JUGEMテーマ:借金返済

ブラックでも自己破産者でもOKの金融業者を見つけました」という記事を発見!

うん?今度は、信頼できる情報なのだろうか?と思いましたが・・・

このサイト、書いてあることを信用すれば、「実際に自己破産でブラックになった私が、あちこちの金融業者に申し込んでみて、融資OKになったところをご紹介しています」ということでした。

情報自体はそう古くは無いようですが、「借りられました」と書いてある金融業者は、あまり聞かなくようなところでした。 

まあ、だいたいが「ブラックでもお金を貸してくれる」という時点で、大手の金融業者ではあり得ませんから、中小の名の知れない金融業者ということになりますね。

この方は、「10万程度の小口なら借りられた」ということでした。

金融業者2社から10万と10万で合計20万借りられたそうですが、その後のことが書いていないんですよね。

「借りられた」のはいいんだけど、金利とか、その後の対応とか。

ブラックの人たちにとっては、「それが知りたい」んですけど。

知りたい-聞き耳を立てている女性

ただ、私が以前ひっかかりそうになった「おまとめローン」の会社に似ているな、という感想を抱きました。

ホームページもちゃんとあるし、きちんと営業している感じはします。

しかも「悪徳業者注意」ということまで書かれていました。

だから、「闇金融」ではないな、とは思うのですが・・・

きっと「この人は返せる」という判断がつけば、通常の消費者金融のように、利息も10%代くらいで貸してくれるのかもしれません。

ブラックだとしても、もともとは収入が多い人や勤続年数が長い人、公務員の人、持ち家で担保となる資産があるなど好条件があれば、そのまま貸してくれるのかも。

だけど、少しでも「危ないな」と思えば、保証人を立てることを請求されるでしょうね。

しかも連帯保証人を。

スポンサーリンク



連帯保証人と言えば、本人がお金を返せなくなったら、ほぼ100%その人のところに債務責任が回ってしまうのです。

そんなリスクのあること、誰かに頼めないですよね。

 

頼めないし、引き受けてくれる人なんて居ませんよ、今の時代は特に。

で、それもできない場合は、闇金融に近い金融業者を紹介されるかもしれません。

私が「おまとめローン」を申し込もうとした金融業者は、そうでしたから。

すべての金融業者が信用できないとは言いませんが、少なくとも「ブラック」の人にわざわざお金を貸そう、という金融業者はどうなんだろう?と思いますよね。

ただ、その時には、ものすごくお金に困っているわけですから、「神の助け」のような気がして、飛びついてしまうのですが・・・

とにかく、「ブラックでもお金を貸してくれる業者」を見つけても、すぐには飛びつかないで、口コミ情報を調べたり、「お金を借りないでなんとかできないか」を真剣に考える必要があります。

「お金を作る」と言っても、大金じゃなければ、今はネットオークションに手持ちのものを出品するだけでも、少しはお金になりますから。

 

ブランド物を持っている場合には、スマホで写真を撮って送るだけで、買い取ってもらえるサービスまでありますよね。

 

そういう意味では、良い時代になったものです。

短期のアルバイトや日雇いという方法もあります。

ブラックになってしまったら、「お金を借りる」という選択肢は、最後の最後までとっておくことが望ましいでしょう。