スポンサーリンク
Home >> こんな消費者金融は危ない >> ブラックでも即金で借りられるは信用できる?悪徳業者の見分け方

ブラックでも即金で借りられるは信用できる?悪徳業者の見分け方

JUGEMテーマ:借金返済

世の中不況で、何となく宙ぶらりんで先の見えない時期。

みんなが不安な気持ちの中、多重債務や債務整理後の生活苦を抱えている方は余計不安ですよね。

どうしてもお金の工面に困り「ブラックでも即金で借りられる」ところに走ってしまうのもわかります。

だけど、実際にあるのでしょうか?

とにかく、信用できる情報は少ないです。

多重債務時代や債務整理中に、よく「ブラックでもお金を貸してくれるところ」をネットで探し回っていました。



そうすると、たいていは同じような名前の消費者金融が書かれていることに気が付きます。

「ここはブラックでも自己破産者でも貸してくれますよ」という記事を読むと、数社借りられそうな消費者金融の名前が書いてあるのですが・・・

だいたい似たようなところを紹介していたりします。

すべての金融業者が悪徳というわけではないのですが、やはり中には問題があるような業者も含まていることもあります。

だいたい「ブラックでも借りられる金融業者」ということを大々的に掲げているような業者は、最初から怪しいと思った方が良いでしょう。

 

ネットで調べただけでも、闇金業者とおぼしき金融業者は、口コミでわかりますので、徹底的に調べてみた方がいいですよ。

ただ、今は本当に金融業者自体も苦しく、「お金を貸したくても貸せない」状況なわけです。

消費者金融だと「世帯収入の1/3までしかお金を貸してはいけない」という総量規制も重くのしかかってきますから。

そういった背景もあって、あまり表立って「ブラックでも貸しますよ」とは言わないけれど、属性が良ければ貸さないこともないですよ、というところも結構あるとか。

スポンサードリンク



一昔前のグレーゾーン金利が横行していた時には、「借金で首が回らなくなった多重債務者よりも、借金がなくなったブラックの方が返してくれる可能性が高い」ということで、結構貸してくれる業者も多かったのです。

そこまでではないけれど、ちょっとその時に戻ったような動きもあると聞いています。

その代わり、審査は銀行並みに厳しく、保証人も立てた上で保証金も要求する。

その上、貸してくれる金額は10万円以下の少額。

と、こんな感じの消費者金融が多いようです。

保証金と言えば、悪徳業者の手口の中でも一番多いものですから、「どこがどう違うのか?」わかりにくいところです。

今は悪徳業者と正規の金融業者との見極めが、一番難しい時期でもあると言えるでしょう。

悪徳業者の手口としては、最初はものすごく低い金利を提示しておいて、実際の契約時になると、法外な金利をふっかけてくるということがあります。

中には1週間か10日の間に30%から50%もの利息をふっかけてくるとか。

これは、まさしく闇金融の手口ですよね。

そうならないためにも、契約書にはしっかりと目を通すことが必要です。

最初から契約書なんてない、というところはもっての他。

そんなところで借りては絶対にいけません。

あとは、連絡先が携帯電話であるとか、返済時の振込口座が個人名であるとか。

いろいろありますが、結局は「悪徳との区別が付きにくい」ことには違いがないのです。

だから、よっぽど生死に関わるくらいお金に困っている時でないと、利用するのは止めておいた方が良いでしょう。

自分でお金を作る方法もありますしね。

すぐにお金を作る方法

lalaco257 | - | - | pookmark | category:こんな消費者金融は危ない