債務整理後、緊急小口資金が借りられた例はある? | 債務整理体験談-500万円の借金を抱えた主婦の多重債務物語

債務整理体験代-500万の借金をかかえて
多重債務に陥っている方に。債務整理した体験談を交えながら、クレジットカードや債務整理全般、債務整理後の借り入れの方法などについて書いています。
債務整理後、緊急小口資金が借りられた例はある? | 債務整理体験談-500万円の借金を抱えた主婦の多重債務物語 記事一覧

債務整理後、緊急小口資金が借りられた例はある?

JUGEMテーマ:借金返済

 

債務整理後の借入先として、生活福祉資金の緊急小口資金というものがあります。

生活福祉資金にはいろいろな種類の支援制度があるのですが、緊急小口資金が一番早く対処してくれるということで、あてにする方たちも多いです。

だけど、この資金のことを調べないで知っている人の方が少ないんじゃないかな?

ブラックになって、もうローンも組めないしお金も借りられないから現金のみの生活を頑張ろうと思うんです。

いや、お金が借りられなくなったからというよりも、「もう借金はコリゴリ」という気持ちのほうが強いかな?

とにかく、債務整理を決心した時にすでに「現金のみの生活」という覚悟はできているもの。

ただ、自分の意志通りに生活は回っていなかないもので、月々の収入が思うように確保できなかったり、病気などで予期せぬ出費が重なることも多いです。



人間って弱いもので、債務整理した人はその前の多重債務時代に、借金まみれになっていることがほとんどなので、お金を借りることに慣れてしまっています。

それに、債務整理直後の生活というのは、非常にバランスの悪い場所に家を建ててしまったように不安定で、いつ倒れるかもわいらない状態ですから、何か小さなトラブルがあれば、簡単に崩れてしまうのです。

言ってみれば、崖っぷちにやっとつかまれるくらいのところで生活しているようなものだから、いつ真っ逆さまに落ちるかわかりません。

そんな時にお金が無くなったら?

スポンサードリンク

 


また元の木阿弥と言われようと、「ブラックでもお金を貸してくれる金融業者」を探すでしょう。

で、どこからも借りられなくて途方に暮れるんですよね。

そんな時には公的資金で、ということで浮上するのが生活福祉資金なのですが、対応が地方自治体に任されているため、窓口担当の方によってはかなり差が出てくるようです。

調べたところ、すんなりと短期間でお金を借りられたという方は少ないようです。

まず、どんな方が申し込めるのでしょうか?

市民税を支払っていること
○現住所に6ヶ月以上居住していること
○保険証を所有していること
○必要な書類を提出できること
○多重債務者でないこと


など、ハードルとしてはあまり高くないように思えます。
だからと言って、簡単にお金が借りられるか?と言えば、そうではないようです。

あまりに簡単だと悪用される危険性があるからでしょうが、申請時に緊急性が感じられないと申請自体認められないし、認められたとしても通常はお金がおりるまで1週間くらいかかるということ。

条件にあるように、多重債務者では借りられませんし、債務整理後でも審査に落ちることは十分に考えられます。

結果、「頼れない資金です」と言うつもりはありませんが、簡単にお金が借りられるという気持ちで申請してしまうと、断られる可能性は大でしょう。

今切羽詰まった経済状況を説明するとともに、返済の意思をアピールするなど、強い気持ちで臨む必要がありそうです。

本当は、もう少しハードルが低い借り入れ制度があると良いのですが、現段階では難しいということでしょうか。

 

追記:「緊急小口資金を申込んだのに断れた」という方の手記を読みました。

 

会社が倒産した直後に病気になり、手術を伴う入院になったそうですが、入院費用が払えず。

 

無職なので、当然民間の金融業者からはお金を借りられなくて、市役所で緊急小口資金の申請をしたそうなのですが・・・

 

「病院の窓口で入院費を支払った後で、申請に来てください」とのこと。

 

「その費用が払えないのに」と絶望的な気持ちになったそうです。

 

このように、各都道府県によっても、また担当者によっても、かなり対応が違ってくるので、もしかしたら、何度も足を運ぶつもりで相談に行く方が良いのかもしれませんね。

 


こんな記事も読まれています
2018.03.01 Thursday|-|-|-|-
Copyright © 債務整理後、緊急小口資金が借りられた例はある? | 債務整理体験談-500万円の借金を抱えた主婦の多重債務物語 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます