スポンサーリンク
Home >> 借金をまとめるための賢い方法 >> 債務整理後でも家や土地を担保に借金できた?

債務整理後でも家や土地を担保に借金できた?

JUGEMテーマ:借金返済
 

債務整理後でもどうしてもお金が必要なことはある

 

債務整理後は、もうどこからもお金を借りられないというのはわかってはいるのですが、どうしてもお金が必要なことはあるものです。

通常の無担保ローンだと借りられないけれど、持ち家の場合は、どうにかして家や土地を担保に借金をできないものか?と思ってしまいます。

この「不動産担保ローン」は、実際にはブラックでも利用可能なのでしょうか?

私自身、多重債務時代に利用できるかどうか問い合わせたことはあります。

やはり申込者の条件によって違ってくる、ということでしょう。

当然、債務整理をしたことでブラックになっている方は、借入れすることは困難だと思います。

ただ、資産価値の高い不動産の場合だと、債務整理後でもお金を借りられたというケースは稀ながらもあるようです。

不動産担保ローンだから審査が甘くてブラックでも借りやすいなんていうことは無いのですが、やはり無担保のローンよりは、不動産の価値が高ければ、借りやすいということは確かです。

多重債務の方が不動産担保ローンに申し込む場合は、だいたいが、もうどこでも貸してくれなくなって、今住んでいる家や土地を担保にすれば、何とかなるのではないか?

と思って申し込むのではないでしょうか。

まあ今のご時世、不動産の評価額自体が落ちていますから、いわゆる一等地と言われるところに住んでいるとかじゃないと、そんなに貸してくれないみたいです。

それでも、不動産という大きな担保を預けるわけですから、無担保で借りるよりは、低金利で大きな金額が借りられるというわけですね。

スポンサードリンク



ある程度評価が受けられる不動産をお持ちで、「おまとめローン」的な考え方で、借りられるのならいいのかもしれません。

私の場合は不動産の価値があまりなくてダメだったのですが、やはり駅から近いとか、通勤圏内とか、学校や病院などに近いなど、一般的な不動産価値について聞かれました。

と言うことは、そのあたりをクリアすれば、もしかしたら借りられるかもしれません

不動産ローンでお金を返せなくなったら、大事な家を取り上げられる!


でも、リスクとして、もし不動産ローンで借りたお金が返せなくなったら、住んでいる家を取り上げられてしまうということがあります。

当然、その不動産は処分されますから、家を失い、その上、借りたお金よりも土地・家屋を売った値段が少なければ、差額分は返さなくてはいけなくなります。


所沢市久米の住宅街 / odysseygate


最終的に債務整理ということになると、通常、「個人再生」では家を失わずに債務整理できるのですが、自宅を担保にしているとそれもできず、家を失ってしまうことになるのです。

そうなると、多重債務者の場合は、無理をして不動産担保ローンで借りるよりは、債務整理をしてしまった方が、結果的には良いということもあります。

任意売却で早い段階で売れれば、債権者に手渡してもまだ残るかもしれませんから。

逆に、不動産担保ローンで、ある程度まとまった金額が借りられれば、生活が立て直せるかもしれない、なんていう方もいらっしゃいますよね。

例えば、自営の方で、「この支払いさえなんとか済ませれば、事業を続けることが出来る」とか「お金を借りて新しい機械を入れれば、業績が増やせる」など、先の見通しがある程度出来る場合。

100%保証されているわけではないけれど、今借りれば数年後には借金が返せる、という可能性が高い場合は、不動産担保ローンも視野に入れても良いでしょう。

lalaco257 | - | - | pookmark | category:借金をまとめるための賢い方法