スポンサーリンク
Home >> 債務整理後の生活 >> 自己破産後の生活の実態 車や家はどうなる?

自己破産後の生活の実態 車や家はどうなる?

JUGEMテーマ:借金返済

 

債務整理をしたい、自己破産しかないのだけれど、その後の生活を考えるとどうしても踏み切れないという方が多いと思います。

 

自己破産後の生活とは本当はどのようなものなのでしょうか?

自己破産後の生活は悲惨なもの。

家も車も家具も財産すべて取り上げられ、職場にも居られなくなり、生活自体できなくなってしまう。



選挙権すら無くなってしまうかも。

家族はもとより、親戚にまでその影響は及び、みんなローンが組めなくなったりクレジットカードが持てなくなる。

などなど。

自己破産後の生活については、ありとあらゆるネガティブな情報が行き交っていますね、

すべてが嘘とは言いませんが、ほとんどが当たっていないと言えるでしょう。

まず、家と車は例外をのぞいて取り上げられてしまいます

これは合っていますね。

だけど、家はともかく、車に関しては、売ってもほとんどお金にならないような古い中古車の場合は、おとがめ無しということも多いです。

取りに行く費用がかかるだけ損、という考えですね。

ただ、それもローン支払い中の車だったりすると、また話は違ってきますので、「古いから大丈夫」とは思わない方が良いでしょう。

他の家財道具に関しては、20万円以上の価値のあるものは取り上げられることになっています。

これも、いちいち家に人が来て、「これはいくら」なんて鑑定されるわけではないので、まず取りあげられることはないのですが、明らかに高価なものを隠し持っていたりすれば、問題になると思います。

と言いますか、そもそも裁判所に提出する申立書に嘘の記述をすること自体に、問題がりますよね。

とは言え、よっぽど高価なものじゃない限り、中古品で20万円以上の価値のあるものは少ないと思うので、そう心配しなくても良いでしょう。

スポンサードリンク

 

 


自己破産すると、家族や親戚もローンが組めなくなる

というのは、ほぼ間違いということ。

個人信用情報はあくまでも、個人について記述してあるものなので、例え同居している家族でも、家族の履歴までは調べないし調べられないと思います。

ただ、審査が厳しいと言われている住宅ローンに関しては、同居している家族が自己破産していた場合に、断られるというケースもあるようですが、真偽のほどはわかりません。

選挙権については、まったくの嘘で、住民票や戸籍に載ることもなく、選挙権が無くなることもありません。

だから、自己破産しても、表向きは「普通の生活」が続けられると思って良いでしょう。

と言っても、ローンが組めなかったりクレジットカードが持てないのは痛いですが・・・

あとは、借金が無くなっても、一度破綻した生活は、なかなか元には戻らないということでしょうか。

それと、「破産者になった」とか「借金を返せなかったダメな人間」と自分自身で思い込んでしまう、というのが一番つらいことなのかもしれません。
 

もちろん、債権者や周囲の人に迷惑をかけたことは忘れてはいけないのですが、いつまでも引きずっていては、前を向いて歩けないですよね。

 

とことん反省をしたら、今度は脇目も振らずに前進あるのみ、と心に決める必要があるのです。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後の生活