スポンサーリンク
Home >> 借金に関する法律 >> 総量規制緩和で多重債務者は救われる?

総量規制緩和で多重債務者は救われる?

JUGEMテーマ:借金地獄
借金はどうしてするのでしょう?

お金が足りているのに借金をする人はまず居ません。

例えば、年収が1,000万円以上あって、個人的に借金をしている人はそんなに居ないでしょう。

居たとしたら、FXや株取引で多額の損害を受けた人か、ギャンブルに溺れた人。



または、個人経営で会社の運営費を個人の借り入れと賄おうとした人でしょうか?

とにかく、自虐的な意味も含めて「貧乏人が借金をする」ということに間違いありません。

一部では「お金の教育を受けていない人が借金をする」と言われていますが、果たしてお金教育をしっかりと受けている人はどれくらい居るのでしょう?

たいていは、自分が会社や家庭を切り盛りする中で覚えていくものだと思います。

確かに、借金を重ねる人というのは、何かにつけてルーズな人というのは当たらずしも遠からずです。

ただ、統計的に見ると「真面目な人」が一番多重債務に陥りやすいとのことです。

借金をしたら何が何でも返さなければならないという気持ちが強い人ほど、他から借りてでも借りたお金を返そうとします。

借金が借金を呼んで、どんどん金額が膨れ上がり、結果返せなくなって債務整理をするというパターンが一番多いんですよね。

それと、金利の高さがそれに拍車をかけるのです。

グレーゾーン金利廃止前には、名の知れた信販会社でも29%というところはザラでした。

消費者金融に至っては、29.9%なんていうところも。

それでも、多重債務者はありがたがって借りていたのです。

今回、もし総量規制緩和が進めば、認可を受けた業者は、29.2%まで利息を取れるということ。

上限が引き上げられれば、なるべく上限まで利息を引き上げたいと思うのが正直なところでしょう。

それでなくても、今消費者金融は、「お金を貸したくても貸せない状態」で経営難に陥っているところも多いのです。

「待ってました」とばかりに引き上げてくるでしょう。

総量規制に関しても、個人の総収入の1/3という枠が外れれば、もっとお金を貸すことができます。

一見「もうどこからもお金を借りられない」という多重債務者にとっては朗報と思えますが、一時しのぎにしかならないことは明白です。

スポンサードリンク


消費者金融6件から借り入れていて、すでに総借入金額300万円を超えている人が、また新たに消費者金融から100万円の借り入れができたとします。

とりあえずその場は収まりますが、焼石に水。

しかも、7社目から借りた100万円の金利は29%以上ともなれば、一攫千金でもかなわない限り返すのは困難です。

ここで人生一発逆転とかできればいいんですけどね。

いや、自己破産して一気に挽回した人もいらっしゃいますから、不可能とは言いません。

結局は、多重債務に陥ってしまえば、一度借金を整理してからでないと、再起は難しいということ。

唯一規制緩和が実行されて良いところがあるとすれば、ヤミ金融から借り入れをする人が少しは減るのでは?というところでしょうか。

人がどうして借金を重ねてしまうのか?という根本的なことを考えなければ、結局は多重債務者を増やすことにもなりかねません。

スポンサーリンク

lalaco257 | - | - | pookmark | category:借金に関する法律