スポンサーリンク
Home >> 債務整理後の生活 >> 債務整理後に突然の失業、生活費は?

債務整理後に突然の失業、生活費は?

JUGEMテーマ:借金返済

債務整理後の生活について書いていますが、今や、債務整理をしなくても借金すらしたこと無くても、危機的な状況に追い込まれる人も少なくありません。

不況不況と嘆いているうちに、国民の生活水準も戦後すぐの頃と変わらなくなってくるのでは?という恐怖さえ覚える毎日です。

とにかく、生活保護を受けている世帯の数が、戦争直後の数字を追い越しているわけですから、生活が苦しいという方がどれだけ増えているのかがわかりますね。

多重債務から債務整理を決心するまでの期間は、誰もが「生活保護レベル」いや、もっと低いレベルで暮らしていると思うので、そういった人を入れると、実際はもっと悲惨な状況になっているのではないでしょうか?

そんな中、やっと債務整理の決心をしたはいいけど、手続き中に突然解雇されて失業する、なんていうケースも増えているようです。



解雇されなくても、会社が突然倒産するとか。

数年前までは考えられなかったような事態が、次々に目の前で起こっているのです。

ある程度名の知れた企業も倒産する時代ですから、もう「◯◯に勤めているから安心」なんていうことは言えない時代です。

自営の方はもっと深刻でしょう。

私もそうでしたが、本来ならばうまく行っていたはずの事業が、突然取引先の会社が倒産し、社長が行方不明に。

懇意にしていた会社なので、そこの保証人にもなっていたため、仕事上の負債とダブルで借金を抱えることになってしまいました。

それが引き金になって、事業の方も全く振るわなくなり、借金を重ねる日々に。

という、まあ、「よくある話」だったわけです。

それでも、自分たちに余力があったならなんとでもなったわけですから、その時に借金をしてしまったのが、いけなかったのかなと思いますね。

いずれにしても、済んだことは今言っても仕方がないので、前に進んでいますが・・・

スポンサーリンク


で、事業の方は一時廃業して、会社勤めをするつもりでハローワークに通ったのですが、本当に仕事自体が少なくて唖然としいしまいました。

債務整理中でお金がかかるにもかかわらず、夫婦して失業なんて、笑ってしまいますよね。

とにかく、ネットでしていた副業に力を入れながら、なんとか食いつないでいたわけです。

すぐにお金を作る方法 

会社勤めをされていた方なら、失業した場合に、こんな方法もあります。

夫の失業と求職者支援制度

特に求職者支援制度は、職業訓練が無料で受けられるだけでなく、条件が合えば月々10万程度の給付金が受けられる可能性があるので、ハローワークで相談されると良いでしょう。

ただ、「雇用保険が受給できない求職者」という条件があるのですが・・・

と書いていて思ったのですが、今は介護費用ですら削られる時代ですから、今後はこの制度も見直されるかもしれません。

「とにかく、なんとしてでも生きていく」という執念にも似たような気持ちがあれば、なんとかなるものです。

lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後の生活