ一度も返済してなかった」ということもあるかもしれません。

 

借金で借金を返すようになると、返済日前には、「もうどこでも構わないからお金を貸してくれるところは無いか?」なんて、探し回るものです。

 

お金が無くて貸してくれるところを探し回る

 

たいていが中小の消費者金融になるのですが、債務整理を決心する頃というのは、「B社の今月の返済金額が2万円なので、2万円以上貸してくれるところ」という切羽詰まった状況になるのです。

 

で、例えば中小の消費者金融で5万円貸してもらったとしましょう。

 

「1万円づつ返してもらえばいいから」ということで借りても、他社の借金返済に使ってしまえば、すでに手元に現金は無い場合が多く、最初の返済日には返せないので、「次の月にはまとめて返そう」と思うのです。

 

とは言え、1万円返せない人が、次の月に2万円返せるわけもなく、仕方がなくそのまま放置しているうちに、もうどうしようも無くなって、債務整理を決断した、というのは充分考えられます。

 

いざ債務整理するとなった時に、「そう言えば、この消費者金融には一度も返済していなかった」と愕然とするでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

では、実際に、一度も返済していない消費者金融があったとしても、債務整理はできるのでしょうか?

 

結果から言えば、自己破産を含め債務整理をすることは可能です。

 

債権者側からみれば、「もうすぐ完済する」というくらい長く返済していれば別ですが、数カ月分払っている人と、一度も支払いをしていない人では、そう違いは無いでしょうから。

 

だけど、問題は残ります。

 

まず、「もともと返済する気が無いのにお金を借りたのではないか?」と疑われること。

 

確かに、一度も返済していなければ、疑われても仕方がないことですし、悪質だと判断された場合には詐欺罪で訴えられることも。

 

自己破産の場合、債権者から免責決定に異議申し立てされることもあるのです。

 

もし、異議申し立てされた場合には、すみやかに裁判所に行き事情を説明する義務が生じます。

 

※現在は、簡素化が進められ、書面による説明文の提出となっている裁判所が多いようです。

 

幸い、異議申し立てが認められることはほとんど無いようですが、「借りた時には返すつもりだった」ということが、きちんと説明されないと、非常に不利になることは明らかです。

 

ましてや、本当に「債務整理するんだから、返さなくても大丈夫」なんていうつもりで滞納していたら、悪質とみなされて、訴えられてしまいますよ。

 

結局、悪意が無いことが証明されるなら、そう問題にはならない、ということですね。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理を決心したら
Home >> 債務整理を決心したら >> 債務整理を決心したら。弁護士さんは怖かった?

債務整理を決心したら。弁護士さんは怖かった?

JUGEMテーマ:借金返済


債務整理を決心したら、まずは弁護士さんや司法書士の方との面談ですよね。

ただでさえ、「借金のことについての相談」で負い目があるのに、弁護士さんは、やはり怖い感じの方が多いです。(あっ、私がお会いした方は特にそうだったかも)

テレビに出演されている弁護士さんとはえらい違い。

弁護士さんは怖い?-債務整理体験談

当たり前ですが・・・

だから、気後れして、なかなか聞きたいことも聞けません。

と言いますか、初めての経験ですし、切羽詰まった状態で、精神状態も不安定ですから、「何を聞いたら良いか」さえわからないのです。

話をしてみれば、こちらの話はよく聞いてもらえるのですが、問題が問題なだけに、今までの身の上話をしてしまう人も多いからでしょう。

単刀直入に要点だけを話すように、という感じになります。

とにかく、今は債務整理をする方も多いですから、そんなにひとりに時間を取っていられないですからね。

それは、こちらもとってもよくわかるので、かいつまんで話そうとするのですが、あせればあせるほど、本質とは関係のないことを言ってみたり、肝心のことを言わなかったり・・・

ということで、家に帰ってから後悔する事もしばしばなんです。

だから、事前に質問したいことを調べておいたり、紙に書いて持っていくことをお勧めします。

自分が今まで借入れした明細なども必要になりますので、用意して行きます。

要は「自分で作った借金の整理を助けてもらうんだ」ということを忘れないように、ということですね。

スポンサードリンク

 


