スポンサーリンク
Home >> 生活福祉資金は借りられる? >> 生活福祉資金はおまとめローンには利用できない?

生活福祉資金はおまとめローンには利用できない?

JUGEMテーマ:借金返済

「お金を借りる」ということ。

これは、本当によく考えて、よっぽどじゃないとしてはいけないことなんだと思わなきゃいけないんですよね。

「何を今更」と言われそうですが、クレジットカードでのキャッシングやローン契約があまりにも簡単になってきた今、どうしても「借りるのが当たり前」になってくるのです。

多重債務になると、借金をするということに慣れてくるというか、麻痺してしまうようになるので、こうなるともう病気と言えるでしょう。

多重債務や債務整理でブラックになった場合、本当にどこからも借り入れできなくて途方にくれることがよくあります。



借金をしたことがない方にとっては「まだ懲りないのか」と思われそうですが、お金が無いと実際に生活していけないのです。

少しでも収入を増やしたいと思っても、とにかく「明日食べるものを買うお金もない状態」が続くわけですから、「手っ取り早くお金を借りる」ことしか思いつかないんですよね。

だから、パソコンや携帯で、一生懸命「ブラックでも借りられる甘い金融業者」などと検索して、とにかく少額でも借りられないか?と藁をもつかむ気持でいるわけです。

私も同じような状態になったので、気持はわかるのですが、やはりそんな究極の状態になる前に、公的資金を借りる相談をした方が良いでしょう。

一般的なものだと、生活福祉資金ですね。

書類を出すだけで、あとは審査にさえ通ればお金を貸してくれる民間の金融業者と違って、手続きは煩雑と言わざるを得ませんが、ここは腰をすえてチャレンジするつもりで申し込みましょう。

ただし、金利が安いあるいは無利子だからといって、「おまとめローン」のような使い方はできません。

多重債務で数社からの借入れがすでにある場合は、まずは「債務整理をしてから」と言われることが多いでしょう。

「お金を貸す」ことが目的ではなく「セーフティーネット」として、本当に生活に困っている人を助けることが目的なので、「とりあえず借りておこう」では却下されると思います。

あくまでも「生活を立て直すまでのつなぎ資金」ということなんですよね。

スポンサードリンク



だから、「現在いかにお金に困っているか」をアピールすることも大切ですし、「借りたお金は確実に返す」という心構えも審査の対象になります。

もし審査に通れば、単身世帯で月15万円以内、二人以上の世帯では月20万円以内のお金を最長1年借りられるので、当座の資金としては何とかなるでしょう。

返済期間は20年以内で、最初の半年は返済猶予期間が設けられています。

とにかく、半年間は返済もないので、なんとかしのげますよね。

実際、この金額以下の収入で暮らしている世帯も数多くいらっしゃると思うので、これだけあれば充分とも言えるでしょう。

とは言え、「借りたお金は返さないといけない」ので、自信のない方は「生活保護」という選択肢もあります。

生活保護に関しては、いろいろな問題が浮き彫りになっていますが、もしもの時に頼れるセーフティーネットがこれしか無いんですよね。

 

何も、安易な気持ちで公的資金や制度にしがみつけ、と言っているわけではなく、生きるか死ぬかの選択になったら?ということ。

要は、「苦しい時にどうにかしてでも生き延びる」手段として考えるのが大切なんです。

諦めてしまっては何もできません。

「もうダメかな」と思ったら、何とか次の日まで生きてみよう、と思う。そして、その次の日も・・・

諦めない気持が「運」を連れてくることだってあるのです。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:生活福祉資金は借りられる?