スポンサーリンク
Home >> こんな消費者金融は危ない >> ブラックでもどうしてもお金を借りたい時は?

ブラックでもどうしてもお金を借りたい時は?

JUGEMテーマ:借金返済

ブラックでもお金を借りたい」と言いますか、ブラックだからお金が無いということも言えるでしょう。

とにかく「どうしてもお金を借りたい」という状況は、債務整理されたほとんどの方が経験していることだと思います。

世間的にはNGだということはわかっていても、それでもお金を借りなければ生きていけないこともあるのです。

ただ、ブラックでなくても今はお金をなかなか貸してくれない時代。

ましてや、ブラックになってしまうと、民間の金融業者からの借り入れは、まず無理と思った方が良いですからね。

総量規制後もそうですが、この不況で金融業者自体の経営も困難になってきています。

それに追い討ちをかけるような震災の発生。

あれから4年が経ちますが、経済はとても安定しているとは言えず、アベノミクス好景気にも期待できず、国に頼ることすらできない状態ですから。

消費者金融でもなかなかお金を貸してくれない、というのが現状です。

今までは、中小の消費者金融なら「ブラックでも自己破産者でも借りられますよ」というところもあったのですが・・・

大半が姿を消しているようです。

経営難で倒産したり、違う商売に鞍替えしたりしているのでしょう。

その代わりに「ソフト闇金」のような金融業者が増えているので、要注意です。

それでも、安定した会社にお勤めで定額収入がある方にとっては、そう「借りにくい」という印象はないのでしょうが、多重債務者にとっては、借りられるところは「ほぼゼロ」という状態だと思います。

私のところにも「どうしてもお金を借りたいのだけれど、どこか貸してくれるところを知りませんか?」という相談がよく来るようになりました。

特に相談窓口を設けているわけではないですが・・・

やはり、もうどうしようもなくなって誰かにすがりたい状況なんでしょうね。

以前の私もそうでしたから、よくわかります。

ネットで調べると、闇金融ではなく正規の消費者金融でも、自己破産者やブラックの方でも借りられる中小の金融業者もあるみたいです。

でも、今は闇との境界線がはっきりしないから怖いですよね。

少し前なら、消費者金融も儲かっていたのと、グレーゾーン金利を適応していたため、「もし取りはぐれがあっても、最初の金利さえもらってしまえば・・・」というようなこともあったのでしょう。

アルバイトでも無職でも、専業主婦であっても、比較的甘い審査でお金が借りられる時代でした。

掃除をする主婦

だけど、今大々的に「ブラックでも借りられます」と広告を出しているところは、ほとんど「闇」と思って間違いないでしょう。

私が実際に体験したのは、あまり名前の知らない消費者金融でしたが、いわゆる「ヤミ」ではなかったです。

その金融業者自体は、表向きは普通の消費者金融なのですが、多分「ヤミ」と思われる業者を紹介されました。

「貸しても返せない人」と判断されたんだと思います。

スポンサードリンク


あまりにも追い詰められると「闇でもいいから貸してくれるところ」と思ってしまいますが、その後もっと追い詰められることになるのは目に見えています。

本当に苦しいと思いますが、安易な決断をしてしまえば、のちのち余計に苦しむことになるのです。

私も、債務整理までに至った道のりは後悔することばかりですが、ここで借りないで思いとどまったことだけは、本当に良かったと思っています。

スポンサーリンク

lalaco257 | - | - | pookmark | category:こんな消費者金融は危ない