スポンサーリンク
Home >> 債務整理体験談 >> 自己破産したら官報に載るから一生クレカは作れない?

自己破産したら官報に載るから一生クレカは作れない?

JUGEMテーマ:借金返済
 

 

 

自己破産したら一生クレジットカードは作れない?

 

破産したらクレジットカードは一生持てない」というのは、正解でもあり誤解でもあります。

ただ、「自己破産したら、もう二度とお金を借りたりローンは組めない」くらい思っていた方が、その後の生活はうまく回るような気がします。

実際には、ある程度の年月が経てば、また持てるようになります。

ただ・・・

自己破産前とは状況が違ってくるので、そうすんなりと審査に受かるものではない、ということは覚悟しておいた方がよいと思います。

私は、自己破産したら一生ローンは組めないしクレジットカードも持てない、と多重債務時代に本気で思っていました。

そして、それは仕方のないこととも。

考えてみたら、「必ず返しますから」と約束をしてお金を借りたのに、返せなくなったわけですから、一生ローンが組めなくても文句は言えません。

とは言え、現代社会で生きていく中で、「一生ローンが組めない」というのは、通常の社会生活が送れないことでもあるのです。

クレジットカードに関しても、いまやクレジットカードなしでは、社会的に信用もされませんし、クレジットカードでしか支払えない仕組みになっているものも数多くありますよね。

「クレジットカード払い」だけを取り出して考えれば、ブラックでも自己破産していても持てる「VISAデビットカード(またはJCB)」があるので、一括払いの場合は、何とか対処できます。

問題はローンなんです。

これは、自己破産の場合は免責後5年から10年経たないと、もう一度申し込むことはできません。

スポンサードリンク



でも、物は考えようですよね。

自己破産したら、一生クレジットカードは持てないし、ローンも組めない」と思っていたとしたら、何年後であっても、「もう一度持てる可能性がある」ということは、闇の中の一筋の光のように感じませんか?



まあ、ちょっとオーバーですが・・・

それでも、何とかやり直せるんだ、と思うと希望が見えてきます。

自己破産の場合は、「個人信用情報」から「事故履歴」が抹消されるまでにも5年から10年かかる、と言われています。

いわゆるブラックリストと呼ばれるものですが、これって各個人ごとの情報なんです。

「借金を返せなかった人のリスト」ということで、個人名がズラズラ並んでいるイメージがありましたが、そういったものは存在しないということ。

ただ、各銀行や信販会社には、ブラックリストのようなものは存在するとは言われています。

この「個人信用情報」は、全国銀行個人信用情報センター (KSC)、株式会社日本信用情報機構 (JICC)株式会社 シーアイシー (CIC)という信用情報機関に行って、自分の個人情報開示を申し込むことで見られます。 

債務整理をしてから、早い人で5年、遅いと10年かかると言われているクレジットカード再取得についても、まずは事故履歴が消えてから、ということになりますね。

自己破産の場合は、やはり10年と思っていた方が良いでしょう。

 

自己破産したら官報にも載る?

 


当然 官報にも載ります。

 

※官報とは国の機関紙で、自己破産した場合、各市町村の掲示板にピン留めされた書類も、一定期間さらされることになります。

とてつもなく長いですが、その間は、じっと耐えて、現金生活でしのぐしかありません。

それと、迷惑をかけた銀行とその系列の信販会社とのお付き合いも、ほぼ一生できないと思っておいた方が良いでしょう。

その間も一度は、「ブラックでも借りられる消費者金融」とかを探すことになるのでしょうが、思いとどまった方が良いと思います。

やはり、公的資金に頼るしかないのかな。

これも、なかなか手強い制度ではありますが。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理体験談