スポンサーリンク
Home >> 生活福祉資金は借りられる? >> 生活福祉資金が借りられない?「生活福祉資金の手引」も参考にしてみましょう

生活福祉資金が借りられない?「生活福祉資金の手引」も参考にしてみましょう

JUGEMテーマ:借金返済
 

ブラックでも多重債務者でも借りられる融資について、こちらでは、やはり民間の融資よりも地方自治体が設けている融資制度をおススメしてきました。

代表的なところでは「生活福祉資金」ですね。

民間の金融業社だと、「ブラックでもOK」や「自己破産していてもご相談ください」など、すぐにでも借りられるようなことをうたっていますが、すぐに飛びつくと火傷をする危険性が。

中には「闇金融」ではないところもあるようですが、「線引き」が難しいところ。

ただ、生活福祉資金は、実際に相談した人の体験談を見ると、なかなか敷居が高いみたいです。



まあ、これは対応にあたる職員の方によるんでしょうけど。

けんもほろろに却下されてしまったとか。

とても冷たい態度で書類ももらえなかったとか。

逆に「すんなり借りられた」というケースもあるようなのですが、この不況で申し込む人が多いので、各市町村によって対応が違うのも仕方のないこと。

中には悪用する人たちも居ますからね。

ただ、窓口となる職員の方の立場になってみると、そうおいそれと「お金を貸す」わけにも行かないですから、慎重にならざるを得ないんでしょう。

それに、保証人を立てなくても借りられるようになってからは、申し込みが増えているということで、なおさら審査も厳格になってくるのでしょう。(保証人を立てなければならないケースもあります)

当時は、あまりにも申請する人の数が多く、対応できなくて、一時生活福祉資金の貸付を休止している自治体とあると聞いています。

それでも、親身になって相談に乗ってくれた、という意見もありますから、「諦める」のはまだ早いのですが、「行けばすぐに貸してくれる」と思って行くと、へこんでしまうでしょうね。

スポンサーリンク

 


こちらの態度も見られていますから、多少頭に来ることを言われても、腰を低くして、丁寧にお願いしましょう。

生活福祉資金の手引」なんていう本も出版されていますから、一度目を通してみるのも良いと思いますよ。

 

国からお金を借りるための手引書がある?

 

 

自己破産をしてもブラックになっても、お金を貸してくれる金融機関はほとんどないのですから、こういった公的な制度は、有効に利用したいですよね。

そして、どうしても返済のメドが立たない場合は、生活保護という選択肢もあります。

 

生活保護についても、不正受給など常に問題視されていますが、無職で働けない時には頼るべき制度だと思います。

 

自治体にもよりますが、次の働き先を見つけるための手助けをしてくれるところもあるので、とにかく、ひとりで悩んでないで相談してみる、という姿勢が大切ではないでしょうか?

とにかく、「どんなことをしてでも生きていく」という強い気持ちが大切だということです。

 


lalaco257 | - | - | pookmark | category:生活福祉資金は借りられる?