JUGEMテーマ:借金返済
 

借金地獄からようやく抜け出した後に来る恐ろしいこととは?なんて、ちょっとおどろおどろしいタイトルですが、まあ、体験談として書いておこうかな、と。

 

債務整理して、特に自己破産の場合は免責が下りた途端に、ホッと肩の荷がおりたような気がしてしまいますね。

だけど、「借金が無くなった」だけで、生活再建はスタートしたばかりということなんです。

多重債務で精神的に追い込まれていると、最終的に決断した「債務整理」の手続きが終わっただけで、「借金地獄」から開放されたように思いますが・・・

なかなかどうして、債務整理しただけでは、お金の無い生活からは逃れられません。

だからと言って「債務整理はするな」と言っているわけではないですよ。

私も、多重債務時代から振り返れば、債務整理をした後は、ホッとしましたし、その後の平穏な生活を考えれば「債務整理をして良かった」と思えますから。

ただ、「債務整理」をするだけで、「生活が立て直せる」と思ったら大間違いということ。

借金が無くなったと言っても、マイナスからゼロになっただけですから、そこから這い上がらなくてはなりません。

今までは「借金返済の恐怖」と戦っていましたが、多重債務で、本当に「もうどこからも借りられない」状態になる前までは、普通にキャッシングとかできていたわけです。



それが、キャッシングはおろか、ローンも組めない状態で生活しなければならないのです。

借金を踏み倒したんだから当たり前」「自業自得」などいろいろな声が聞こえてきそうですが、その通りなんですよね。

だけど、いくら自業自得でも債務整理後も生きていかなくてはならない。

そうなった時に、「現金のみ」での生活、しかも一度破綻しているわけですから、債務整理した後にお金が残っているわけが無い

もしも残っていても、自己破産だとすべて取り上げられてしまう・・・などなど。

債務整理した後の問題は本当にたくさんあります。

あとは、税金や年金の滞納分を支払わなくてはならないとか。

債務整理後でも借りられるお金として、「生活福祉資金」がありますが、申請しても通らないこともあるとか。

スポンサードリンク



ただ、焦って「ブラックでもお金を貸します」とか「債務整理していても融資OK」などと言う金融業者からお金を借りてしまっては、多重債務になる前よりも事態は悪くなってしまいます。

公的資金は、生活保護も含めて検討してみる方が良いでしょう。

債務整理や自己破産は、借金に対しての法的な保護ということになりますが、その後の生活まで面倒をみてくれることは無いです。

むしろ、「借金を合法的に棒引きにできて感謝する」くらいの気持ちで居ないといけないですよね。

債務整理後も苦しい生活は続きますが、ここをどうくぐり抜けるか?でその後の生活が立て直せるかどうかが決まります。

今は借金を抱えていなくても生活が困難な時代。

 

「来年、消費税が10%になってしまったら、どうやって暮らしていけばいいの?」と不安になっている方。

 

「いや、その前から、生活費に困っていて、いつ生活保護を受けなきゃいけなくなるか、ハラハラしている」という方もいらっしゃるでしょう。

とにかく、自力でなんとかお金を作る習慣を付けたいものです。