JUGEMテーマ:借金返済

ブラックでも100万円借りることは可能ですか?」なんて聞かれたら、どう答えますか?

それが、ものすごく切羽詰まった様子だったら?

私も、債務整理をした時に自営業だったので、ブラックになってもある程度まとまったお金が必要になることはわかります。

だけど、ブラックになってしまうと、お金を借りるということ自体、とても難しくなるのです。

まあ、考えてみれば、「お金に関する重大なトラブル」を引き起こしたのですから、今後お金を借りられなくなっても文句は言えません。

文句を言えないどころか、借金が大幅に減額されたり棒引きされたりすることを、感謝しなくてはならないのです。

それは、本当によーくわかってはいるのですが・・・

お金が要る時にはどうしても必要」なんですよ。

で、どうすれば良いか?ですが。

例えば、100万円じゃなくて数万円でなんとかなるのなら、「お金を稼ぐ」に尽きると思います。



数万円なら、ブラックでもお金を貸してくれる中小の消費者金融はあるのですが、総じて条件が厳しいです。

所得が400百万円以上で勤続年数も長く、社会保険じゃないとダメなんていうところもあるとか。

しかも、5万円から10万円くらい借りるのに、保証金や保証人が必要だったり。

金利もバカ高いことが多いですから、運良く10万円借りられたとしても、結局は返済総額が数十万になってしまうこともザラです。

取り立てについても、少しでも遅れると、催促の電話がかかってくるそうです。

 

借金取りたての電話に怯える

確かに、本当に困った時にはたとえ2,3万円でも、現金があると助かるわけですが、これでは借りる意味がありません。

そんな時には、いつも書いているように、ネットオークションやリサイクルショップに手持ちのものを売ってお金にする方が良いでしょう。

実際に売ってみるとわかるのですが、よっぽど誰にとっても魅力のない品物出ない限り、「こんなものが?」というようなものまで売れてしまうのです。

私は、高級ブランドではなく、ちょっと名の知れたメーカーのアウターからジーンズまで、結構着古したものですら、買ってもらえましたから。

以前書いたように、楽器に至っては10万円近くになったこともあります。

だから、10万円くらいまでなら、なんとかなるのではないでしょうか。

スポンサードリンク



問題はブラックで100万円借りることでしたよね。

これに関しては、ブラックでなくても100万円借りるのは難しい時代なので、解決策はなかなか浮かばないのですが・・・

事業資金という名目なら、国民金融公庫(現在は日本政策金融公庫)で、融資をお願いするくらいしか思いつかないです。

ただし、ブラックでも借りられる可能性は「無いわけではない」というのが現状のようです。

 

民間の金融機関とは違うと言っても、「お金を借りる」のは同じですから、「返済能力はあるのか?」が重要になるのは当たり前のこと。

あとは、生活福祉資金貸付制度もありますが、公的資金とはいえ、貸付てもらうという意味では、こちらも同じことが言えます。

それに、100万円と高額になると、手続きをいろいろと踏まなくてはいけなくなりますし、条件に合致しないと借りられないので、ごく一部の方しか借りられないということになるでしょう。

結局、今のところは、一度借金を抱えてしまうと、やり直すのは至難の業というのが本当のところです。

それでも、自分で蒔いた種と思い、いかに地道に努力できるか?で、生活が立て直せるかどうかが決まってくると思います。