スポンサーリンク
Home >> 債務整理後の生活 >> 債務整理後はホームレス同様の生活になる?

債務整理後はホームレス同様の生活になる?

JUGEMテーマ:借金返済

新年になり、新しい年と共に借金生活とサヨナラするために債務整理を検討中の方もいらっしゃるでしょう。

債務整理後の生活はどうなるのか?

自己破産だと、家も車も家財道具も一切合切持っていかれて、ホームレス同様の生活が待っているの?



多重債務で追い詰められた生活をしていると、楽になりたい気持ちはあるのですが、どうしても債務整理後の生活は暗いイメージしかありません。

実際にはどうなのか?ですが。

債務整理後の生活は、やはり結構苦しいです。

借金返済の金額がものすごく減ったのは良いのですが、やはり弁護士費用やその他かかることも多く、手続きなど煩雑な作業も伴うので、気力も必要です。

自分が作った借金を帳消し、あるいは非常に少なくしてもらえるのですから、文句は言うな、というところでしょうが・・・

でも、借金を重ね、多重債務生活が続いていると、気力と根気がどこかに行ってしまうのです。

今まで、まじめ一筋で生きてきた人も、結構ルーズになると思います。

まあ、金銭面ではどこかルーズなところがあったから、多重債務に陥ったのでしょうが・・・

ただ、債務整理を決意するようになるには、やはりかなり追い詰められてからでないと、なかなか決心が付かないものです。

そのまま放っておいたのでは、自殺もしかねないというところまで追い込まれて、初めて債務整理を決断する人も多いでしょう。

だから、気力を使い果たした人にとっては、今までの借金の経歴を詳しく報告したり、書類をすべて捜したりという作業が、とても辛いものになってくるのです。

これまた、仕方のないことですが。

作業自体が辛いということもあるのですが、「何でこんなに借りてしまったのか?」と自分を責める気持ちも大きくなって、本当に情緒不安定になってしまいます。

でもまあ、これも必要なこと。

傷口をただ塞いでいるだけでは、完治しないのですから。

傷口をしっかりと消毒して、薬を塗って行かないと、治るものも直りません。

だから、借金という病気の元を断たなければならないんですね。

スポンサードリンク



この辛い日々も、裁判が決まってからは、結構楽になります。

ただ、その後の生活で、将来が決まってきますから、「生まれ変わったつもり」で頑張らないといけません。

口で言うのは簡単なのですが、今までの生活を180度変える、というのは、おとなになってからは大変なこと。

 

だからこそ、今すぐに決断しなければならないんですよね。

 

まあ、債務整理後は借金は一切できませんから、経済状況は悪くなるのは当たり前。

 

お金が足りなくなったから借りる」という選択肢が、強制的に無くなるだけでも、今までのような甘えた生活はできないわけです。

 

「悪しき習慣を改善するチャンス」と思って、心を入れ替えるしか無いですね。


結局、債務整理後の生活を良くするのも悪くするのも自分次第ということなのでしょう。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後の生活