スポンサーリンク
Home >> 借金返済日記 >> 公共料金の滞納はどこまで大丈夫?

公共料金の滞納はどこまで大丈夫?

JUGEMテーマ:借金返済
 

多重債務生活も長く続けば続くほど、生活費の捻出すら困難な状況になり、公共料金も支払えなくなってしまいます。

実際に、私も数年にわたる多重債務生活で、電気・ガス・水道料金を滞納してしまったことがあります。

公共料金の滞納で一番怖いのが、「いつ止められるのか?」ということ。

特に、近年のように夏は猛暑で冬は寒い年にガスや電気が止められたら、すぐに命の危険を伴いますよね。



まあ、私も担当者ではないので、はっきり「ここまでは大丈夫ですよ。なんて書けないのですが、体験談として書かせていただきます。

多重債務時代もですが、債務整理しても直後とかは本当に生活が苦しいんですよ。

冗談じゃなく「明日の食べる物にも困る」状態が続いたことを覚えています。

そうなると、ライフラインである電気・ガス・水道などの公共料金も支払えない、なんていう状況に陥ってしまいます。

ましてや、国民健康保険などの税金はもっと支払えないですよね。

本当は、早い時期に公的資金に頼るなどすれば良いのですが、私もお勧めしながら、なかなか行けないでいました。

「とにかく、今月を乗り切ればなんとかなるんじゃないか?」

「もうひとつ仕事を増やせば、収入も増えるし」

という考えで、とにかく1ヵ月だけ滞納して次の月から支払おう、と思うんですね。

酷い時には、「ブラックでも貸してくれるところ」とか探して、そのお金で支払おうと思ったり・・・

スポンサードリンク

 


今となっては、それはしないで正解だったと思います。

それでも、ネットで検索すると、「ブラックでもお金貸します」的なサイトも多いので、ついふらふらっと借りてしまいそうになりますよね。

そこはやはり思いとどまるべきです。

公共料金の中でも、一番厳しいのは電気料金かな?

私の場合は1ヵ月も待ってくれなかったですね。

 

というか、ちょうど1ヶ月くらいで直接督促されたんですよ。

 

これも、地域によって違うと思いますが。

あと、ガス料金に関しては、都市ガスではないので、供給してくれるガス会社に拠ると思います。

プロパンガスの場合は、会社によって料金にも差があるほどですから、対応も違うでしょうね。

うちの場合は、最初は2ヵ月とかでも大丈夫でしたが、最近は少し遅れただけでも催促が来ます。

もしかしたら、ブラックリストに載ってしまったかも。

今はきちんと支払っていますが、当時は、ちょうど滞納したのが寒い冬の時期だったので、「今ガスを止められたら終わりだ」と怯えていました。

水道は1ヵ月くらいは大丈夫みたいですね。

とは言え、結局は滞納してしまうと、どんどん支払い金額が増えてしまうわけですから、早いうちに対処することをおすすめします。

今後はどんどん厳しくなりそうですし・・・

税金に関しては、滞納していても生活に支障はないと思ってしまいますが、「差し押さえ」などの件数は急増しているみたいです。

ある日突然「差し押さえ」されないためにも、早目に役所の窓口で相談された方が良いと思います。

いつも書いていますが、多重債務で公共料金すら支払えなくなったら、やはり債務整理を考える時期でしょう。

 


スポンサーリンク

lalaco257 | - | - | pookmark | category:借金返済日記