スポンサーリンク
Home >> 自己破産のメリット・デメリット >> 自己破産者は賃貸契約を断られて一家離散になる、は嘘?

自己破産者は賃貸契約を断られて一家離散になる、は嘘?

JUGEMテーマ:借金返済

自己破産をして持ち家を処分してしまった。

または、競売に出されて処分されてしまった。

なんていう時、真っ先に思い出すのが「行くところも無くて露頭に迷う家族の姿」です。

昔「一家離散」なんていう言葉があったように、自己破産をして住む家も無く、一家がバラバラになることは珍しくありませんでした。

今はさすがにそこまでではないですが、持ち家があれば取り上げられるのは同じなので、その後の行き先を早急に決めなければなりません。



当座はなるべく家賃の安い賃貸に入るしか無いでしょう。

問題は、自己破産しても賃貸契約ができるのか?ということ。

自己破産者だけでなく、債務整理をしたり多重債務で借金返済が滞っていたりすると、賃貸契約を断られることがあるようです。

賃貸契約をする時に「保証人」が必要になるのですが、多重債務に陥った方や債務整理をした方にとって、たとえ賃貸契約とためでも、「保証人」を立てるのは難しいんですよね。

それで、少しお金を支払ってもその方がいいから、と「保証協会」に依頼することになると思うのですが・・・

たいていは信販会社などが関与していますから、審査時に「個人信用情報機関」に問い合わせることが多いようです。

となると、自己破産者だけでなく、個人信用情報機関に「事故歴」が載ってしまっている人は、断られる可能性が高い、ということになりますね。

実際に断れている人が、どのくらいの確率なのかはわかりませんが、断られた例があるのは確かです。

スポンサードリンク



確か、クレジットカードやローンの申請ではないのに「個人信用情報」を開示するのは、プライバシーの侵害にあたらないか、と一度問題になったようですが、その後どうなったのかはわかりません。

だけど、結局「保証人」が立てられない場合、「私を信用してくれ」では納得しませんから、このようなシステムになっているんでしょうね。

最近は、「家賃滞納トラブル」も増えているということで、大家さんもピリピリしているということもあって、少しでも滞納しそうな条件があれば、断られるかもしれません。

自己破産した場合など、持ち家を任意売却などして、賃貸住宅に引っ越すことも多いですから、賃貸契約の場合には、「必ず保証人を立てる」という気構えで居た方が良いでしょう。

賃貸物件を借りる時、あるいはお金を借りる時に困る「保証人探しを代行します」、という「保証人紹介ビジネス」とかもありますが、トラブルも多いですから、慎重に考えた方が良いです。

 

保証人紹介ビジネスについて

 

私は、一度保証人紹介ビジネスを利用して、ひどい目に遭っていますから。

理想としては、保証人不要の賃貸物件を探すことなのですが、少ないのが現状です。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:自己破産のメリット・デメリット