スポンサーリンク
Home >> ブラックでも作れる >> 自己破産者でも貸してくれる令和の最新情報を探す?

自己破産者でも貸してくれる令和の最新情報を探す?

JUGEMテーマ:借金返済

債務整理をしてもたとえ破産していても借りられる消費者金融を探している方が、日に日に増えているように思います。

特に、「最新情報」とか「2019年令和の情報」を探している方が多いです。

ネットで検索して得られる情報って、新しいものばかりではないですから、時には数年前の情報も。

となると、金融業者自体潰れている、ということもありますし、昔はブラックでも貸してくれていたけど、今は貸してくれないというところもありますから、新しい情報が欲しいというのもわかります。

「借金を棒引きにしてもらって、何が苦労だ。笑わせるんじゃない」と言われそうですが、「自業自得」はわかっていても、債務整理したところで生活がすぐに立て直せるわけではないのです。

社会の底辺とは言わないまでも、なるべく目立たないように質素に暮らしていくつもりなのですが、どうしても「生活が苦しい」状態から抜け出せない。



「少しでいいから、お金を貸してくれないだろうか?」と思ってしまうのです。

私も、今でこそ、なんとか副業収入で、必要最低限の暮らしは確保できるまでになりましたが、債務整理直後の生活の苦しさと言ったら、もう人様には言えないような有様でした。

ブラックでも貸してくれる金融業者」は、常に探していましたし、情報も求めていました。

その頃は、まだ正規の消費者金融で金利もグレーゾーン以下で貸してくれるというところはありました。

ブラックでも自己破産者でもOKなのですが、保証人を立てられないと、保証料を取られることが多く、当時はそのお金さえ用意できなかったので、諦めました。

借りられる金額もそう多くなく、10万円がやっとというところなのですが、「明日食べるものを買うお金もない」という方にとっては、5万でも10万でも貸してくれれば嬉しいですよね。

こういった金融業者の中でも、正規の金融業者だと、やはり審査は厳しくなります。

スポンサードリンク



「債務整理をした」とか「自己破産者である」ということは問いませんが、今の年収や勤続年数などの基準は大手消費者金融並みに高くなるでしょう。

そして、借りたお金をきちんと返していれば問題はないのですが、滞納してしまうと「取立て」が厳しいことが多いです。

と、こんな感じでしたが、今思うと借りなくて正解だったですね。

結局、生きていくだけで精一杯だったのに、新たに借金を増やしてしまっては、もう元に戻れなかったでしょうから。

まあ、こういった中小の消費者金融も、今や姿を消したところも多く、現在では、「ソフト闇金融」などがその代わりになっていると言った状況だと思います。

昔よりも今の方が、闇金融との線引きが難しいとも言えるでしょう。

本当に困っている時に、少しでもお金が借りられれば、「地獄に仏」と飛びつきそうになりますが、やはり今一度よく考えた方が良いと思いますよ。

付け焼刃ではありますが、「すぐにお金を作る方法」もありますから。
 

それは、いつも書いているオークションやリサイクルショップで不用品を売るということや、日払いバイトなどで即金を手に入れるということです。

 

他にも、さまざまな方法が考えられますので、数万円ならなんとかなるでしょう。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:ブラックでも作れる