スポンサーリンク
Home >> こんな消費者金融は危ない >> 福岡の町議が大麻の売人?借金と麻薬は似ている?

福岡の町議が大麻の売人?借金と麻薬は似ている?

さっき知ったニュースですが、

 

大麻取締法違反の疑いで沖縄県内の高校生ら未成年を含む約20人を摘発していた。福岡県宇美町の現職町議で40代男が県内での流通に関与していた疑いが浮上し、県警が10月末に町議を大麻取締法違反(譲渡)容疑で逮捕した。by yahoonews

ということ。

 

最近、また大麻や覚醒剤などの逮捕が相次いていますね。

 

沢尻エリカさんについては、すでに保釈されていますが、逮捕された時には、かなりびっくりしましたよ。

 

エリカ様なんて言われて、お高く止まっているイメージはありますが、演技に対してはとても真摯に向き合っていて、「良い女優さんになったなー」と思っていましたから。

 

やっぱり、日本には売人がはびこりやすいのでしょうか?

 

治安が良い日本というイメージも、今は崩れかけていますものね。

 

考えてみたら、借金も麻薬も、依存しやすいという点では似ているのかもしれません。

 

「借金を返すために借金をし始めたらアウト」ということはわかっていても、「お金が無いのだから、借りなきゃ仕方がない」とまで開き直ってしまうのです。

 

そのため、「自分はいくらお金を借りているのか?」を知るのが怖くなり、「大した金額ではない」なんて、自分を騙してみたり。

 

「借金を止めたい」と思っていても、返済期日が迫ってくると、また消費者金融の無人契約機に足が向いてしまったり、電話で増資のお願いをしているのです。

 

で、多重債務の時期も辛かったけど、債務整理を決心して、「もうどこからもお金が借りられない」となってからの方が大変だったような気がします。

 

まさに、禁断症状そのもの。

 

多重債務時代「またお金を借りてしまった」という罪悪感はあれど、手元にまとまったお金があることの安心感は、あの時の私にとっては、何よりもありがたかったのですから。

 

それが、債務整理の手続きが始まると同時に、借金の催促が無くなったのは本当に嬉しかったのですが、「どこからもお金が借りられない怖さ」はありましたね。

 

とは言え、そこを乗り越えてしまえば、晴れて借金依存症ては手が切れるのです。

 

そのためには、お金に対する態度を、一新する必要があります。

 

任意整理など、月々いくらか返していかないといけない場合は、債務整理期間中に返済のメドを立てておかないと、また多重債務生活に逆戻りしますから。

現実的に考えれば、もう借りられないから、他から借金というのはできません。

 

それでも、自己破産したりすれば、官報に載るので、闇金融からDMが来たりするのです。

 

「どこかでお金を貸してくれないか?」と喉から手が出るくらいに欲している時に、「ブラックでも30万円お貸ししますよ」なんてハガキが来たら?

 

つい、「借りてしまおうか?」と思うこともあります。

 

今は、SNSも駆使して、麻薬の売人と同じような感じで、接触してくる可能性もあるので、気持ちを強く持っていないと、借りてしまうことになるでしょう。

 

闇金融からお金を借りてしまったら?

 

それこそ、泥沼に真っ逆さまに落ちてしまいますよ。

 

幸い、闇金融からお金を借りている場合でも、対応してくれる法律事務所もあるようですが、一筋縄では行かないでしょう。

ではどうすれば良いか?

 

まず、生活態度をあらためて、生活費を含めた出費を見直さないといけません。

多重債務に陥ってしまうと、金銭感覚はマヒしていますから、まずその「リハビリ」からはじめないとね。

これが、意外と大変なんですよ。

麻薬じゃないけど、なかなかこの「クセ」は抜けないんです。

なにせ現実逃避していますから。

だけど、麻薬と違って「脳が覚えている」ということはまずありませんから、まだ脱出する可能性はあります。

 

「何が悪かったのか?」を冷静に判断し、借金に頼らない生活を目指せば、道は開けるのです。

 

簡単ではないですが、自分の気持ち次第で変われると思えば、勇気も出ますよね。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:こんな消費者金融は危ない