スポンサーリンク
Home >> 自己破産のメリット・デメリット >> 親が自己破産しても奨学金は借りられる?

親が自己破産しても奨学金は借りられる?

JUGEMテーマ:借金返済

 
自己破産すると、借金は無くなりますが、その代わりに無くすものもたくさんあります。

まあ、仕方がないことなので、自業自得と割り切りましょう。

社会的制裁と思えば「甘んじて受け入れる」こともできるというもの。

とにかく、借金を反故にしておいてその先も普通に暮らせるだけでも感謝しなくてはならないですから。

無くすものとしては、まずは個人の財産

これに関しては、自己破産に陥るほど借金が膨れ上がっていたのですから、財産なんてほとんど何も無いという方が多いでしょう。

それでも、どんなにボロ家であったとしても、持ち家なら没収されますし、どんなに年式の古い車でも少しでも価値があれば持って行かれます。

そして、一番困るのが今後5〜10年間はローンが組めないこと。

物品の購入もさることながら、子どもの将来に関わる教育ローンが組めないのは親として情けないです。

何とかして組めないだろうか?と思うのですが、官報や個人信用情報に事故記録が掲載されている間は、どこからも融資は受けられません。

例え教育ローンであっても。



国のローンである日本政策金融公庫なら大丈夫、という話も聞くのですが、審査は民間のローンより厳しいそうです。

自己破産の履歴があれば、まずは受からないだろうということ。

まあ、債務整理後でも受かったという方の体験談も少しはあることから、100%不可能ということは無いのかもしれませんが、難しいでしょうね。

スポンサードリンク

 


ただし、親の名義で申し込むものは限るわけで、子供名義ならOKなのです。だから、子供名義で申し込む奨学金に関しては問題なく申し込めるということになります。

大学も、今や少子化の時代で学生の確保も困難なところもあります。

奨学金に関しても、そこまで優秀じゃなくても受けられる大学もあるようです。

結局、大事なのは子どものやる気を摘まないということですよね。

「勉強したい」という気持ちを尊重してあげたいところ。

民間の教育ローンが組めないからと言って、安易に諦めないことが大切なんだと思います。

もっとも、この奨学金制度。

金利は低いですし、民間の金融業者からの借り入れではないので、借金という感覚があまりないのですが、返済は必要ですし、滞納すれば督促はあります。

しかも、今は借入金回収にあたるのは民間の専門業者ということが多いので、容赦なく督促が来るという話も聞きます。

返済義務があるのは子供ですから、親としては滞納になった場合辛いですよね。

自己破産していたら、援助してあげたくてもあげられないというのが現状でしょうから。

 

奨学金や教育ローンだって、どうしても返済できない場合には債務整理することもできるのですが、「子どもにまでそんな経験はさせられない」というのが正直なところ。

 

とは言え、リスクをあまり考えすぎていては、何もできません。

中には、「将来返金する必要のない奨学金制度」を検討している教育機関もあるようですから、あらゆる手段を考えれば進学も夢では無いでしょう。

その前に、生活の立て直しをすることが一番大事なのは言うまでもありませんが...

 



lalaco257 | - | - | pookmark | category:自己破産のメリット・デメリット