スポンサーリンク
Home >> 債務整理を体験して >> 自己破産後は地元の信用金庫に口座を作ると良い?口座凍結対策も?

自己破産後は地元の信用金庫に口座を作ると良い?口座凍結対策も?

JUGEMテーマ:借金返済

 
自己破産だけは避けたい」、債務整理を決心しても、そう思う方がほとんどでしょう。

だけど、現実には自己破産を選ばざるを得ない方が増えてきているようです。

やはり、任意整理で、少しでも借金を返す方向に持って行きたくても、債務整理後の生活のことを考えると、残債を支払い続けるのは難しいですからね。

私も、ネット収入が少しは増えていたので、何とか支払えましたが結構厳しかったです。

だけど、「自己破産」をしてしまったら、もう立ち直れないかと言えばそうではありません。

身近に自己破産をした方を知っていますが、その後は何とか持ち直して、今は会社を起こして軌道に乗せられています。

確かに、「ゼロからのスタート」とは言いますが、本当に辛く厳しい道だったと思います。



ただ、本当に「ゼロからのスタート」なのか?と言えば、多重債務時代に残した税金の滞納分があったり一度破綻している家計を立て直すことを考えれば、「マイナスからのスタート」と言えるでしょう。

私も、まだまだ「生活を立て直している」最中で、本当はくじけそうになっていたことも何度もあります。だけど、何とか普通の暮らしができているだけ、幸せなんですよね。

スポンサーリンク

 


自己破産した方は、その後5年から10年はクレジットカードが作れなかったり、ローンが組めなかったりということがありますが、他の債務整理でも大きくは変わりません。

「金融ブラック」とか「金融事故者」という意味では同じですから。

それでも、やはり自己破産になると、クレジットカードが持てない期間が少し長くなるようです。

10年位を目安に考えた方が良いでしょう。

ただ、これも一概には言えないようで、「自己破産後5年でクレジットカードが作れた」という例もあるので、そう悲観することもないかと思います。

特に今は、消費者金融も経営難の時代ですから、ブラックでも貸してくれるところもあるようです。

ただし、条件が結構厳しいのである程度収入のある方向きとは言えますが・・・

いつも書いているように、「キャンペーンで大々的に宣伝をしているクレジットカード」や「女性をターゲットにしている大手スーパー系クレジットカード」などが作れる可能性も高いという情報があります。

キャッシング枠はゼロ」で申し込むというのが、裏技と言えば裏技かな?


DSCN0628.JPG / urbaning


この部分も「キャッシング枠が最初から10万付いてきた」なんていう方もいらっしゃいますから、「絶対に」ということではありませんが、かなり確率は高くなるでしょう。

他には、自己破産時にお付き合いしていた銀行系列のクレジットカードは2度と持てないと思ってください。

「絶対に」と言うことではないようですが、「ダメ」と思っていた方が賢明でしょう。

迷惑をかけたわけですから、仕方のないことですね。

大手の銀行や信販会社では、ブラックリストはデータベース化しているでしょうから、半永久的に保存されると思って間違いないかもしれません。

ここは割り切って、地元の信用金庫に口座を作って給与振込などで実績を作る、という方が良いと思いますよ。

 

もちろん、地方の信用金庫だからと言って、審査が甘いわけではありませんし、過去の個人情報はついて回ります。

 

だけど、より親密な対応が期待できますから、地道に預貯金を増やすところから始めれば、信用度がアップするのは早いかもしれない、ということです。

 

なにより、過去に迷惑をかけていない銀行であれば、実績も作りやすいということですね。

 

追記:迷惑をかけた銀行と言えば、債務整理の手続きをしている最中に口座凍結されることがあります。

たいていは、入金はできるけど出金や振込はできない、ということに。

私も焦りましたが、しばらくすれば、また使えるようになることもあります。

 

だけど、こんな時こそ、気持ちを入れ替えて、地元の信用金庫などにもう一度口座を開く、というのもアリでしょう。

心機一転、新しい金融機関でやり直す、ということです。

自営業の場合など、小回りが効くこともありますので、利用してみるのも悪くないかもしれません。


スポンサードリンク
lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理を体験して