スポンサーリンク
Home >> こんな消費者金融は危ない >> ブラックだけどどうしてもお金を借りたい時には?

ブラックだけどどうしてもお金を借りたい時には?

JUGEMテーマ:借金返済

 

どうしてもお金を借りたい、という言葉の中には、「借りられないけどお金を借りなきゃ暮らしていけない」という思いがあります。

 

「お金って働いて得るものだよ。借りるものではないよ」と言われるのは承知の上。

 

それでも、いますぐにお金が必要なら、借りるしか無いという気もちが生まれるのは仕方のない事なのかもしれません。

 

例えば、生活保護を受けている方

 

必要最低限の暮らしが保証されているとは言え、どうしてもお金が足りなくなることもあるでしょう。

 

そんな時にはどうするか?

 

まずは社会福祉協議会に所属するケースワーカーの方に相談するのが良いでしょう。




生活保護を受けているということは、必要最低限の収入も確保できないということですから、安易に金融業者から借金するのは危険です。

 

と言いますか、生活保護を受けていることがわかったら審査にも落ちるでしょうし、それを承知で貸してくれる金融業者は闇か闇金融に近いところだということです。

 

債務整理などをして、ブラックになってしまった方についても同じことが言えます。

 

「ブラックでも貸してくれるところなんて、街金か闇金融しかないよ」とよく言われますが、では街金と闇金融とは違うの?と思いますよね。

 

違うとも言えるし違わないとも言える、というのが本当のところなのでしょうか。

 

いや、明らかに違うのですが、街金というのは、もともと小規模経営の金融業者です。

 

もちろん貸金業の登録をしていないと違法になりますから、きちんと登録はしているはず。

 

景気の良い時には、結構良心的な金利でお金を貸しているところもあったと聞きます。

 

それが、不況になり、大手消費者金融でも経営難になる時代。

 

スポンサーリンク


もともと顧客の属性があまり良くない、すなわち収入が少ない人達が借りるのが街金ですから、どうしても借りたお金を返せない人が続出します。

 

当然やっていけなくなり、そのまま闇金融まがいの経営に落ちてしまうこともあるそうです。

 

そうなると、表向きは普通の消費者金融で内情はソフト闇金、というような構図が出来上がるので、素人目にはまったく判断がつかなくなります。

 

また、優良顧客には規定の金利でお金を貸し出し、借金の回収が見込めないような客には他の闇金融を紹介して紹介料を取るところも。

 

別のところでは、「これだけ借金があるのならもう債務整理すべきですよ」と親切ごかしに言って、弁護士や司法書士から紹介料をもらうというシステムになっていることもあるそうです。

 

中には、ちゃんとした街金もあって、「ブラックでもお金は貸すけど、身元調査はさせてもらいますよ」というところもあるということですが。

 

そういった中小の消費者金融を探すのは至難の業と言えるでしょう。

 

それでも、もしどうしてもお金を借りなければいけなくなったら、自分で納得の行くまで口コミを探して信用できそうな中小の消費者金融を探すか、生活福祉資金貸付制度などを利用するしか方法はなさそうです。
 

追記:最近では、中小の消費者金融でも、評判の良いところも増えてきています。

 

「他社借入件数が多くても貸してくれた」とか「自己破産経験があるのに、5万円借りられた」など。

 

過去の履歴よりも今の属性を評価してくれる金融業者が多くなった、という背景もあるので、丁寧に探せば、ブラックでもお金を貸してくれるところは見つかりそうです。

 

ただ、くれぐれも、悪徳業者には引っかからないように気をつけてくださいね。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:こんな消費者金融は危ない