スポンサーリンク
Home >> こんな消費者金融は危ない >> お金を借りるための裏情報は信じられるの?

お金を借りるための裏情報は信じられるの?

JUGEMテーマ:借金返済

ブラックでもお金を借りるための裏情報」なるものは、ネットにはたくさんあります。

中には、個人間での融資が受けられるサイトも。

まあ、これはすべてがいかがわしいわけではないのでしょうが、「個人です」という大義名分で、巧みにヤミ金と思われる金融業者も入り込んでいることが考えられますので、参考にする程度に留めておいた方が良いかもしれません。

そんな中、「どうしてもお金を借りたいので、ブラックでもお金を借りる裏技を教えてください」という方がいらっしゃいます。

何でも、お子さんがご病気だとのこと。

ご主人は失業中で、ご自身もお子さんが居るので働けないという。

しかも、債務整理をしたばかりだそうです。

身につまされる話ですよね。

だけど、私もそうでしたから言えるのですが、やはり、そんな究極に切羽詰った状態の時に、またお金を借りてしまったら、どうしようもなくなります。

「今はお金がないけど、これから一生懸命働けば、返せるようになるんだ」という希望を持つことは悪いことではありません。

だけど、「生活を立て直す」前に、また借金をしてしまっては、元も子もないんです。

確かに、「明日食べるものを買うお金もない」なんていう時には、「返済できるかどうか」なんていうことをあまり考えずに「お金を借りる」という行動を取ってしまいます。

お金がなければ、生きていけませんからね。

まあ、本当は生活保護を受ける状態だとは思うのですが、なかなか相談に行く勇気がなかったり、「全く働けないわけではないから」という理由で、行くことをためらいます。

スポンサードリンク


それはそれで、「お金がない」→「じゃあ、生活保護の申請をしよう」なんて安易に国に頼ってしまうよりも賢明なのだと思います。

生活保護のことは、今社会的な問題にもなっていますから。

ほとんどの方は、こう思うでしょう。「とにかく、今少しでもお金を貸してくれたらなんとかなる」と。

ただ・・・

実際問題として、今、民間の金融業者で「債務整理してブラックになっている人」にお金を貸してくれるところは、ほとんどないと言っていいと思います。

少し前まではあったようですが、今やほとんど姿を消していますから。

積極的に「ブラックの方にもお金を貸します」なんて言っているところは、残念ながらヤミ金融か、繋がっている金融業者でしょう。

だから、1年くらいの猶予期間を設けた、「お金に困っている人向け」の貸付があれば良いと思うんですよ。

本当にお金が無いかどうか見極めるのが大変なのかな、とも思いますが、「返す気があるかどうか?」を判定することができれば、業者も貸してくれるのではないかな?

結局債務整理した人は、財産まで調べられるわけだから、司法書士や弁護士の方が書いた書類を持っていくとか。

債務整理した人は、結局は自業自得という考えが世間一般の方々の根底にある限りは、実現しないでしょうね。
 

ただ、「一生懸命働いていても、最低限生活に必要なお金すら手に入らない」という人が現実に居るということが問題なんですよね。


スポンサードリンク
lalaco257 | - | - | pookmark | category:こんな消費者金融は危ない