無職の人が最速でお金を借りるには? | 債務整理体験談-500万円の借金を抱えた主婦の多重債務物語

債務整理体験代-500万の借金をかかえて
多重債務に陥っている方に。債務整理した体験談を交えながら、クレジットカードや債務整理全般、債務整理後の借り入れの方法などについて書いています。
無職の人が最速でお金を借りるには? | 債務整理体験談-500万円の借金を抱えた主婦の多重債務物語 記事一覧

無職の人が最速でお金を借りるには?

JUGEMテーマ:借金返済

 

お金が全くなくて途方に暮れるというのは、ある日突然やってきます。

いや、本当はわかっていることなのですが、「その日」のために貯金をすることを怠っていたり、あるいはできなかったりということですね。

ありとキリギリスの話ではないですが、「職を失ったり、病気になったりすることは、人生で何度もあること。それを何の貯えもなしに乗り切ろうとするのがダメなのです」ということになります。

債務整理体験談-アリとキリギリス

ごもっとも、正論で、返す言葉も見つからないくらいです。

だけど...

人間ってなかなか目の前のことをこなすのに精一杯で、数年後のことや転ばぬ先の杖を考えることができません。

あっ、自分ができないからって、「人間」という大きなひとくくりで考えてしまうのは無謀ですね。

私と同じような人が、多分世の中にはたくさんいらっしゃるのではないか?ということで書かせていただきます。

ネットのQ&Aサイトを見ても、「現在無職で、4月からやっと就職先が見つかったのですが、失業してからハローワークに通いつめ、やっと仕事が決まった状態で、現在お金がまったくありません。どうしたらいいでしょうか?」という質問を見かけました。

独身の方なのですが、親に借りようにも現在生活保護を受けているほど生活に困っていて頼れない、ということです。

仕事探しの間に、家賃支払いや生活費などで失業保険も底をつき、とても貯えどころではないということ。

「どこかでお金を借りるにしても、無職だと貸してくれなくて困っています。」で質問は終わっているのですが、この方は本当に緊急性があると思うんですよ。

明日食べるものを買うお金もない」という状態だそうです。

いわゆる即日キャッシングでお金を借りるのが一番手っ取り早いのですが、万が一お金を借りられたとしても、その後のことを考えると不安ですね。

スポンサーリンク

 


現在無職でも、就職先が決まっている場合は、新しい就職先をキャッシング申請時に書くことで、もしかしたらお金を借りられるかもしれません。

現在の年収がゼロになるので、審査に受かるのは難しいとは言え、これから収入が入ることが決まっています。

その就職先での収入もある程度以上のものであれば、「お金を貸しても返してもらえる」ということなので、キャッシング審査に受かる可能性も出てくるのです。

ただし、どの程度の可能性かは、キャッシング会社の規約にもよりますし、申請者の他の属性にもかかってきます。

一番早くお金を手に入れる方法としては、この即日キャッシングにまさるものはないのですが、何しろ利息が高いですから、お給料が入ったらすぐにでも返せる金額、ということでなければ、就職後すぐに借金を抱えることになってしまいます。

公的資金ではどうでしょうか?

生活福祉資金貸付制度の緊急小口資金があるのですが、貸付金額が10万円以下、市民県民税が年額4,500円以下の世帯となっているので、意外と敷居は高いですね。

しかも、申請して実際にお金がおりるまでの期間が、平均で7日から10日、遅いと2週間以上かかるそうです。

まあ、これも相談次第で、本当に生活がひっ迫していると判断されれば、3日ほどでおりることもあるそうですが・・・

いずれにしても即日キャッシングのような訳にはいかない、ということですね。

 


こんな記事も読まれています
2018.07.06 Friday|-|-|-|-
Copyright © 無職の人が最速でお金を借りるには? | 債務整理体験談-500万円の借金を抱えた主婦の多重債務物語 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます