スポンサーリンク
Home >> 債務整理後のローン >> 自己破産後にクレジットカードが更新されることがある?

自己破産後にクレジットカードが更新されることがある?

JUGEMテーマ:借金返済

 

「自己破産後、すぐにクレジットカードが取得する裏技はないですか?」と聞かれましたが、数ヶ月以内ということだとすると、クレジットカードの取得はあり得ないですね。

 

自己破産後というのは、もちろん裁判所に申請した後ではなく、確実に免責がおりた後ということになります。

 

自己破産の場合、裁判所に申請してから2ヶ月くらいしてようやく「免責」の書類が送られてきますから、その後ということになりますね。

 

自己破産後にクレジットカードを取得できた例としては、最短でもやはり数年後、最長だと10年以上経っても取得できない例もあると聞いています。

 

そうなると「もっと早くクレジットカードが取得できる方法は?」と思うのも無理は無いかもしれません。

 

私が多重債務時代は、「多重債務者よりも自己破産者の方が融資が受けやすい」なんていう話もあったくらいです。

 

借金を何重にも抱えている多重債務者よりも、借金を整理した自己破産者の方がお金を返してくれる確率が高い、というわけですね。


 

だから、「ブラックでもOK」「自己破産者融資可能」という金融業社が、結構あったわけです。

特に中小の消費者金融が貸してくれていたようですが・・・

それも、総量規制以降と言いますか、この不況とも重なって、大手の消費者金融でさえ経営難に陥っているところもあるわけですから、今も存続しているかどうか、という状態でしょう。

多分、現在「ブラックでもOK」と大々的に言っているところは、「闇」である可能性が高いかと。

そんな中、自己破産直後にクレジットカードか送られてきた、という体験談を読みました。

「そんなことがあるの?」と思ったら、偶然が重なったと言うことらしいですけど。

スポンサーリンク

 


債務整理する時には、今借りている金融業社と持っているクレジットカードをすべて差し出すようになっているのですが・・・

ここで、仮にAさんと言う男性が居たとします。



「長い間利用してなくて、持っていることさえ忘れていたクレジットカード」があって、自己破産申請時に申告しなかった、ということなんですね。

で、その内更新の時期が来て、新しいクレジットカードが送られてきてしまった、ということ。

更新の時期に審査をしないクレジットカード会社もあるでしょうから、あり得ますけどね。

それでも、ビックリしたと思います。

だからと言ってそのまま「何事も無かったかのように」使ってしまっては問題になるでしょう。

どっちみちわかることですから。

もしかしたら、すでに利用できないようになっているかもしれません。

今の話を聞いて、「自己破産申請時に嘘をついてもばれないんだ」と思ったあなた。

結局どこかでバレるようにはなっていますし、嘘が発覚した場合免責は降りません

そんなリスクを冒してまですることでは無いですよね。

やはり、結局は債務整理してから数年待って、きちんとクレジットカードの申請を行うしか方法はないでしょう。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後のローン