スポンサーリンク
Home >> 多重債務でも稼ぐ! >> 「すぐにお金を稼ぎたい」には危険がいっぱい?

「すぐにお金を稼ぎたい」には危険がいっぱい?

JUGEMテーマ:借金返済

すぐにお金を稼ぎたい」という思いは誰にでもあります。

でも、多重債務に陥っている場合の「すぐにお金を稼ぎたい」は危険がいっぱいです。

だいたい、ものすごく切羽詰まった感じがしますよね。

だけど、多重債務時代から債務整理直後は、常にこんな感じでした。

多重債務生活を長く続けていると、お金に対する概念がおかしくなってしまいます。

生活費と借金返済額が逆転するから、というのが主な理由でしょう。

とにかく、20万円収入があったとしても、借金返済額が10万円以上となるので、残りの数万円で生活しなくてはならないのです。

そこから住宅ローンや家賃を支払ったら、1,2万しか残りません。

それで暮らしていくるのですから、今思えば「よく死ななかったな」という感じ。

その上、急に予定外の出費が必要になることが、生きていれば、いろいろなシーンでぶつかります。

ましてや、多重債務に陥っていたりすると、「お金がすぐに必要だけど用意ができない」ということのくり返し。

だって、稼いだお金はほとんどが借金の返済に消えるのですから。

「自分で借りたんだろう?」と言われればそれまでですが、借りたお金だけならまだ返せても、それに利息が29%以上も上乗せされたら?

返せるものも返せません。

ただ、それだって、自分で納得した上で借りたお金なので、文句を言っても始まりませんね。

今はそんな利率でお金を貸すことはできませんが、その分収入の低い人達が借りられなくなっていると言う事実。

社会の不条理と言ってししまえばそれまでですが、収入も多くて勤め先もそれなりに大きく安定した給料をもらっているという方になればなるほど、低金利でお金が借りられるんですよね。

貧乏人は、もともと生活費が足りませんから、その補填のために借入をするわけですが、金利が高いために結局は支払えなくなってしまう、という。

そんなわかりきったことに目を背けて、借りては返しの自転車操業にはまっていた自分がいけないのですが、弱者救済という考え方は、今はほとんど存在していないのでは?という気さえします。



生活保護費の問題がいろいろと騒がれていますが、やはり一般の方は、いくら生活が苦しくても生活保護の申請まではなかなか考えないはず。

となると、もう少し敷居が低くて、一般の方でも「生活が苦しいな」程度の時に低金利で貸付してくれるお金があったら、と思ってしまいます。

とは言え、今は「ないものねだり」の状態なので、生活費にも事欠く状況にのなったら、すっばりと「お金を借りる」という考えを捨てるというのも潔いのかもしれません。

お金が借りられない状況になると、「いかにしてすぐにお金を作るか?」ということを考えるようになります。

実際に、私も「もうお金を貸してくれるところはどこにもない」という状況に陥り、それでも「明日までに必ずお金を用意しないと、死活問題になる」というところまで陥った時に何をしたか?

やはり自宅にあるもので「金目の物」を売るということ。

もう片っ端からリサイクルショップやブックオフなどに持って行って、お金に変えていました。

クレジットカードのショツピング枠を現金化することも考えましたが、これは限りなくブラックに近いグレーのような気がしたので止めましたね。

 

クレジットカード規約に違反していることを考えても、手を出さなくて本当に良かった、と思いますよ。

スポンサードリンク



あとは、時代遅れと思われるかもしれませんが、意外と質屋さんに持っていった方が良い物もあります。

「明日まで」というと厳しいですが、もうちょっと時間があるのなら、迷わず「ネットオークション」をおすすめします。

ちょっとした趣味を持っていたなんていう方なら、マニアが欲しがるようなものを持っているかもしれません。

うちの場合も、それで結構助かった時期があります。

とにかく、違法なことはしなくても、「すぐにお金を作る」ということはできるんですよね。

ブラックでも即金でお金を稼ぐ方法

長続きするお金儲けにはなりませんが、当座のお金をなんとかすることはできると思います。

lalaco257 | - | - | pookmark | category:多重債務でも稼ぐ!