スポンサーリンク
Home >> 借金をまとめるための賢い方法 >> 借金の一本化やおまとめローンを利用できるのは限られた人だけ?

借金の一本化やおまとめローンを利用できるのは限られた人だけ?

JUGEMテーマ:借金返済

多重債務に陥ると、最初に考えるのが「このバラバラいろいろなところで借りているお金を、一つにまとめられないものだろうか?」ということです。

特に、グレーゾーン金利廃止前は、高い金利でお金を借りていたわけですから、一本化して少しでも金利が安くなればと考えるわけです。

世間的には「おまとめローン」とか「借金一本化」と言われていますね。

よく「借金一本化」と「おまとめローン」はどう違うの?と言われますが、言っていることは同じことだと思います。

強いて言えば、借金一本化というのは借金をまとめる行為のことで、おまとめローンは金融商品の種類ということでしょうか。



ただし、こちらのブログでも書いたように、一本化するということは、当然一社での借入額が大きくなりますから、信用調査も厳しくなるということです。

でも、唯一の救いは「借金の一本化」をうたっているわけですから、「多重債務者お断り」にはならないところですよね。

まあ、多重債務者になる場合、1社からまとまった金額を借りられないために、止む無く数社から借金を繰り返して今に至る、というパターンが多いと思うのです。

となると、もともと対象とする人は、あちこちの消費者金融から数十万円づつ借りている多重債務者ではなく、「借りやすいから」という理由で、金利も考えずにキャッシングしてしまった人たちということになるのでしょうか?

上場企業の会社員の方や公務員の方などが対象になってしまうのかな、とも思うんです。

それでも、自宅を担保にして不動産担保ローンという形で「おまとめローン」なら、資産価値の高い物件を持っている人だと借りられることもあるようです。

スポンサードリンク


 

ただし、不動産担保ローンの場合、多重債務で生活が苦しい時に固定資産税が払えなかったりして未納のままだと、審査に通らないでしょう。

 

通常、税金の滞納は信用情報に載ることは無いのですが、不動産担保ローンでは固定資産税の納税証明書を提出することになっているためです。

 

申し込む前に、滞納分の納税を先にすべきだということ。

 

いずれにしても、借金の一本化やおまとめが使える人は、ごく限られた人になるのかもしれません。

お金を借りる商品であるおまとめローンですら、庶民には「高嶺の花」ということになるのかな?

ただ、少しでも可能性があると考えられる方は、早めに審査をお願いした方が良いのではないでしょうか。

借金をまとめることで、利息が下がれば言うことないわけですし、債務整理をしなくても借金を完済することができた例も少なからずありますから。

まあ、私のように、「おまとめローンなんてとんでもない」という方の方も多いかもしれませんね。

試しに、ネットで検索すると、いろいろな種類のおまとめローンがヒットしますよ。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:借金をまとめるための賢い方法