スポンサーリンク
Home >> 借金返済日記 >> 借金でうつ病になりかけました

借金でうつ病になりかけました

JUGEMテーマ:借金返済


借金をかかえていると、精神的なストレスは計り知れません。

自業自得と言えばそれまでなのですが、他人のために借金を背負い込む方もいらっしゃいますから、一概には言えません。

自分が原因で多重債務に陥った場合、辛いこともすべて「自分のせい」ということで自分を責めるため、内側へとストレスが溜まってしまうのです。

特に、「借金返済日」近辺になると、「今月もどうやって返していこう?」という思いで押しつぶされそうになります。

借金の返済だけでなく、公共料金の滞納、税金の滞納なども頻繁に起きるようになりますから、もうどれから払っていいのやら、パニック状態に。



「綱渡り人生」とよく言われますが、綱渡りどころか「糸渡り」みたいで、いつぷつんと切れてもおかしくなかった。

結局、その日1日を、なんとかつじつまを合わせて生きてきたのかもしれません。

本当は、こういう時こそ冷静になって、支払わなくてはならないお金を優先順位を付けて書き上げたり、今の収入で、どれ位の期間あれば完済できるのか、など計算しなければならないのですが・・・

多重債務になってしまうと、多分、5社以上からの借金となった時点で、すでに家計は破綻している状態だと思います。

それを認めたくなくて、借金を返すためにまた借金を重ね、精神的にもストレスを背負い込むわけです。

どこかで「我に返る時間」を作らないといけないのですが、無理でしょうね。

私もそうでしたが、「自暴自棄」の状態になる時期と、「なんとかなる」と何の保証も無い自信にすがっている時期が交互に来る感じなんです。

今思えば、その時すでにうつ病に近い状態までなっていたと思います。

 

いや、当時は国民健康保険料を滞納していて、お医者さんにもかかれなかったので、もしかしたら発症していたのかもしれません。

突然悲しくなって、大声で泣いたこともありましたから。

スポンサードリンク

 


逆に「宝くじが当たったら、一発逆転だ!」なんていうことを本気で考えたり。

「今日はダメだけど、明日になったらなんとかなるのでは?」とか。

いや、何か目標があって、それに向かってガムシャラに頑張っているのであれば「明日を信じる」のは必要なことです。

ただ、この場合は「明日を信じる」のではなく、「悪いことは明日回しにする」ということ。

今考えたくないから明日考える、というようになったら、かなりの重症でしょう。

自分で感情がコントロールできなくなったと感じた時点で、債務整理を考えるなどの措置をとった方が良いですね。

そのままの状態で居るのは危険ですから。

借金がなくてもストレスがいっぱいの現代生活ですから、何とか「最悪のケース」だけは避けたいですよね。

 


lalaco257 | - | - | pookmark | category:借金返済日記

Profile

Search

Entry

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode