JUGEMテーマ:借金返済
 

「任意整理後に、債務を完済したのにクレジットカードが作れない」というのはどうしてなのでしょうか?

 

債務整理の中でも、自己破産の場合は「借金を棒引きにしてくれる」ということがあるので、その後のローンについては組めなくなっても仕方がないという考えはあります。

例えすべての資産を取られても、文句は言えないですから。

だけど、任意整理や個人再生など、たとえ少なくなったとは言え借金を返済していく債務整理については、「支払いが終われば、ブラックでなくなるのでは?」と思ってしまう傾向にあります。

私もそうでしたからお気持ちはわからないもないですが、やはり債務整理した事実は同じです。

クレジットカードやローンに関する契約に違反したことには変わりないということ。

きっちり支払い期日にお金を返し、口座振替の場合は不足がないように入金しておく、ということを怠ったということには変わりはないです。

まあ、怠ったというよりは、「支払いが不可能になった」というべきなのでしょうが。

だから、任意整理や個人再生で借金の支払いが終わっても、「ブラック」である事実は消えないのです。

個人信用情報機関に事故履歴が記載されている、5年から10年の間はクレジットカードは原則作れないということになります。

任意整理の場合だけを考えれば、やはり自己破産よりはペナルティーは軽いと思いますけどね。

実際に、銀行での「ブラック顧客」としての扱いも、自己破産よりは緩くなると考えても良いでしょう。



自己破産で、さらにその銀行で住宅ローンでも組んでいようものなら、口座すら凍結されることも。

また、もう一生その銀行とはお付き合いさせてもらえない、と考えた方が良いと言われています。

そのくらい厳しいんですよね。

当たり前ですが。

スポンサードリンク



だからと言って、任意整理だから「借金完済したから、すぐにクレジットカードが取得できる」というほど甘くはないです。

債務整理した、という事実は、やはり社会的信用を無くすことでもあるのです。

だけど、「どうせ債務整理したんだから」とか思ってしまっては、自分の人生を自ら潰すことになってしまいます。

自己破産しても、数年後には成功されている方もたくさんいらっしゃるわけですから、「どん底から這い上がる」チャンスは、誰にでも用意されているのです。

私もこれからですが、少しづつ収入を増やす努力はしています。

結局、「個人信用情報」の事故歴が抹消されたとしても、その後の収入や勤続先などの情報によって立ち直る速さも違ってくると思うんですよね。

正社員の口がなかったとしても、アルバイトとして働きながら、少しでも収入を増やしていくしかないんだと思います。

一歩づつ確実に歩くことによって、お金に対する信用も回復するということです。