JUGEMテーマ:借金返済
 

パチンコ依存症については以前から記事にしているのですが、今回のカジノ法案(IR実施法)が通ったことで、パチンコ自体がクローズアップされるようになりました。

 

パチンコ換金所-債務整理体験談

 

数年前に書いた記事ですが、

 

パチンコ依存症が問題になっていますが、パチンコ店を経営する会社が破産というのは、なんともはや皮肉な気がします。

パチンコ業界もやはり不振なんですね。

よく「不景気になるとギャンブル業界が儲かる」と言いますが、その通説すら覆すほどの不況ということなのでしょうか?

ただまあ、どの業界でも、うまく立ち回っているところもあれば、不況のあおりを真っ向から受けるところもありますからね。

借金の原因もパチンコやギャンブル依存症のため、と言う人も多い中、世間の風当たりも強いのかもしれません。

「気晴らしに」とか「ストレス解消」で終わっているうちは良いのかもしれませんが・・・

こういったギャンブル系の業界が不況になってくると、いいような悪いようなですね。

一番打撃を受けるのは、その業界で働いている人ですから。

多重債務に陥る個人よりも、今は経営に苦しむ会社の方が深刻な問題なのでしょう。

暗い話題が続きますね。

高木商事などパチンコ店3社破産 入店客減少、負債計114億円

東京商工リサーチによると、東京都内でパチンコ店を経営する高木商事(荒川区)など3社が東京地裁から破産開始の決定を受けた。負債総額は、3社合計で114億円。他の2社は、総武興業(葛飾区)とノーベル会館(目黒区)。昨年12月24日に破産を申請し、5日付で開始決定を受けた。 (ヤフーニュースより引用)

今回の菅官房長官の「(パチンコの)ギャンブル性を無いような形にする」という発言を受けて、「換金禁止になる」という言葉が独り歩きしていますが、はっきりそこまでは言っていないんですよね。

 

スポンサーリンク

 

 

しかも、表向きは、パチンコで買ったお金を換金するのはもともと禁止されているわけで、その辺がなんとも複雑なのですが・・・

 

とは言え、今後ますます、パチンコ店の経営は厳しくなるだろうことは予想されます。

 

だからと言って、今パチンコ依存症に悩んでいる人にとって、朗報と言えるかどうか?は別問題で・・・

 

もしかしたら、IR実施法が通ったことを快く思っていない人たちが、パチコン擁護派に変わるかもしれないですし。

 

要するに、禁止してしまうことではなく、今依存症に苦しんでいる人たちをなんとかできないか?を考えるべきでは?と思うのですが。

 

パチンコだろうがカジノだろうが、娯楽で終わっているうちは、ストレス解消にもなって良いのでしょうが、ハマってしまうと危険ということなんですよ。

 

なんでハマるのか?と言えば、お金が絡むからで、そのための借金でさらにヒートアップすることも考えられます。

 

依存症を無くすには、「お金に余裕のある生活をして、お小遣い程度の遊びで止める」ことに尽きるのではないか?と。

 

お金に余裕のある人は、ストレス解消のためにギャンブルをすることはあまり無いのでは?」と考えると、鶏が先か卵が先かのような論争になってしまいそうですね。