JUGEMテーマ:借金返済

借金を多数抱えていると、「この借金はまとめた方がいいのだろうか?」と思うことがあります。

思うことがあると言うよりも、借金を整理しようとすると、まず最初に思いつくのが「おまとめローン」になるのではないでしょうか?

誰だって、借金の金額は少ないに越したことはないとわかっているのです。

だから、最初は10万円だけ借りて、でも、それだけでは足りなくなってきたから、また新たに他社から10万、そしてまた・・・という感じで増えてしまうんですよね。

本当は、最初から数十万借り入れをした方が良いのですが、少額のほうが借りやすいこともあり、「あちこちで借金をしてしまう」という方も多いでしょう。

で、「おまとめローン」を申し込みたいんだけど、今度は審査が厳しくなりそうで、とても自信がないということ。

だからなのか「一番審査のゆるいおまとめローンは何ですか?」という質問もよく見かけます。

まあ、「一番審査の甘い消費者金融は?」と聞かれた場合もそうなのですが、一概には言えないです。

では、「各金融業者で審査の甘い・厳しいという違いは無いのか?」と言われれば、やはり「ある」と言わざるを得ないでしょう。


こちらは甘いお菓子

ただ、やはり申込者の経済的かつ社会的な状況によって、かなり違ってくるということがあります。

あとは、申し込むタイミングというのも非常に大事ですよね。

キャンペーンを行っているクレジットカード会社は、審査が甘くなっている」という都市伝説のようなものがありますが、結局は「どうしても顧客を増やしたい時には審査は自ずと甘くなる」ということだと思います。

それでも、「これだけは」というチェックポイントは、各金融業者で設けているはずですから、多重債務者にとっては、どんなに審査が甘くても厳しい状態だ、と言わざるを得ません。

とは言え、時々「こんな条件の人が、よく大手のクレジットカードが持てたよね」というような事例もあることは確かなのですが、それは、もしかしたらそのカード会社が求めている属性に合ったケースなのかもしれません。

とにかく、クレジットカード取得よりも、借りる金額が大きくなる「おまとめローン」は、審査がより厳しくなるのは当たり前です。

スポンサードリンク


「多重債務救済」のように書かれていても、実際にはなかなか借りられない、というのが現状でしょう。

資産価値のある持ち家とかがある場合は、審査にも通りやすいのでしょうが・・・

おまとめローンと見せかけた悪徳業者の手口」という記事でも書いた通り、あまりにもスムーズに貸してくれる業者は、また疑わなければなりません。

「闇金融」またはそれに近いところと繋がっている可能性が高いですから。

 

今は「ソフト闇金」と呼ばれる、表からは正規の金融業者との区別が付きにくい悪徳業者も増えているので、余計注意が必要になります。

「まともな金融業者から借りているつもりがいつの間にか・・・」なんていうことになったら、取り返しが付きません。

 

相手は法律外で営業しているのですから、ある意味怖いもの無しなのです。

 

トイチ」と呼ばれる10日で1割の利息ならまだ良い方で、「トサン」(10日で3割の利息)なるものまであるということ。

 

10万円を10日借りただけで利息が3万円も付くなんて、もう開いた口が塞がらない、なんてもんじゃないです。

 

審査無しで誰でもお貸しします」とか「100%融資」と言葉巧みに誘ってくるので、判断力の鈍っている時には、こういった広告を「見ない」に限ります。

おまとめローン」を考えることは良いことなのですが、とりあえずは1社でも借入先を減らす、というところから始めた方が良いと思いますよ。