債務整理後、いわゆる喪明け後に取得するクレジットカードはどれが良いのでしょうか?

楽天カードを申し込む人が多いのですが、果たして大丈夫なのでしょうか?

というのは、債務整理をしたカードの中に楽天カードの前身とも言えるKCカードが含まれている人が多いのです。

楽天カードとKCカードは運営元が別なので、もしKCカードで事故を起こしても、楽天カードは取得できるという話はあります。

運営元が別というのは正しいのですが、もともとは同じ楽天が運営していた信販カードなので、データベースが受け継がれていることは十分考えられます。

従って、KCカードで事故を起こした人が債務整理した場合、喪明け後も楽天カードは選ばない方が良さそうです。

まあ100%通らないということはないので、「審査が甘そう」という理由でチャレンジされる方はいらっしゃるでしょうが...

そういった意味でも、最初からクレジットカード所得を目指すのではなく、携帯電話の分割払いで実績を積むという方法が良いかと思います。

携帯と言っても、スマホですかね。

スマホ

まだまだ本体価格が高いので月賦で購入するわけですが、通常のローン審査よりも甘めというか、審査で見るところが違うため、通りやすいと言われているのです。

結局、月々の支払を滞り無くしてもらえるかどうか?が一番大事なのは他のローンと同じですが、高額なキャッシュバック目当てにMNPという名の乗り換えを繰り返す人が増えています。

そういった人は携帯料金もきちんと支払わないで滞納することが多いですし、頻繁に乗り換えているかどうかは調べればわかります。

だから、携帯電話料金滞納情報や他社契約情報に目を光らせているということ。

個人信用情報ももしかしたら参照しない場合もあるのでは?と噂まであります。

とすれば、とりあえず喪明けで個人信用情報がホワイトになっている方は、まず審査に通ると考えられます。

スマホ本体価格を分割で支払っているという意識が少ないため、「ローンを返済してる」とは思わないのですが、通話料にローン価格も上乗せされているため、通話料金さえ月々滞り無く支払っていれば、確実に信用履歴になるのです。

スポンサードリンク

 


逆に「携帯料金を少しくらい滞納したところで、信用情報にキズが付くことはない」と思っていたらやけどしますよ。

知らないうちにブラックになっていた、なんていう人も居るくらいですから。

で、ある程度信用履歴ができたところで、とりあえず巷で「審査が甘い」とされるクレジットカードの申し込むという風に順序を踏むことです。

お料理も下ごしらえが大切なように、喪明けのクレジットカード取得にも下準備が大事なんですね。

ちなみに審査が甘いとされるのは、ショッピング系、ガソリンスタンド系、コンビニ系、クレジット機能付きのSuicaカードなどです。

債務整理時に迷惑をかけたカードや系列の信販会社発行のものを除けば、結構限られてくると思います。

ただ、審査が甘いと言っても、規定通りの審査はあるわけですから、属性が悪ければ当然審査には落ちます。

それでも、この下ごしらえがあるかないかによって、かなり違ってくるのは確かです。

 

追記:携帯電話の取引情報は、「確実に」信用履歴に載ると書きましたが、中には載らないところもありそうです。

 

とは言え、ローン契約をするのは確かなので、ここで信用を積んでおけば、将来的に有利になるでしょうし、何より、クレジットカードの審査に通らない人にとっては、唯一の信用履歴を育成する場所になります。

 

要は、「滞納せずにいかに金融商品を利用していくか?」ということにかかっているので、今までの反省も含めて、今度こそ、優良顧客を目指したいものです。
 

 

JUGEMテーマ:借金地獄