お金が無いと死ぬしかないの?と思うようになったら | 借金500万円抱えた主婦の多重債務物語

債務整理体験代-500万の借金をかかえて
多重債務に陥っている方に。債務整理した体験談を交えながら、クレジットカードや債務整理全般、債務整理後の借り入れの方法などについて書いています。
お金が無いと死ぬしかないの?と思うようになったら | 借金500万円抱えた主婦の多重債務物語 記事一覧

お金が無いと死ぬしかないの?と思うようになったら

JUGEMテーマ:借金地獄

 

ふと見かけたこの話題について「お金が無いと死ぬしかないのか

なんて物騒な、いや自虐的な、はたまた厭世的な言葉ですよね。

諦めとも叫びとも思えるような・・・

ただ、借金苦におちいったり、お金が無い生活を長く続けている人にとっては、身につまされる言葉でしょう。

日本では、今何をして稼ごうが法律にさえ違反してなければ自由じゃないですか。

自由というのは気楽と考えがちですが、自己責任がつきまとうのです。

だからといって、一生懸命汗水たらして働いているから裕福になれるとも限らない。



どう見ても不公平感が漂ってますよね。

「働けど、働けど・・・じっと手を見る」という感覚です。

お金が無いという状況の中でも、今だけないのか過去・現在・未来において無いのかによっても焦燥感は違ってきます。

経験から言うと、お金が無い状態が長く続けば続くほど、気持ちは卑屈になり、やる気も失われてきます。

自暴自棄になる」というのは、こういったことなのかと思うことも。

それでもなんとか立ち直れたのは、家族の存在ですね。

年老いた親のこと、まだ小さい子どもたちのことを考えたら、「なんとしてでも生活を建てなおさないと」と思いますから。

確かに、お金が無いと制約されることは多いです。

仕事を探しに行くにしても、交通費やちょっとこざっぱりした洋服を買うためのお金やら要ります。

それに、まず仕事が決まるまでの間の生活費が必要になります。

だけど、ブラックでお金を借りられないとか、今は無職だからローンも組めないなんていう人はどうすればいいのか?

スポンサードリンク

 


もうこの時点で途方に暮れるわけです。

公的資金である生活福祉資金貸付制度を利用するのが良いのですが、なかなか高い壁があるのも事実。

「今働けないんだったら生活保護を」という話にもなったりするようですが、その生活保護すら、悪用する人間がいるお陰で、すんなり受けられないようです。

まあ、生活保護を受けてしまったらしまったで、「働き口が決まったらストップされてしまうから」という理由で、働くこともままならなくなったり。

こう考えてみると、確かにお金が無い=悲惨な末路しか考えられなくなってしまいます。

とは言え、最初にも書いたように、「今何をして稼ごうが法律にさえ違反してなければ自由」なのですから、とにかく一日数百円でもお金を作る努力をしてからでも遅くありません。

それなら敷居は低いですよね。

いつも書いているオークションに不要品を出品するということもそうですが、これって無料で手に入るものでもOKなのです。

過去に手に入れた車のパンフレットが高値になったりもしてますから、家中探してみれば何かお宝があるかもしれません。

少しでもお金が手に入れば、あとは増やしていくだけ。

気休めだと思われるでしょうが、少しでもお金が入ってくれば、それだけで気持ちに余裕が出るものです。

借金を抱えていてしかもお金が無いという状況では、お先真っ暗と思ってしまいますが、その先に見えるほんの少しの明かりを頼りに歩いて行くのも悪くないと思いませんか?

 


こんな記事も読まれています
2020.01.10 Friday|-|-|-|-
Copyright © お金が無いと死ぬしかないの?と思うようになったら | 借金500万円抱えた主婦の多重債務物語 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます