スポンサーリンク
Home >> 債務整理後の生活 >> 自己破産後のお金の悩みを解決するには?

自己破産後のお金の悩みを解決するには?

JUGEMテーマ:借金返済

債務整理後、特に自己破産後の生活というと、安アパートの破れた障子、薄汚れたたたみの上で1家四人が生活している図を思い浮かべます。

今はそんな人は少ないでしょうが、経験上はまあ似たようなものです。



債務整理後の生活というのは、やはり経験した人にしかわからない部分があると思います。

「気持ちが楽になった」というのは多少ありますが、「借金が無くなってホッとした」というのは少し違うような気がします。

言ってみれば、泥沼でもがいている時に浮き輪か何かを投げ込んでくれたような感じ。

とりあえずは、「安心できる場所」が手に入ったけれど、じゃあこれからどうするの?というところでしょうか。

ただ、多重債務のままでいれば、どんどん泥沼の深みにはまっていくしかない、と考えれば救われたと言っても良いでしょう。

それでも、自分の中では多重債務時代の辛くて苦い経験から脱出して、なんとか生活を立て直すんだ、という強い気持ちを持つように努力はするわけです。

何か後ろから押してくれるような強い力の存在がないと、とても債務整理という最初の一歩は踏み出せないでしょう。

だから、さまざまな困難があっても、なんとか前に歩いていくことができるんですね。

ただ、常にネガティブ思考と隣り合わせというのは感じていました。

多重債務から債務整理への道というのは、人間の自信をこんなにも無くしてしまうものなのか、と正直ゾーッとするくらいです。

まずは、お金の問題

お金が無いということは、最初のうちは「大したことではない」と思えるのですが、生活するのに必要なものも買えなくなると、ものすごくみじめな気持ちになります。

そうすると、他人から言われた何気ない一言でも、「自分をバカにしているのではないか」と思えてしまうことも。

そうなると、人間不信にさえ陥ってしまいますよね。

「お金が無い」ということで、「自分は価値のない人間だ」と思ってしまうこともあります。

スポンサードリンク


債務整理をすると、借金の重圧からは逃れられますが、「借金を棒引きにしてもらった自分は情けないヤツ」と自己嫌悪に陥ってしまうのも確かです。

実際には、そんな感傷に浸っている暇もないくらいに、生活に追われてしまうのですが・・・

「ブラックでも借りられるところ」とか「自己破産していても借りられる消費者金融」を探しまわったり、少しでもお金にならないかと、オークションに出品したりと。

結局は、「お金を借りる」選択肢よりも、「お金を作る」ことに一生懸命になった方が得策なんですけどね。

すぐにお金を作る方法

どうしても最初は「どこかでお金を貸してくれないものか」と思ってしまいます。

そして、実際に債務整理をしてもお金を貸してくれる金融業者も皆無ではないのです。

ただ、条件が厳しくなったり公正証書の作成を義務付けられたりと、かなり敷居は高くなってきます。

また、いつも書いているように、「闇金融」との境目が難しいのも確か。

私も、少しは自分でお金を稼ぐことができるようにはなりましたが、まだまだネガティブ思考からは抜けだせません。

もしかしたら無理に抜けだそうとせずに、自分の出来る範囲で「お金を稼ぐ」ようになる方が良いのかもしれません。

ネットにも溢れている「お金儲け」の話に、誰でも一度は心動かされると思いますが、そんな時には、一度失敗しているからこそ、「一番遠くて面倒くさそうな方法」を試してみるのが、結局は近道だったりします。

lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後の生活

Profile

Search

Entry

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode