スポンサーリンク
Home >> ブラックでも作れるカードなど >> もうどこからもお金が借りれなくて、どうやって生きていけばいいかわからない

もうどこからもお金が借りれなくて、どうやって生きていけばいいかわからない

JUGEMテーマ:借金返済


もうどこからもお金が借りれなくなりました。どうやって生きていけばいいのかわかりません」という方がいらっしゃいます。

なんて、他人ごとのように書いていますが、数年前の我が家もまさにそんな感じでした。

だいたい、自己破産じゃなくても、債務整理をするほど借金に追われる生活をしていたのです。

債務整理を決意する前に、とっくの昔に生活は破綻している状況でしょう。

自転車操業と言いますが、それならまだマシな方で、一輪車操業とでも言いましょうか?

まあ、それほど不安定な生活だということ。

例えば、「冷蔵庫に何も無いけれど、食料を買うお金もない。」という時に、何かうちにあるものをリサイクル店に持って行って数百円もらい、少しでも食べるものを買うというような。



一昔前の暮らしのようですが、そうせざるを得ない状況が続くのです。

多重債務時代も苦しかったですが、債務整理直後もひどかったですね。

借金が圧倒的に少なくなったと言っても、月々支払わなくてはなりません。

当たり前ですが。

その上に、税金や公共料金の滞納分が重くのしかかってくるのです。

あっ、NHKの受信料もありました。

債務整理費用も分割払いにしてもらっていましたから、月々の支払は借金返済に比べれば安くなったという程度。

自業自得とは言え、悲惨でしたね。

自己破産した場合、借金はきれいに消えてなくなりますが、家や車や退職金、保険満期金まで根こそぎ無くなってしまいますから、同じようなものでしょう。

いや、もっと悲惨かもしれません。

スポンサードリンク

 


だいたい、自己破産を選ばなくてはならなくなったということは、勤めていた会社が倒産、あるいは自営していた事業がダメになってしまったというパターンだと思います。

となると、生活が成り立たなくなっているところ、言ってみれば、大地に震えながらやっと立っている状態なのに、足元をすくわれるような感じかな?

まあ、自業自得といえばそれまでなのですが、今までも書いてきたように、自分自身が浪費したわけじゃないのに、誰かもしくは会社の犠牲になって自己破産しなきゃいけなくなる方も多いですから。

一様に決め付けるわけにもいかないのです。

そんな、砂漠にトランクひとつで放り出された人はどうすればいいのか?

まず、お金が無いので稼がなきゃいけないのですが、無職になって仕事が決まるまでは収入がありません。

今の日本では、無職の人に貸してくれる金融業者は無いのです。

でどうするか?というと、裏の金融業者、すなわち闇金融にお金を借りてしまうんですよね。

だって、もうどこもお金を貸してくれないから。

そうなる前に、とにかく一日数百円でもいいので、お金を作る努力をしましょう。

それでもダメだったら、生活保護を申請するあるいは、公的資金である生活福祉資金貸付制度を利用する方法もあります。

 



lalaco257 | - | - | pookmark | category:ブラックでも作れるカードなど