JUGEMテーマ:借金返済


自己破産したら、最低でも5年はローンは組めないというのは常識というか当たり前。

車のローンはおろか、家電だってローンを組んで購入することはできないのです。

クレジットカードについても同じ。

普通は5年から10年経てばクレジットカードが取得できることになっていますが、実際には10年以上経たないと無理だとされています。

だけど、時々見かけるんですよね。

自己破産して5年も経ってないけど、クレジットカードの審査に受かった」という方が。

中小の消費者金融からキャッシングできた、というのなら、まだわからなくはないのですが・・・

結構名の知れた会社のクレジットカードが持てたなんて。

もちろん、自己破産して5年も経っていないとすれば、「個人信用情報機関」に事故情報はまだ記載されているはず。

それでも審査に受かったというのは、何か偶然が重なったのか?あるいは、属性がよっぽど良かったのか?ということでしょう。

スポンサードリンク

 


以前も書いたように、「自己破産したらローンも組めないしクレジットカードも持てなくなる」というのは、審査でハネられるからで、法律で決まっているわけではないのです。

だから、ブラックの人にお金を貸したからって、罰せられるわけではない。

とは言え、「金融事故を起こしました」という人に、わざわざお金を貸す人は居ないのは誰が考えてもわかること。

ただ、実際にクレジットカードの審査に受かっている人が居る、ということは、信用情報以外の条件も重視されるようになったのかもしれません。

 

外資系の信販会社は「過去の履歴よりも、現在の収入など社会的なステータスを評価する」と言われていますが、日本でもそんな動きが出てきたのかな?と。

 

反面、「債務整理時に迷惑をかけた銀行系列のところでは、二度とローンは組めない」という法則は生きているようですが・・・

先ほどの自己破産後5年くらいでクレジットカードが持てるようになった方は、いわゆる一流企業といわれる会社にお勤めで勤続年数も5年以上、年収も600万円以上ということ。

クレジットカードを取得してからは、クレヒスを積むために、せっせとクレジットカードを利用し、もちろん延滞は一度も無く、個人信用情報がきれいになってからは枚数も増やし、まんべんなく利用してきたそうです。

取引している銀行には、常にある程度の預金を残し、公共料金の引き落としや給与振込、定期預金、財形貯蓄など常にお金が動くようにしてきたとのこと。

そんな努力の結果、自己破産後10年に満たない年に、住宅ローンの審査にも見事に合格したというわけなんです。

まあ、もともと属性が良かった上に努力されたので、当然と言えば当然の結果なのかもしれません。

それでも、有無を言わず却下されるような時期でも、クレジットカードの審査に受かっている方が居る、というのは、少しは明るい話題になるのではないでしょうか?

自営業の私にとっては、ちょっと羨ましい気もしますが、結局は収入を増やし、自分の信用度を上げる努力をするしかないんですよね。