追い詰められて追い詰められて、最終手段として債務整理の相談に行くため、どうしても「駆け込み寺」のような気になってしまいますが、そうではないですから。

自分が逆の立場になればわかるんですけどね。

どうしても「助けてくれる人」のように頼ってしまいがちになります。

依頼してしまうと、お任せするしかない部分も多いのですが、自分でできることはして、予備知識も多少は頭に入れておくべきでしょう。

普通の精神状態ではないだけに、普段から気をつけておく必要はありますね。

とは言え、長丁場になりますので、ある程度の信頼関係は必要です。

私も、前半はギクシャクしていましたが、後半からは趣味の話とかも時々はさんでくださって、話しやすい雰囲気でした。

こちらが、正直に自分のことをさらけ出し、信頼する姿勢を見せれば、自ずと伝わるということです。

思い返せば、とても人情味あふれる良い弁護士さんだったんだなあ、と。

最初は、私があまりにも人任せで、自分のことなのに他人事のように話していたのだと思います。

 

それと、ある程度緊張しないで話せるようになった時に、弁護士さんがおっしゃったのは、「とにかく最初は厳しく接することを心がけています。中には、自分で何もせずに相手任せの方が多いから。ご自分の問題とわかってもらうためにも、そうしています。」ということ。

 

軽くパニックになっている頭の中を整理するためにも、厳しく接してくださって良かったと思います。

 

だから、最初の印象だけで、「他の人に頼もう」とかの決断を安易にしない方がいいですよ。

 

とは言え、あまりにもいい加減な態度なら、すぐに変更すべきですけどね。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理を決心したら
Home >> 債務整理を決心したら >> 借金の悩みから逃れる方法ってある?任意売却もひとつの手段

借金の悩みから逃れる方法ってある?任意売却もひとつの手段

JUGEMテーマ:借金返済

 

借金の重圧から逃れたい、と多重債務時代は常に思っていました。

 

「借金さえなければ」「どうしてこんなにお金を借りてしまったんだろう?」と。

 

そんなことを考えつつも、「来月の借金返済のため」にまた、新たな借入先を探したりするのです。

 

より審査の甘い消費者金融」を、また「保証人なしでも貸してくれる金融業者」を。

 

そして、そんなことをしている自分が嫌になるという繰り返しです。

 

だけど、それこそ宝くじにでも当たらない限り、「借金から逃れる」術はありません。

 

もともとは自分が撒いた種ですから。

 

借金は自分の撒いた種

 

それでも、あまりにも借金の金額が多くなると、その重圧に耐えかねて、自滅しそうになってしまいます。

 

そんな弱い気持ちをねじ伏せるためにも、強い心を持つことが大切です。

 

とは言え、人間ってもともとは弱い生き物ですから、なかなか強くなれないんですよね。

 

そんな時は、やはり家族のことを思うのが一番でしょう。

 

結婚されている場合は、お互いのパートナーのため、お子さんが居る場合は、お子さん達のため。

 

また両親のためにも、何とかしてこの借金生活から抜け出さなくてはなりません。

 

それは、とてつもなく遠い遠い道のりに思えてしまいますが、ひとつづつクリアしていけば、決して不可能な道ではないんですよね。

 

ただ・・・

 

どうしても、「もうだめだ」と思ったら、債務整理を考えましょう。

 

でも、その前に、やはり準備しなくてはいけないこともあります。

 

持ち家で、住宅ローンが滞っていたりする場合は、任意売却も考えなければならないので、その準備ですね。

 

スポンサードリンク

 

 

任意売却は、競売よりは数倍良いと思いますが、売れたら割とすぐに出て行かないといけないので、早めに引っ越し先を考えておいた方がいいですよ。

 

私も任意売却を経験したのですが、なかなか売れなくてもう諦めかけた矢先、突然売れたんです。

 

「もしかしたら、このまま売れなくて、結局は競売にかけられてしまうのか?」と内心ビクビクしていたのですが・・・

 

ちょうど、我が家のような雰囲気の家とロケーションを探していた方がいらして、思ったよりも高く売れました。

 

まあ、いくら高く売れても債権者の方たちで分配されるのですが、たとえ自分の手にお金が入らなくても、債権者の方々に少しでも多く配分されればこちらとしても良いことですから。

 

だけど、喜んでいる暇はありません。

 

2週間で転居先を決めなければならないし、引越し費用も捻出する必要があったのです。

 

しかも、お金が無い状態で。

 

これは正直厳しかったですが、引越し費用の一部は債権者から出してもらえましたし、少しは貯金ができていたので、なんとかなりました。

 

立ち退き期限の一週間前に転居先が決まり、あとの一週間でバタバタと引越し準備をするという、まさに綱渡りでしたけど。

 

転居先が決まったら決まったで、保証人はどうするのか?とか債務整理していても賃貸契約は結べるのか?など、問題は山積でしたね。

その他、債務整理するにもお金が必要になるので、今まで以上に節約を心がけて、少しでも蓄えておきましょう。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理を決心したら