スポンサーリンク
Home >> ブラックでも作れるカードなど >> アメックスなどの外資系カードは破産者でも作りやすい?

アメックスなどの外資系カードは破産者でも作りやすい?

JUGEMテーマ:借金返済

 

先に断っておきますが、この「破産者でも」というのは、破産申請した人という意味ではなく免責後数年経って、すでに「喪明け」を迎えた人という意味です。

債務整理直後の生活の苦しさについても何度か書いていますし、社会人としてクレジットカードを持たない生活が不便なのはよくわかります。

それでも、債務整理直後にお金を借りたりクレジットカードを作ったりというのは、ほとんどできないと言われています。

かと言って、巷に出回っている情報はすべてウソなの?と聞かれたら、そうでもない場合もあるということなんですけどね。

どこにでも裏はあるけれど、そこに足を踏み込むにはそれ相応の知識と何があっても折れない心が無いと無理なのかもしれません。

あっ、そうじゃなくても大丈夫な場合があります。

ある程度の高額所得者で属性の良い方。

または、資産価値の高い不動産を持っている方。



そう。

結局はお金に困っていない人にとっては、債務整理も足かせにならない場合があるということなんです。

だから、一般庶民の私達は、債務整理後おとなしく喪明けを待ってからクレジットカードなどの申し込みを行うことが一番良いという結論になるんですよね。

で、地下に潜るような気持ちで5年くらい過ごしたとして、すぐにクレジットカードが作れるか?というと、そうではありません。

いくら個人信用情報がクリーンになったとしても、新社会人のクリーンさとは違うのです。

とにかく、30代〜50代で、いや、今はもっと債務整理する方の年齢も高くなっていますからそれ以上の年代で、今までローンを組んだりクレジットカードを作ったりしたことが一度もないなんて信じられますか?

小学生がスマホを持つ現代でですよ。

あっ、これは関係ないですね。

稀に「現金払いしか信じない」とか「クレジットカードは管理が面倒だし、お金を借りているようでポリシーに反する」という理由で持たない人がいらっしゃいますが、ほんの一握りでしょう。

スポンサードリンク

 


だとすれば、「私は過去に金融事故を起こしました」と言っているようなものなのです。

「個人信用情報は語る」ということ。

だから、喪明け後にどこのクレジットカード会社に申し込んだら良いか?というのは重大な問題になるのです。

よくアメックスなどの外資系クレジットカードが通りやすいという話を聞くのですが、やはりケースバイケースだということ。

確かに、外資系の方が過去の履歴よりも、現在の属性を評価してくれるというのは確かです。

とは言え、まったく過去の情報を問題にしないか?と言えばそうではありません。

債務整理時に持っていた外資系クレジットカードには、もう二度と申し込めないと思ってよいでしょう。

その辺は、過去データがしっかり残っていますから、迷惑をかけられた人を許すことは無いのです。

今まで一度も申し込んだことがなく、かつ現在の属性がある程度評価できるものであれば、日本の大手銀行系や信販系クレジットカードよりは通りやすいのではないか?ということ。

いずれにしても、過去より現在の実績を評価していくれるというのは、我々ブラックになってしまったものにとってはありがたいというべきでしょう。

 



lalaco257 | - | - | pookmark | category:ブラックでも作れるカードなど