スポンサーリンク
Home >> 債務整理後のローン >> 自己破産後何年経てばクレジットカードが作れる?

自己破産後何年経てばクレジットカードが作れる?

JUGEMテーマ:借金返済

自己破産したら、しばらくはローンを組んだりクレジットカードを持つことはできません。

 

これは、すべての債務整理に共通することです。

中でも自己破産は一番社会的制裁も重い分、期間も長いのは当たり前。

自己破産後何年でクレジットカードが作れるか、ということについてですが、これはケースバイケースです。

すでに何度か書いていますが、自己破産に限らず、債務整理をすると「金融事故履歴」が「個人信用情報」に記載されますので、クレジットカードの取得やローンを組むことはできません。

特に、借金をすべて帳消しにしてしまう自己破産については、ローンなどが組めない期間は一番長いとされています。

「では何年経てば良いのか?」ということですが、通常「個人信用情報」に「事故履歴」が記載されているのが5年〜7年とされています。

 

「10年経たないとダメ」という情報もありますが、まんざら嘘ではなく、「そのくらい経たないと安心してクレジットカードの申請ができない」ということでしょう。

ただ、それぞれの金融機関では、独自の「ブラックリスト」とも言うべき、「個人の信用情報」について保管されているわけです。

そのブラックリストについては、「いつ抹消されるのか?」「もしかしたら一生付いて回るのか」は明らかにされていません。

各金融機関によってマチマチでしょう。



よく言われているのが、「ローンを組んでいたり迷惑をかけた大手信販会社や銀行からは、一生お金が借りられない」ということ。

まあ、これは当たっているでしょうね。

債権者側の観点から見ると、「もう一生お付き合いしたくない」というのが当たり前ですから。

ダメマークを出している若い女性

考えてみれば、お金に関する信用を完全に裏切った形ですから、仕方のない事です。

それでも、消費者金融や外資系銀行なら、少しは脈があるようです。

とは言え、「ではどこからももう借りられないのか?」なんて落胆してはいけません。

実際に、自己破産から5年しか経っていないのに、クレジットカードが作れた例はあるのですから。

スポンサーリンク



ただし、その方の年収や勤務先、勤務年数などによって、かなり差が出てくるようですし、平均的な数字を見ると、自己破産後7年から10年経ってから取得できたという方が多いという事実もあります。

いずれにしても、「ブラックでなくなった」時点で、すぐにクレジットカードが作れたり、ローンが組めたりすることは少ないようですが、希望は捨てないようにしたいものです。

みなさんの体験談を見ると、「自己破産後7年くらいで、ショッピング系など審査の甘いと言われているクレジットカードを、キャッシング枠ゼロで申請する」という方法で、クレジットカードが取得できたと例をちらほら見かけます。

この「キャッシング枠ゼロで」というのはかなり有効だということ。

確かに、すぐにお金を借りようとするというのは、生活を立て直すためにも邪魔になることなので、少しづつ信用度を上げていくにも好都合というわけです。

 

誤解して欲しくないのは、「自己破産後何年経ってもクレジットカードやキャッシングの審査に受からないこともある」ということ。

 

徳を積まないと良いことはやって来ないのと同じで、債務整理後に信用を積みあげる努力を怠れば、何年経っても審査には落ちますから。

結局は、お金を借りることから離れ、「絶対にやり直すんだ」という気持ちを持つことが大事なんですね。 


lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後のローン