スポンサーリンク
Home >> 自己破産のメリット・デメリット >> 住宅ローンを抱えながらの債務整理は難しい?

住宅ローンを抱えながらの債務整理は難しい?

JUGEMテーマ:借金返済

債務整理と住宅ローンというと、まず最初に思うのが「債務整理をしても住宅ローンは組めるのか?」ということ。

それは「自己破産などでブラックになっても担保があれば融資は受けられるのか?」というこちらの記事でご紹介しています。

担保があればブラックでも貸してくれる?

読んでいただけばわかるのですが、自己破産をしても不動産担保ローンならお金を貸してくれるかも、という考えは、実際にはかなり厳しいと言わざるを得ないでしょう。

だけど、その前に「住宅ローンを抱えながら債務整理をする時はどうすれば良いの?」という問題も発生するのです。

住宅ローンを抱えながらの債務整理は、やはり時間がかかります。

債務整理の中で、一番手っ取り早いのが、単身者で賃貸に住むサラリーマンの方の自己破産だそうです。



特に高価なものさえ手元になければ、差し押さえられることもありませんし、自営業ではないので管財人を付ける必要もなし。

ということで、ギャンブルや投資、浪費などで作った借金でなければ、割とすぐに免責はおりるでしょう

やはり問題は持ち家の方。

任意整理を選択した場合は、家はそのまま残しておけるので、当然住宅ローンもそのまま払い続けることになるのですが、自己破産になると、当然持ち家も没収されます

競売にかけられることになるのですが、その前に「任意売却」という形で、売りに出すことも可能です。

と言いますか、今はこの「任意売却」の方が主流でしょう。

スポンサードリンク


家を取られる事には違いは無いのですが、やはり競売という形より、自分で売りに出す方がいいですからね。

任意売却を扱っている不動産会社に依頼し、契約時に弁護士の立会いの下売買契約が行われるのです。

ただ、不動産会社に依頼してしまえば、特にすることはなく、そんなに大変ではないということです。

売り出しに関しても、通常の新聞チラシに入っている不動産物件のひとつとして扱われますから、仮に近所の方が見ても「引っ越すのかな?」程度でしょう。

何か訳ありで売りに出したとは思われないのではないでしょうか?

まあ、何でもかんでもうわさ話にしてしまうような近所のおばさんにかかれば、あることないこと言われそうですけどね。

そんなことを気にしていては、これからの生活を立て直すことなど到底できませんから。

住宅ローンの負債に関しては、売れた金額から支払われることになります。

債務整理をしなくても、住宅ローンの支払いが滞り、持ち家を手放す人が増えている今、任意売却を選択する人も増加しているでしょうね。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:自己破産のメリット・デメリット