スポンサーリンク
Home >> 自己破産のメリット・デメリット >> 自己破産しても生活が苦しいって本当?

自己破産しても生活が苦しいって本当?

JUGEMテーマ:借金返済

自己破産をすれば、ご存知のように借金返済の義務からは逃れられます。

だから、多重債務の時には「自己破産をしたら人生は終わりになるかもしれないけど、もしかしたら、今よりも生活が楽になるかもしれない」という気持があるのは確かです。

人生が終わる」というのは、生きるか死ぬかということではなく、もう「陰の存在になってひっそりと生きていくしかない」という諦めですね。

社会的にも阻害され、家族や親戚にまで被害は及ぶと思っていました。

芸能界でも、自己破産をしている方はいらして、それぞれ、その後は幸せにくらしていらっしゃるケースもあるのですが、どうしても悲観的に考えてしまいます。

あっ、大場久美子さんはご結婚もされてお幸せそうですよね。



実際に自己破産を経験した方に聞いても、実際は他の債務整理を経験された方と、そう大差はないのですが・・・

少なくとも、家族や親戚に被害が及ぶことはほとんどなく、その気になれば、家族にすら内緒で債務整理をすることも可能です。

それでも、経験したことのないことだし、世間的にも「自己破産をしたら終わり」という風潮がありますからね。

私の場合は自己破産ではなかったですが、債務整理後は、やはり「自分で作った借金をきちんと返すことができなかった」という自責の念にさいなまされたのは同じです。

それでも、毎日「明日は○○の返済日だけど、お金はどこから借りようか?」という心配が無くなっただけでも、精神的にはかなり楽になりました。

だけど、生活はなかなか楽にはならないんですよね。

毎日「この借金さえなければ」と思っていた支出がなくなったはずなのに、全くと言っていいほど、生活は苦しいまま。

考えてみれば、すでに生活は破綻していますから、「ゼロからのスタート」というよりも「マイナスからのスタート」なので、なかなかスタート地点にさえ、たどり着かないのかもしれません。

多重債務生活が長ければ長いほど、その後の生活の立て直しが難しいと思います。

いつも書いていますが、私もあまりの苦しさから、何度「闇でもいいからお金を貸してくれるところはないか?」「審査の甘い金融業者がどこかにないのか?」と何かにとりつかれたかのように探したこともあります。

そんな時に、タイミング良くというか悪くというか、闇金融と思われる金融業者からDMが届くのです。

スポンサードリンク


「100%融資OK」とか「ブラックでも20万お貸しします」などなど、あまーい言葉で誘惑してくるので、ついふらふらっとなってしまうこともあるでしょう。

だけど、「闇金融」から借りてしまえば、「生活再建」自体不可能に近いものになってしまいます。

そこは、やはり「我慢」しなければいけません。

本当に「あの時、よく生きていられたな」と言うくらい生活が苦しい時もありましたが、なんとか一晩を越えられ、そしたら次の夜も・・・という感じで1日を乗り越えていけば、何とかなるものです。

私の場合は、幸い副業がありましたが、「なんとしてでも生きていく」と思えば、大事なところでは、救いの手が差し伸べられることもあります。

なければ、生活福祉資金のような公的資金に頼ることも考えた方が良いでしょう。

生活保護という手段も、視野に入れた方が良い場合もあります。

要は、諦めないでなんとかしようとする気持があれば、運も付いてくるということ。

気休めで言っているのではなく、自分が体験したことなので、そう言えるのです。

lalaco257 | - | - | pookmark | category:自己破産のメリット・デメリット