スポンサーリンク
Home >> 債務整理後の生活は苦しい >> 自己破産したら自営業は廃業するしかない?

自己破産したら自営業は廃業するしかない?

JUGEMテーマ:借金返済

債務整理をした場合、サラリーマンの方なら勤めさえ辞めなければ、お給料が減らされるわけでもなく、そのまま普通どおりの生活が続けられるでしょう。

まあ、自己破産ともなると、精神的な傷の痛みは抱えることになるでしょうが、それでも変わらない収入があるということは心強いと思います。

自営業者の場合、ほとんどが自営の業績悪化のために自己破産することが多いので、経済的な破綻イコール経営の破綻でもあるのです。

自営業

私もそうでしたが、債務整理を決める直前まで、自営の業績は落ちていく一方で、借金だけがどんどん膨れ上がっていくという。

まるで収入と借金が反比例しているような・・・

一度赤字になってしまうと、それを補填するためにまた借金を重ねてしまう、そのうち運営資金どころか、生活資金までも無くなってしまうんですよね。

自営業だと、お金を借りる場合、どうしても金利の安い銀行からの借入は断られるケースが多いので、泣く泣く金利の高い消費者金融に頼ることになります。

業績も良く、きちんと借金を返せている時はまだ良いのですが、だんだんこの高い金利がネックになり、そのうち利息の部分しか返済できないような状況になってしまうんですね。

そうなると、もうそこからは元金がまったく減らない状態。

返しても返しても借金は減らないという、底なし沼のような日々が始まるのです。

そんな生活から逃れようと、自己破産を選ぶというケースがほとんどだと思うので、どうしても自営業は廃業せざるを得ないということになります。

うちの場合も、夫が働きに出て、私が細々と自営の仕事とネットでの仕事を両立させていました。

スポンサードリンク



自営と言ってもさまざまな職種がありますが、店舗を構えていらっしゃる場合、ご自分の土地にお店を立てて営業していれば、個人の財産とみなされ、土地も店舗も売りに出されてしまいます。

何度か書いていますが、その他のものについても、個人名義で所有している車やお店の什器など、もし20万円以上の価値があれば、処分して債権者に分配されることになるのです。

となると、やはりそのまま自営の仕事を続けていくのは、困難だということですね。

「自己破産したら、自営は絶対に辞めなきゃいけない」なんていうことは無いのですが、廃業になるパターンが多いということです。

だからと言って、「もう終わりだ」と悲観してしまっては、一歩も前に進めません。

一時期アルバイトやパート勤めをしてお金を貯めて、また新たなスタートを切るつもりで頑張りましょう。

私も、まだ立ち直る途中でもがいている最中ですが、ネットでの収入でなんとか繋いでいられます。

 

「お金が貯まれば、また元の仕事に戻れる」と思えば、アルバイトも辛くないですよね。


スポンサードリンク
lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後の生活は苦しい

Profile

Search

Entry

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode